メニュー
タグ「食品」の一覧

基礎知識

なぜ、異物混入が注目されるのか?まず、何をすべきか?:食品への異物混入対策の基礎知識1

なぜ、異物混入が注目されるのか?まず、何をすべきか?:食品への異物混入対策の基礎知識1

異物混入が発覚した場合、大手の食品メーカーは、問題の拡大防止や企業イメージの悪化を恐れ、自主回収に動くケースも多くなりました。食品業界での異物混入対策は、喫緊の課題といえるでしょう。そこで、本連載では、食品への異物混入対策を継続・強化するための仕組みと、即効性のある具体的な対策を、各回2項目ずつ、合計10項目を解説します。

イベント

あなどるなかれ!食中毒:食品を科学する・リスク分析連続講座3

あなどるなかれ!食中毒:食品を科学する・リスク分析連続講座3

内閣府食品安全委員会は、2015年10月8日、「食品を科学する リスクアナリシス(分析)連続講座」を開催しました。第3回となる今回のテーマは「あなどるなかれ食中毒」です。「食」の安全を脅かす食中毒を詳しく解説します。

基礎知識

食品包装に関わる法律と新しい包材:おいしさ・健康・安全を包む!食品包装の基礎知識5

食品包装に関わる法律と新しい包材:おいしさ・健康・安全を包む!食品包装の基礎知識5

法律はたびたび改正されるため、法律を熟知した専任者による日常のチェックが必要です。法律違反はたちまち市場からの製品回収につながります。特に表示についてはトラブルが起きやすく、開発段階から製品の出荷段階まで熟練者による何重ものチェックが必要です。

インタビュー

イグノーベル賞インタビューLaugh and Think【第2回】タマネギを切ると涙が出るホントの理由―疑いのないところからの発見:ハウス食品グループ本社・今井氏

イグノーベル賞インタビューLaugh and Think【第2回】タマネギを切ると涙が出るホントの理由―疑いのないところからの発見:ハウス食品グループ本社・今井氏

「人々を笑わせ考えさせてくれた業績」に贈られるイグノーベル賞。今回は、2002 年 にイギリスの科学雑誌ネイチャーに掲載された「タマネギの催涙因子生成酵素(Lachrymatory Factor Synthase:LFS)発見」の功績で、2013年に化学賞を受賞されたハウス食品グループ本社 中央研究所 基盤技術開発部 研究主幹・博士(農学)の今井真介氏にお話を伺いました。

イベント

新鮮なものは本当に安全?:食品を科学する・リスク分析連続講座2

新鮮なものは本当に安全?:食品を科学する・リスク分析連続講座2

内閣府食品安全委員会は、2015年9月3日、「食品を科学する リスクアナリシス(分析)連続講座」を開催しました。第2回となる今回のテーマは「食べ物のおいしさと安全・安心」です。新鮮のものは本当に安全なのでしょうか?

市場レポート

健康食品・医薬品・化粧品 受託製造市場2015

健康食品・医薬品・化粧品 受託製造市場2015

<ココがポイント>
■2014年度の健康食品受託製造市場規模は、前年度比0.6%増の1,415億2,000万円の見込み
■2014年度の医薬品受託製造市場規模は、前年度比6.2%増の3,080億円、特許切れの新規長期収載品、ジェネリック市場の伸長で、今後も安定的な推移を予測
■2015年度の化粧品受託製造市場規模は、前年度比2.7%増の2,338億円、2019年度には、2014年度比12.9%増の2,570億円になると予測

  • セミナー3月
  • カタログバナー
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0323_01
  • 特集バナー0323_02
  • 特集バナー0323_03
  • 特集バナー0323_04
  • 特集バナー0323_05
  • 特集バナー0316_01
  • 特集バナー0316_02
  • 特集バナー0316_03
  • 特集バナー0316_04
  • 基礎知識一覧