メニュー

プリンタ世界市場2015

ポイント

  • 2014年度の世界のプリンタ出荷台数は1億898万5,000台、出荷金額は6兆6,470億円と伸び悩み
  • 2015年度は、前年度比102.0%の1億1,116万4,000台、出荷金額は前年度比101.7%の6兆7,620億円と予測
  • オフィス向けインクジェットプリンタの国内出荷台数は2014年度から2018 年度までの年平均成長率(CAGR)を24.5%と予測

調査会社の矢野経済研究所は、2015年8月6日にプリンタ世界市場の調査結果を発表しました。

市場概況

2014年度のプリンタ(出力機器)世界市場は、北米市場で需要の回復が見られたものの、欧州市場に は先行き不透明感があったこと、中国や新興国の市場でも経済成長に減速が見られたことなどから出荷は伸び悩みました。2014年度の世界のプリンタ出荷台数は1億898万5,000台、同出荷金額は6兆6,470億円(いずれもメーカー出荷ベース)となっています。

2015年度は原油価格の下落等により、主要先進国・地域での IT 投資が回復しつつあり、プリンタ世界市場にも追い風になると考えられます。また、アジア市場を中心にモノクロページプリンタやインパクト・ドットプリンタに対する需要は根強く、出荷台数は緩やかながらも拡大していくと予測されています。

さらに、プリンタの単価は下落基調にあるものの、ユーザー企業側に上位機種への入れ替え需要が見られる機器(モノクロページプリンタ、デジタル印刷機等)があることなどから、出荷金額も拡大すると予測されています。

これらの状況を踏まえ、2015年度の世界のプリンタ出荷台数は前年度比102.0%の1億1,116万4,000台、同出荷金額は前年度比101.7%の6兆7,620億円(いずれもメーカー出荷ベース)と予測されています。

プリンタ(出力機器)世界市場予測

注1.出荷台数、出荷金額ともにメーカー出荷ベース
注2.2015年度以降は予測値
注3.CAGRは2014年度から当該年までの年平均成長率
注4.オフィス向け、業務用/産業向け、コンシューマ向けの各機器を対象

注目の分野

オフィス向けのインクジェットプリンタは、ランニングコストの面ではレーザープリンタよりも満足度が高いことなどから中小企業を中心に新規導入、増設が増加基調にあり、成熟した国内のプリンタ市場の中でも大きな成長を期待できる分野であると考えられています。

2014年度のオフィス向けのインクジェットプリンタの国内出荷台数は、メーカー出荷ベースで50万台でした。2015年度の同出荷台数(同ベース)は前年度比160.0%の80万台になり、2018年度には120万台に達すると予測されています。

これにより、2014年度から2018年度までのオフィス向けインクジェットプリンタの国内出荷台数の年平均成長率(CAGR)は24.5%になると予測されています。

また、現在のところ、オフィス向けのインクジェットプリンタはレーザープリンタからの置き換えよりも、新規導入や増設が中心であり、既設のレーザープリンタとはすみ分けができていると考えられています。

ただし、いまだビジネス用途にはレーザープリンタとの認識も根強く、今後さらに市場を拡大するため には、参入メーカーがインクジェットプリンタならではの強み・メリットをユーザー企業に訴求していくことが重要であると考えられています。

オフィス向けインクジェットプリンタ国内市場予測

注5. メーカー出荷台数ベース、但し定額従量料金プリントサービスでの貸与台数を含む
注6. 2015年度以降は予測値
注7.オフィス向けインクジェットプリンタ国内市場は、プリンタ(出力機器)世界市場の内数

出典:矢野経済研究所 ニュースリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧