技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

マイクロバブル

よみ マイクロバブル
英 Micro Bubble
概要 マイクロバブルとは、直径10500μm以下の微細気泡のこと。直径50μm以下になると通常の気泡とは異なる性質、例えば1.気泡の水面上昇速度が遅くなる 2.自己加圧効果がある 3.負の電荷を帯電 4.自己圧壊 が現れる。これらの性質により、気体が溶解しやすくなる、水中に浮遊している微細物質を吸着して浮上させるなどの効果があり、各種洗浄や水質浄化、殺菌等に使われるほか、バイオやメディカルなど幅広い産業で利用されている。
マイクロバブルの発生方法には、高圧下で気体を大量に溶解させ、減圧により再気泡化する『加圧減圧法』と、毎秒400600回転の渦流に気体を巻込み、ファンなどで切断・粉砕して発生させる『気液せん断法』の2種類がある。

気になる技術用語コラム

気になるキーワードコラム マイクロバブル 2009/3/23(2009年4月3日)

年度末で忙しい日々が続き、私は少し疲れが溜まり気味。皆さんは大丈夫ですか?何にしても体が資本。体調管理だけはしっかりしましょうね。

さて、先日銭湯へ行きました。やっぱり足が伸ばせる大きなお風呂はいいですね。心身ともにリフレッシュできました。特に気持ちよかったのが“マイクロバブル風呂”。解説を見ると、普通のジェットバスよりも気泡が小さく、健康にも良いとのこと。あまりの気持ち良さに私の欲しいものリストの上位へ一気にランクインしました。

どうやらこのマイクロバブルバスは家庭用装置もあり、浴室用の取付タイプが50万円程度。今の私には少し手が出ない価格ですが、シャワーのヘッド部タイプなら1万5000円前後のものがあるようです。どの段階で買おうか・・・悩んでいます。

ご意見ご要望はこちら

マイクロバブルといえばこの会社

■環境用機械、機器、資材、プラント、薬品、バイオなどの製造、販売、卸売りおよびエンジニアリング、コンサルティングなど。
■水門の設計・製作・施工 ■マイクロバブルによる水質改善並びに養魚用マイクロバブル装置「ミクロエアレ」の設計・製作 ...
【事業内容】 ○マイクロバブル商品の販売 ○マイクロナノバブル商品の販売 ○気体溶解器の応用商品の販売 ○据付工...
マイクロバブルの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】冬の池で捕まえたオタマジャクシ。どのカエルの可能性がある?
  1. アマガエル
  2. トノサマガエル
  3. ウシガエル

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ