メニュー

住宅リフォーム市場2016(第1・2四半期):市場レポート

調査会社の矢野経済研究所は、2016年9月6日に住宅リフォーム市場の調査結果を発表しました。

本調査における住宅リフォーム市場とは、「10m2超の増改築工事」「10m2以下の増改築工事」「設備修繕・維持」「家具・インテリア」の4分野を指します。

ポイント

  • 2016年第1四半期は、前年同期比3.4%減の1兆2,421億円
  • 2016年第2四半期は、前年同月比11.1%減の1兆4,247億円
  • 2016年上半期は、前年同月比7.7%減の2兆6,668億円(速報値)

市場概況

2016年第1四半期(1~3月)の住宅リフォーム市場規模は、1兆2,421億円、前年同期比で3.4%減と推計されています。

2014年第1四半期は、消費税増税前の駆け込み需要、2015年第1四半期はその反動減があり、過去2カ年の第1四半期は大きく市場が動いた時期です。こうした影響を除くと、2016年第1四半期は、ほぼ例年通りであると考えられます。

2016年第2四半期(4~6月)の住宅リフォーム市場規模は、1兆4,247億円、前年同期比で11.1%減と推計されています。また、2016年上半期(1~6月)の住宅リフォーム市場規模は2兆6,668億円(速報値)、前年同期比で7.7%減と推計されています。

今後の市場動向

2016年第2四半期は、四半期ベースでは2期連続の前年同期比でマイナスとなっており、リフォーム市場の先行きが懸念される状況にあります。

消費税増税が先送りされたことにより、期待されていた駆け込み需要が先送りとなりました。今年はリフォーム市場に特段、影響を与える要因がない、「無風」の状況といえます。そのため、リフォームに対する消費意欲を活発化させる取り組みが、業界全体で必要になっていると考えられます。

キャプチャ

注1.:国土交通省「建築着工統計」、総務省「家計調査年報」、総務省「住民基本台帳」、国立社会保障・人口問題研究 所「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」をもとに矢野経済研究所推計
注2.:2016年第1・2四半期(1~3月、4~6月)、2015年は速報値(いずれも2016年9月現在)

出典:矢野経済研究所

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧