技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】満開のヒマワリが必ず向いている、ある方向は?
『ヒマワリは太陽のほうを向く』と思われている方も多いと思いますが、実はこれは成長している時だけの話。満開のヒマワリの向きは、必ずある方向を向いています。それはどちらの方向でしょうか?
正解

正解は 「東」

ヒマワリは日の出になると東を向きます。その後、太陽の動きに合わせて首を振りますが、この動きは成長するにつれ小さくなります。そしてつぼみができ、満開になる頃には東を向いたまま向きが固定されます。花が東を向く理由には諸説あるようですが、夜露を早く乾かし、受粉に最適な状態をいち早く作ることなどが挙げられています。

不正解

正解は 「東」

ヒマワリは日の出になると東を向きます。その後、太陽の動きに合わせて首を振りますが、この動きは成長するにつれ小さくなります。そしてつぼみができ、満開になる頃には東を向いたまま向きが固定されます。花が東を向く理由には諸説あるようですが、夜露を早く乾かし、受粉に最適な状態をいち早く作ることなどが挙げられています。

オススメ用語解説

屈折計

概要

屈折計とは、光の屈折を応用した測定器のこと。測定器といっても、実質的には液体用の濃度計を指す。液体に物質が溶けている場合、その濃度と屈折率が比例する。これを応用し、純水中の異物混入率、液体製品の純度、果実液中の糖度などを測定するのに屈折計を使用する。プリズムを用い、試料液の屈折率とプリズムの屈折率の差によって濃度を測定するのが基本的な仕組みである。液体に加え、固体の屈折率が測定できるアッベ屈折計もある。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ