株式会社シーエスシーの会社ロゴ画像です株式会社シー・エス・シー

最終更新日:2013-07-10 17:26:03.0

  • 製品カタログ
  •  
  •  

LINCOLN高粘度液供給装置

  • このカタログを
  • Twitterボタン

基本情報LINCOLN高粘度液供給装置

LINCOLN高粘度液供給装置は様々な高粘度の液体をドラム缶・ペール缶などの容器から直接送液可能です

・供給ポンプ資料
・充填ユニット資料
・定量弁資料
・アクセサリー

高粘度材自動供給装置、レシプロ式ポンプ、計量バルブ

高粘度剤自動供給装置、レシプロ式ポンプ、計量バルブ、スプレーシステムの製品画像です

LINCOLN(リンカーン)では70種類以上のポンプを標準品としてラインナップ、あらゆる液体の粘度・液性・温度環境・吐出量・吐出圧・制御方法に対応する製品を特注でなく標準品から選定することができます。
ポンプは高圧ポンプに起こりがちなグランド部からの液漏れを防ぐべく独特なグランド保護スリーブを内蔵、グランド部からの液漏れの頻度を大幅に削減できます。製品はモヂュラー設計になっているためエアモーターは六角レンチ一本で簡単に整備が可能、過酷な作業現場であっても誰でも簡単に修理できるよう配慮されたイージーメンテナンス構造になっております。
ポンプ部は高粘度液を送液するために高圧環境下に長期間さらされても耐えうるようカーボンスチール製の堅固な材質で設計されており、アルミ製等の製品と違い数十年という長きに渡ってお使い続けて頂くことができます。
長きに渡る実績を持つLINCOLNは新興製品と違い安定した製品・サービスパーツの供給が長期間に渡って約束されます。世界各国の販売・サービス拠点によりグローバル展開しているお客様でも迅速なサービスが保証されます (詳細を見る

シーラー供給装置 シーリング装置

シーラー供給装置 の製品画像です

過酷な環境の溶接領域で使用されるシーラーやマスチック等の高粘度液体の供給用としてLINCOLN高粘度材供給装置はご利用いただいております。特に供給ポンプは高圧環境下に長期間に渡ってさらされても耐えうるようカーボンスチール製の堅固な材質で設計されており、アルミ製等の弱い材質の製品と違いその耐久性の高さによって数十年に渡ってお使い続けて頂くことができます。
吐出量や吐出圧力はアプリケーションに応じて70種類以上の組合せが標準品としてラインアップされております。
エアモーターはメンテナンスを容易にするためモヂュラー設計になっており、過酷な現場でも誰でも簡単に六角レンチ一本でメンテナンスが可能です。また液漏れを起こしがちなグランド部も独自のグランド保護スリーブを内蔵、大幅に液漏れしにくい構造に改善されております。
LINCOLNは100年という長い実績を持つメーカーで新興製品のように短期間でモデルチェンジを行うことがなく、長期間に渡り安定した製品・サービスパーツの供給が約束されます。世界各国にある販売・サービス拠点によりグローバル展開されるお客様におかれましても迅速で安定したサービスが保証されます。
 (詳細を見る

油圧駆動式ポンプ LINCOLN

エア駆動ポンプメーカーの米国LINCOLN社は新たに油圧駆動式ポンプを開発しました。本製品は従来のエア駆動ポンプのエアモーター部を油圧駆動モーターに乗せ替えるだけで、ポンプチューブ部はそのまま使用することができます。
エア駆動式ポンプを油圧駆動式にすることにより・圧縮エアーの消費量を大幅に削減することができ、騒々しい圧縮エアーの排気音やエアー機器のトラブルがなくなり工場内の環境改善に貢献することができます。 (詳細を見る

インキ供給装置 インク供給装置

当社はインキ供給装置メーカーとして40年以上の納入実績を持ち、印刷機械やインキという流体の性質をよく理解し、インキの供給ポンプから印刷機へ至る自動供給システム全体の設計を行っております。
当社では全国に独自のサービス拠点を持ち、トラブル発生時に迅速に対応できる体制を整えております。
インキ供給ポンプのLINCOLNは100年という長きに渡る実績を持つ世界的なメーカーで、新興メーカーと違い長期的に安定した製品・サービスパーツの供給が約束されます。製品は高圧環境下に長期間さらされることを前提にした堅固な材質で設計されており、数十年に渡って使い続けて頂いているお客様も多数おられます。世界各国に販売・サービス拠点を持つためグローバルに展開されているお客様でも迅速なサービスが保証されます (詳細を見る

LINCOLNテールシールグリス供給装置

設置スペースに制限のあるシールドマシンにおいては高い耐久性とイージーメンテナンスが要求されます。当社が提供するLINCOLNテールシールグリス供給装置は豊富な経験と納入実績を元にお客様の要求される仕様に合わせた最適な状態に制作対応されております。
LINCOLNポンプ製品は過酷な環境のシールド工事現場での使用に適したイージーメンテナンス構造でエアモーターは六角レンチ一本で誰でも簡単に現場で整備することができます。
LINCOLNポンプは高粘度液であるテールシールグリスを圧送するために高圧環境下での長期間の使用に耐えうるようカーボンスチール製の堅固な材質で設計されており、アルミ製等の弱い材質の製品と違い整備を行うこと繰り返し次の現場でも使用し続けることができます。
また販売・サービス拠点を世界各国に持つためグローバルに展開されるお客様でも迅速なサービスが保証されます。
弊社ではテールシールグリスの供給量・圧力を監視するための様々な計測機器、供給装置の駆動源となるエアコンプレッサー及びミストセパレーター等の高性能な周辺機器も取り揃えております。 (詳細を見る

価格帯 お問い合わせください 納期 1ヶ月以内

スプレー給油装置、スプレー給脂装置

エアレススプレー給油装置の製品画像です

LINCOLNスプレー給油装置は、離れた箇所に潤滑剤を自動塗布できる画期的な装置です。
・オープンギア、プレス機など稼動中は危険で入れない部品への潤滑剤の自動塗布
・コンベアチェーンなど様々な障害物が流れてくる潤滑箇所に対する安全な場所からの遠隔スプレー塗布
・大きなワークに対する広範囲をカバーするためのスプレー塗布
などの用途で使用されております (詳細を見る

サニタリーポンプ、エア駆動ポンプ、ステンレス製ポンプ

サニタリーポンプ、エア駆動ポンプ、ステンレス製ポンプの製品画像です

英国キコール社のエア駆動ピストンポンプは、特にオープントップのドラム缶や類似の容器から粘性のある液体(食品ペースト類、接着剤類等)を、清潔な状態で効率よく抜き出せるように設計されております。接液部の材質はSUS316でサニタリー性に優れているため、食品・薬品・化粧品などの液体、または腐食性の高い液体の送液に適しています。 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

LINCOLN『高粘度材供給ポンプ』

LINCOLNの『高粘度材供給ポンプ』は、シール材やマスチック・グリス・高粘度シリコン・印刷用インキなどの
高粘度液体をドラム/ペール缶の容器から直接吸い上げて安定供給ができる自動供給機。
LINCOLNは100年にわたり、世界中で使用されている潤滑装置の製造を手掛けています。
高粘度材の供給ポンプは、その技術ノウハウを詰め込んだ製品です。
ポンプのグランド部は、高圧に耐える特殊な保護構造で、
液漏れが少なく長期間にわたって使用可能。
モジュラー設計のためエアモーター部の整備は六角レンチ一本で可能、メンテンス性に大変優れています。
【特長】
■ポンプユニットの組合せで低/中/超高粘度の様々な液体に標準品で対応可能
■エア駆動、油圧駆動方式など様々な駆動方式のラインナップ
■六角レンチやスパナなどの汎用工具で簡単に部品交換が可能、イージーメンテナンスに配慮された構造
■高圧下に長期間さらされることを前提にした堅固な構造に設計されており、数十年に渡ってご利用頂いているお客様も多数
■世界中に販売・サービス網があります。グローバル展開されているお客様でも迅速なサービスが保証されます
 (詳細を見る

高粘度液用高圧流量計

OMG型流量計は高い耐圧性が求められる高粘度液の流量監視を高精度に行うことができます!! (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期

取扱会社 LINCOLN高粘度液供給装置

株式会社シー・エス・シー

・各種産業機械 ・工具関係 ・油・空圧機器関係 ・環境関連機器 ・情報機器・ソフトウェア

LINCOLN高粘度液供給装置へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社シー・エス・シー

LINCOLN高粘度液供給装置 が登録されているカテゴリ

開く


  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場
  • 成膜技術×自動車=∞ 人とくるまのテクノロジー展2017名古屋

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー