メニュー

IoTを構成する5つの市場レイヤー:IoTの基礎知識6

IoTの基礎知識

更新日:2020年10月30日(初回投稿)
著者:株式会社CAMI&Co. 代表取締役社長 神谷 雅史

前回は、IoTクラウドについて説明しました。最終回となる今回は、IoT市場を構成する5つのレイヤーと7つのテクノロジーを紹介します。IoT市場の全体像を技術的な観点から俯瞰(ふかん)することで、IoTビジネスの理解を深めます。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. 5つのレイヤー

IoTビジネスを検討する際に参考にしてほしいのが、IDC Japanが定義している「IoT市場を構成する5つのレイヤー」です(図1)。

図1:IoT市場を構成する5つのレイヤー

図1:IoT市場を構成する5つのレイヤー(引用:神谷雅史、最新図解で早わかり IoTビジネスがまるごとわかる本、ソーテック社、2019年)

前回でも解説したとおり、IoTという言葉がカバーする範囲は広大です。システム/デバイス、コネクティビティ、プラットフォーム、アナリティクス、アプリケーションの5つの市場に分類することができます。

2. 7つのテクノロジー

これらの市場に考えられる技術を紹介します。ここでは、代表的な技術分野として、7つのテクノロジーに焦点を当てます(図2)。

図2:IoT市場を構成する7つのテクノロジー

図2:IoT市場を構成する7つのテクノロジー(引用:神谷雅史、最新図解で早わかり IoTビジネスがまるごとわかる本、ソーテック社、2019年)

以上の7つのテクノロジーがそれぞれ、どの市場レイヤーに属するのかを考えた場合、図3のように配置すればスッキリするのではないでしょうか。

図3:5つの市場レイヤーと7つのテクノロジー、Torrentio「IoT市場を構成する5つのレイヤー」をもとに作図

図3:5つの市場レイヤーと7つのテクノロジー、Torrentio「IoT市場を構成する5つのレイヤー」をもとに作図(引用:神谷雅史、最新図解で早わかり IoTビジネスがまるごとわかる本、ソーテック社、2019年)

続きは、保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

    ピックアップ記事

    tags