【e-learning情報】RoHS指令におけるフタル酸エステルと臭素系難燃剤分析に用いられるGC-MSシステムと業務効率化のご紹介

最終更新日:2020/07/06

サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社/Thermo Fisher Scientific K.K. ロゴ

サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社/Thermo Fisher Scientific K.K.

RoHS指令は「電気・電子機器についての化学物質規制」に関する欧州の法律です。無機物から有機物にわたる幅広い物質を規制対象物に定め、それぞれの基準値を定めています。国内企業が欧州などに電気・電子機器に関連する製品を輸出する際には、これらすべての項目で含有量が基準値以下であることを示す必要があります。

本e-learningでは、RoHS指令に対応するフタル酸エステルなどのGC/MS分析に関する概要と、Thermo Scientific Chromeleon 7クロマトグラフィーデータシステムを用いた業務効率化へのソリューションを紹介します。またDEHPの偽陽性に影響する添加剤TOTMの効果的な確認方法の最新情報もあわせて紹介します。

開催日時 常時開催中
参加費 無料

関連製品

【必聴!】RoHS指令に対応するGC-MSソリューション

【必聴!】RoHS指令に対応するGC-MSソリューション 製品画像

RoHS指令におけるフタル酸エステルと臭素系難燃剤分析に用いられるGC-MSシステムと業務効率化のご紹介

RoHS指令は「電気・電子機器についての化学物質規制」に関する欧州の法律です。無機物から有機物にわたる幅広い物質を規制対象物に定め、それぞれの基準値を定めています。国内企業が欧州などに電気・電子機器に関連する製品を輸出する際には、これらすべての項目で含有量が基準値以下であることを示す必要があります。 本e-learningでは、RoHS指令に対応するフタル酸エステルなどのGC/MS分析に関す…

Chromeleonクロマトグラフィーデータシステム(CDS)

Chromeleonクロマトグラフィーデータシステム(CDS) 製品画像

【規制準拠に向けて、ラボ全体を管理】クロマトグラフィー装置とルーチン質量分析装置の測定データを一つのプラットフォームで管理

Thermo Scientific Chromeleonクロマトグラフィーデータシステム(CDS)は分析業務に従事するお客様のワークフローを簡略化し、データの理解を深めるお手伝いをするとともに、使いやすさ、包括的な装置制御、自動データ解析、および柔軟性のあるレポート作成を実現します。 次世代のラボ環境に向けて、複雑な質量分析計のデータ管理と規制対応も支援します。他社製LCやGC にも対応し、…

関連カタログ

取扱会社

サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社/Thermo Fisher Scientific K.K.

各種分析機器、各種バイオ関連機器、計測器、医療機器、ラボ用ソフトウエア、研究用試薬、消耗品などの販売、保守サービス。

新着ニュース一覧」の情報を見る

  • 2024年04月12日
  • シチズンファインデバイス株式会社NEW
  • 2024年04月12日
  • Rochester Electronics, Ltd.NEW
  • 2024年04月12日
  • 株式会社イチネンケミカルズNEW
  • 2024年04月12日
  • CCIC・JAPAN株式会社NEW

成功事例