技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

電流導入端子

よみ デンリュウドウニュウタンシ
英 vacuum current feedthrough
概要 電流導入端子とは、真空容器や圧力容器の内部に、電源用、加熱用などの大電流を外部(大気側)から供給するための端子のこと。片側が大気圧、反対側が真空・高圧になるため、リークのないハーメチックシール構造が不可欠で、耐熱性や化学的安定性も重要である。絶縁材にセラミックを用いて密封することが多い。
大気側にコネクタが付いた真空コネクタでも大電流に対応したタイプがある。電極数(ピン数)やフランジ形状などの要求に応じて特注品になる場合も多い。

電流導入端子といえばこの会社

ハーメチックフィードスルー&コネクタ、電流導入端子、グランドフィードスルー、 超高真空ビューイングポート、グラスフィー...
電流導入端子の会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ