メニュー

自動車用樹脂の世界市場2015

ポイント

  • 2014年世界市場は802万トン
  • 自動車販売伸長に伴い需要増加。部品の薄肉・小型化の影響は軽微
  • 自動車の樹脂化は、「軽量化+α」のメリットで新規需要を創出

2015年10月2日、調査会社の矢野経済研究所は、自動車用樹脂の世界市場について調査結果を発表しました。

市場概況

自動車業界では、環境に対する配慮から燃費向上・CO2排出削減が大きな課題となっており、この課題を改善する一策として車体の軽量化が取り組まれています。1台の自動車は2~3万点の部品から構成されているので、全体で見た時の軽量化の貢献度は、決して小さくありません。

2014年の世界の自動車用樹脂市場を802万トン(メーカー販売数量ベース、以下同じ)と推計しました。内訳は以下の通りです(図1参照)。

  • PP(ポリプロピレン):440万トン
    PPは自動車用樹脂市場の中で約40~50%を占める主要材料です。PPはインストルメントパネルなどの内装や、バンパーなどの外装・外板、エンジンルーム内・燃料・機構部品、電装品で幅広く使用されています。
  • PA6/PA66(ポリアミド6/ポリアミド66):108万トン
    PAの需要先として、エンジンルーム内・燃料・機構部品が高い比率を占めます。
  • ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン):82万トン
    ABSは主に内装や外装・外板で使用されています。2000年以後、意匠性のニーズが高まる中で、素材自体への着色性に加え、2次加工性に優れるABS 需要が増加傾向にあります。
  • PE(ポリエチレン):52万トン
    高密度ポリエチレン(HDPE)は、主に燃料タンクで使用されています。従来の金属製タンクと比べて形状の自由度が大きいく、樹脂製燃料タンクの普及率(樹脂化率)は70%程度とみられます。
  • PC(ポリカーボネート):37万トン
    PCは内装、外装、外板で主に使用されており、ヘッドランプレンズ、内装、ドアハンドルなどの需要量が多いです。
  • POM(ポリアセタール):33万トン
    POMはエンジンルーム内・燃料・機構部品、内装、外装・外板、電装品で幅広く使用されています。
  • その他
    PBT(ポリブチレンテレフタレート):50万トン、変性PPE(ポリフェニレンエーテル):12万トン、PPS(ポリフェニレンサルファイド):6万トン。電装化に伴う需要増加、HEV(Hybrid Electric Vehicle:ハイブリッド車)やEV(Electric Vehicle:電気自動車)のバッテリー周りや制御系(インバーター、コンバーター)での需要拡大を見込んでいます。

注目すべき動向

軽量化という観点で見ると、自動車の樹脂化はある程度進展したといえます。今後、新たな用途として期待されているのは、軽量化効果の高い外板や構造部材などの金属代替部分です。樹脂の目付け量(単位面積当たりの質量)が多いものを挙げると、カーシートフレームなどの2次構造部材や、フェンダーやバックドアなどの垂直外板や窓ガラス、シリンダーヘッドカバーやオイルパンなどのエンジンルーム内部品があります。

これらの部品は、ハイテン(高張力鋼板)やアルミ、マグネシウム、炭素繊維強化プラスチック(CFRP:Carbon Fiber-reinforced Plastic)などと競合する部分です。各自動車メーカーは、どの材料が軽量化やコストメリットなどの指標を最大限満たせるか、見極めを行っている段階です。

ただし、樹脂は他材料と比較して、必ずしも有利というわけではありません。樹脂は鋼板等の他材料と比較し剛性が不足するため、ある程度の樹脂化が行きわたった現在において、軽量化という意味だけでは魅力度が低いのです。また、樹脂を採用するために、鋼板とは別に新たな製造ラインを建設する必要があります。

そこで、以下に示すように、樹脂化することによる「軽量化+α」のメリットを訴求していく必要があります。

  • 軽量化+一体成形、デザイン性向上を訴求するバックドアモジュールの樹脂化
    PBTや変性PPE、PPSは、電装化に伴う需要増加、HEV(Hybrid Electric vehicle:ハイブリッド車)やEV(Electric Vehicle:電気自動車)のバッテリー周りや制御系(インバーター、コンバーター)での需要拡大を見込んでいます。
  • 軽量化+安全性・防犯を訴求する窓ガラスの樹脂化
    窓ガラスは重量物であることから、樹脂化による軽量化が期待できます。PC 樹脂グレージングは、ガラスに対して40%程度の軽量化効果があります。

世界の自動車用樹脂市場推移予測

注1:メーカー販売数量ベース
注2:2015 年以降は予測値
注3:市場規模は、自動車の内装やエンジンルーム・燃料・機構部品、外板・外装、その他電装品などに使用される自動車用樹脂の使用量(万トン)で算出

出典:矢野経済研究所 ニュースリリース

  • セミナー1月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0107_01
  • 特集バナー0107_02
  • 特集バナー0107_03
  • 特集バナー0107_04
  • 基礎知識一覧