技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【生物】満開のヒマワリが必ず向いている、ある方向は?

『ヒマワリは太陽のほうを向く』と思われている方も多いと思いますが、実はこれは成長している時だけの話。満開のヒマワリの向きは、必ずある方向を向いています。それはどちらの方向でしょうか?
正解

正解は 「東」

ヒマワリは日の出になると東を向きます。その後、太陽の動きに合わせて首を振りますが、この動きは成長するにつれ小さくなります。そしてつぼみができ、満開になる頃には東を向いたまま向きが固定されます。花が東を向く理由には諸説あるようですが、夜露を早く乾かし、受粉に最適な状態をいち早く作ることなどが挙げられています。

不正解

正解は 「東」

ヒマワリは日の出になると東を向きます。その後、太陽の動きに合わせて首を振りますが、この動きは成長するにつれ小さくなります。そしてつぼみができ、満開になる頃には東を向いたまま向きが固定されます。花が東を向く理由には諸説あるようですが、夜露を早く乾かし、受粉に最適な状態をいち早く作ることなどが挙げられています。

オススメ用語解説

静電植毛

概要

静電植毛とは、表面に接着剤を散布した被加工物に強い電界をかけて、静電気により短繊維(パイル)を植え付ける表面加工のこと。「フロッキー加工」とも呼ぶ。被加工物はABS樹脂、PP樹脂、各種金属、スポンジなど、植毛の種類はナイロン、アクリルなどである。素材によってビビリ音防止、遮熱・断熱、湿気防止、摩擦防止など、多様な機能を付加できる。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■電力型抵抗器の設計・製造
エルコム

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ