メニュー
キーワード「廃棄物リサイクルの基礎知識」の検索結果一覧

基礎知識

EUの廃棄物処理とリサイクルの取り組み:廃棄物リサイクルの基礎知識6

EUの廃棄物処理とリサイクルの取り組み:廃棄物リサイクルの基礎知識6

今回は、EUの廃棄物処理とリサイクルを見ていきましょう。EUの取り組みはドイツ、オランダを中心に日本より進んでいるともいわれます。EUの廃棄物に対する理念を解説し、特に取り組みが進んでいるドイツの事例を紹介します。EUの指導的立場にある欧州委員会のリサイクル理論は進んでいる面もあります。しかし、廃棄物のリサイクルついては、EU各国の施策には遅れている面が多いことも理解してください。

基礎知識

プラスチックのリサイクル:廃棄物リサイクルの基礎知識5

プラスチックのリサイクル:廃棄物リサイクルの基礎知識5

今回の話は、廃棄物全体の中で大きなボリュームを占める廃棄されたプラスチック製品や資材(以下、廃プラ)です。1995年に容器包装リサイクル法(以下、容リ法)が制定され、廃プラのリサイクルが促進されるようになりました。しかし廃プラのリサイクルは簡単ではなく、市民や行政、業者も長く頭を痛めています。どうすれば効率良くリサイクルできるのでしょうか。

基礎知識

循環型社会形成のための市民・企業・行政の取り組み:廃棄物リサイクルの基礎知識4

循環型社会形成のための市民・企業・行政の取り組み:廃棄物リサイクルの基礎知識4

2000年は循環型社会元年と呼ばれ、循環型社会形成推進基本法など、各種リサイクル法が制定されました。それ以来、さまざまな活動が推進されてきました。結果、廃棄物の最終処分量は低減、循環利用率は上昇し、廃棄物循環利用は改善しているものの、活動の中身には不適切なものも少なくありません。今回は循環型社会の進捗と目標を解説します。

基礎知識

廃棄物処理法とは?:廃棄物リサイクルの基礎知識2

廃棄物処理法とは?:廃棄物リサイクルの基礎知識2

資源の有効利用に関しては各種のリサイクル法が制定され、また、廃棄物の処理に関しては廃棄物処理法が定められています。そして廃棄物は、法の規定に従って処理しなければなりません。今回は、廃棄物処理法(正式名称「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」)で、どのように廃棄物を処理するよう決められているかを解説します。

基礎知識

廃棄物の発生とリサイクルの現状:廃棄物リサイクルの基礎知識1

廃棄物の発生とリサイクルの現状:廃棄物リサイクルの基礎知識1

廃棄物問題は誰にとっても身近なもので、最適な答えを見つけることは難しい問題です。現在、国の施策は循環型社会の実現を標ぼうしています。しかし、日々の廃棄物排出は、やみません。基礎知識の第1回は、廃棄物の排出量とリサイクルの現状を振り返ります。

  • セミナー5月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0513_01
  • 特集バナー0513_02
  • 特集バナー0513_03
  • 特集バナー0513_04
  • 特集バナー0507_01
  • 特集バナー0507_02
  • 特集バナー0507_03
  • 基礎知識一覧