技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】陸上に上がったカニの呼吸法は?
水中で生活しているカニは、普段はエラ呼吸を行っています。しかしカニは陸上でも問題なく活動ができますね。ここで問題。陸上に上がったカニの呼吸法は、一体どれでしょうか?
正解

正解は 「エラ呼吸」

カニは陸上でもエラ呼吸を行います。体の中に水を溜めており、エラ呼吸でその水に溶けた酸素を取り込んでいます。カニが陸上で泡を吹くのは、体内の水をたくさん空気に触れさせて酸素を取り込むためです。従って、吹いた泡はきちんと体内に戻しています。

不正解

正解は 「エラ呼吸」

カニは陸上でもエラ呼吸を行います。体の中に水を溜めており、エラ呼吸でその水に溶けた酸素を取り込んでいます。カニが陸上で泡を吹くのは、体内の水をたくさん空気に触れさせて酸素を取り込むためです。従って、吹いた泡はきちんと体内に戻しています。

オススメ用語解説

コメットアッセイ

概要

コメットアッセイとは、単細胞ゲル電気泳動法(Single-Cell Gel Electrophoresis)によりDNAの損傷を調べる技術のこと。電気泳動された細胞の画像が、尾を引く彗星(コメット)に見えることからつけられた名称で、「SCGアッセイ」とも呼ぶ。個々の細胞のダメージを高精度で、少量のサンプルから検出できる、ほとんどの有核細胞に適応するなどの特長がある。
ガン細胞の解析や毒性遺伝子の検出などに用いる。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■精密板金・ファイバーレーザー加工・ファイバー溶接 ■フレーム、製缶製作・大型五面加工
西田製作所

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ