技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

レーザー干渉計

よみ レーザーカンショウケイ
英 laser interferometer
概要 レーザー干渉計とは、レーザー光を用いた高精度な干渉計の一種。位相が揃ったコヒーレントな光であるレーザー光は、可干渉性に優れているため、干渉計の光源には好適である。光源の光を2つに分割して被測定物に照射し、反射光や透過光の微小な光路差により生じる干渉縞をCCDなどで捉えて解析し、表面形状を測ったり、測長したりする。

レーザー干渉計といえばこの会社

(1) 横河電機株式会社製品の販売・修理・サービス/日本ヒューレットパッカード株式会社製品の販売/アジレント・テクノロジ...
レーザー干渉計の会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【化学】フラスコにオゾンとフロンを入れ栓をした。しばらく放置すると?
  1. 水滴のようなもので曇る
  2. 栓が抜ける
  3. 変わらない

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ