リチウムイオン電池の材料技術と劣化解析
リチウムイオン電池の材料技術と劣化解析 http://www.ipros.jp/public/product/image/bb1/2000045171/IPROS3198611620615638953.jpg 【日時】2011年 5月 17日(火)10:30~17:30 【会場】日本テクノセンター研修室 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階 【受講対象】 ・リチウムイオン電池の開発に携わっている方、あるいはこれから携わる方 ・実際のリチウムイオン電池の構造を材料面も含めて理解されたい方 ・小型民生と自動車用リチウムイオン電池の差を理解されたい方 【プログラム】 Ⅰ.Li イオン電池とは  1.電池の歴史  2.電池の種類  3.リチウム(イオン)電池の動作原理  4.リチウム(イオン)電池の特徴  5.自動車用電池と小型民生用電池の違い Ⅱ.リチウムイオン電池の構成材料と微細構造  1.電極材料  2.電極微細構造 Ⅲ. リチウムイオン電池の特性評価  1.リチウムイオン電池の寿命評価(容量劣化と抵抗上昇)  2.リチウムイオン電池の劣化解析 Ⅳ.電池寿命向上対策例  -活物質改良による寿命向上対策例の紹介- ■□■詳細は、資料請求またはお問合せ下さい■□■ 株式会社日本テクノセンター セミナー・スキルアップ > 技術者向け > 技術セミナー ******

基本情報リチウムイオン電池の材料技術と劣化解析

【日時】2011年 5月 17日(火)10:30~17:30

【会場】日本テクノセンター研修室
東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階

【受講対象】
・リチウムイオン電池の開発に携わっている方、あるいはこれから携わる方
・実際のリチウムイオン電池の構造を材料面も含めて理解されたい方
・小型民生と自動車用リチウムイオン電池の差を理解されたい方

【プログラム】
Ⅰ.Li イオン電池とは
 1.電池の歴史
 2.電池の種類
 3.リチウム(イオン)電池の動作原理
 4.リチウム(イオン)電池の特徴
 5.自動車用電池と小型民生用電池の違い
Ⅱ.リチウムイオン電池の構成材料と微細構造
 1.電極材料
 2.電極微細構造
Ⅲ. リチウムイオン電池の特性評価
 1.リチウムイオン電池の寿命評価(容量劣化と抵抗上昇)
 2.リチウムイオン電池の劣化解析
Ⅳ.電池寿命向上対策例
 -活物質改良による寿命向上対策例の紹介-

■□■詳細は、資料請求またはお問合せ下さい■□■

価格

******
※お気軽にお問い合わせください。

価格帯

納期


※お気軽にお問い合わせください。

発売日

取扱い中

用途/実績例

詳細はお問合せ下さい。

よく使用される業種

民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、その他

取扱会社リチウムイオン電池の材料技術と劣化解析

弊社は、企業が求める先端テクノロジーに関して、時代を先読みした教育サービス事業を展開しており、さまざまな分野でのプロの人材を育て、個人レベルでのスキルの習得や企業が必要とする専門技術の指導、育成といったソリューションの提供を行っています。 現在では、テクノロジー分野に特化し、 ・最先端テクノロジーの実用化技術の教育 ・理論と実際が違うノウハウ・技能等の教育 ・現在の商品は複合化された技術の固まりであり、専門以外の  知識も必要となる為、その知識を習得する為の入門教育 などについて、お客様が最適な満足を得られるために、タイムリーな教育サービスをスピーディーに提供しており、現在まで、セミナーをご受講していただいたお客様より高い評価を頂いております。

リチウムイオン電池の材料技術と劣化解析へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社日本テクノセンター

リチウムイオン電池の材料技術と劣化解析 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 金属ワッシャー大増量!スペーサー・ピンヘッダーなどの機構部品全60,000アイテム収録!総合カタログ最新版進呈
  • 遅延わずか0.6mS 非圧縮データを高速伝送!デジタルワイヤレスオーディオモジュール

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー