メニュー

電動パワーステアリング世界市場2016:市場レポート

調査会社の矢野経済研究所は、2016年4月14日に電動パワーステアリングシステムの世界市場の調査結果を発表しました。

ポイント

  • 2015年世界市場規模は4,700万台、EHPSは400万台で、合計5,100万台の見込み
  • EPSタイプ別ではコラムタイプが引き続き伸長、北米を中心にラックタイプの急増も期待

電動パワーステアリングとは

電動パワーステアリング(EPS:Electric Power Steering)とは、ステアリングのアシストに、電気モータを利用する技術を指します。アシストする箇所(モータの取り付け位置)によって、コラムアシスト・ピニオンアシスト・ラックアシストの 3 つの方式が存在しています。旧来の油圧式システムと比較し、燃費と制御面で優れるため、急速に普及してきました。本調査では、電動モータで油圧を発生させ操舵アシストに利用する電動油圧パワーステアリング(EHPS:Electronic Hydraulic Power Steering)も対象としています。

電動パワーステアリング市場概況 

2020 年に向け各国で燃費規制の厳格化が進んでいます。従来厳しい規制が行われてこなかった米国でも2025年に向けた燃費目標が掲げられ、中国でも先進国に迫る目標が定められています。このように、地域を問わず燃費向上に向けた取り組みが求められている状況下、EPSは油圧パワーステアリングと比較して3~5%の燃費改善が図れる技術といわれ、搭載を拡大させています。

さらにEPSの標準搭載が進んでいる日本や欧州では、EPSに求められる機能が燃費向上から、自動運転を見据えた予防安全の観点からも進展しつつあります。国際的な機能安全規格(ISO 26262)へ対応を果たしたEPSや、制御回路を2系統化したEPSも市場投入されています。EPSの高出力化とともに、今後は自動運転時を想定し、EPSシステム故障時にも操舵アシストを継続させるシステムが求められるものと考えられます。

EPSタイプ別・地域別動向と予測

2015年のEPS世界市場規模は、メーカー出荷数量ベースで4,700万台、EHPSは400万台で、合計5,100万台の見込です。日本と欧州では先行して搭載が進んでいる一方、近年ではピックアップトラックなどの大型車へもラックアシストタイプEPSの搭載が進められており、油圧パワーステアリングやEHPSが主流であった領域にもEPS化が進展しています。その結果、2020年のEPS世界市場規模は6,600万台、2025年では8,410万台に達し、それぞれ2015年比で約1.4 倍、約1.8倍まで拡大すると予測されています。

一方で、EHPSについては、燃費の改善幅や制御性でEPSに及ばないこと、EPSが高出力化してきていることから、今後は縮小傾向になると予測されています。 2015年は400万台の見込み、2025年には200万台程度まで需要が低減するものとされています。

EPSタイプ別

2015年では世界市場の過半数がコラムアシストタイプ(コラムタイプ)です。 低コストで搭載性に優れる特徴を持つため、小型車の多い中国を中心に今後も搭載が拡大すると予測されます。

また、ラックアシストタイプ(ラックタイプ)は、これまで欧米EPSメーカーが積極的に供給していましたが、近年では日系EPSメーカーでも開発・製品化が相次いでおり、大型車の比率の高い北米市場を中心に大きな成長が期待されます。

一方のピニオンアシストタイプ(ピニオンタイプ)は、コスト面はコラムタイプに、出力面ではラックタイプに劣ってしまうために、大手EPSメーカーでは積極的な提案がされていません。一部自動車メーカーではピニオンタイプから他のタイプへのシフトも起こっており、 大きな伸長は難しいと考えられます。

epsandehps_report1

注1:メーカー出荷数量ベース
注2:(見込)は見込値、(予測)は予測値

地域別

EPSとEHPSの地域別需要構成比をみると、日本は2015年の14.8%から2020年には10.9%まで低下しており、搭載は増加するものの自動車生産台数の低減によって需要数量は頭打ちになることが予測されます。また、欧州も2015年の30.9%から2020年には27.4%まで低下することが見込まれ、既に搭載が進んでいる日本と欧州については、今後は自動車生産台数と連動した成長になるものと考えられます。

一方、大型車比率の高い北米や、厳しい燃費規制が課せられた中国において、今後 EPS の搭載が急増することが見込まれます。さらに、南米やアジア地域を含むその他地域でも、市場の伸びが期待されるため、EPS市場はさらに拡大していくものと考えられます。北米では2015年の 20.6%から2020年には20.7%に微増することが見込まれ、大型車を中心に市場拡大が期待されます。また、中国・その他地域では、中国が18.4%から22.6%に、その他地域が15.3%から18.4%に拡大するとみられ、今後は北米や新興国が主な拡大市場になると予測されます。

2

注3:メーカー出荷数量ベース
注4:(見込)は見込値、(予測)は予測値

出典:矢野経済研究所プレスリリース

  • セミナー1月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー1225_01
  • 特集バナー1225_02
  • 特集バナー1225_03
  • 特集バナー1225_04
  • 基礎知識一覧