不活性ガス循環精製装置 MF-70
不活性ガス循環精製装置 MF-70 http://www.ipros.jp/public/product/image/389/2000129204/IPROS6928070354662617303.png グローブボックス/不活性ガス循環精製装置において国内トップクラスのシェアを持つUNICOの全ての製品は、細部にいたるところまでユーザー様視点の使い易さにこだわり設計・製造しており、デザインにもこだわりを持っています。 次世代グローブボックスシステムに求められるのは“ただ安い”だけではない“価値のある安さ”です。 それを私たちUNICOはリードし、スタンダードへと導きます。 株式会社UNICO   東京技術センター(T.T.C) 科学・理化学機器 > 理化学機器 > ステンレス容器 型番:不活性ガス循環精製装置 MF-70 ブランド:UNICO
  • LIB研究開発には【グローブボックス国内トップクラスのシェア UNICO】グローブボックス/不活性ガス循環精製装置を!!!
    株式会社UNICO
    本機は、グローブボックスと接続することによりグローブボックス内の酸素・水分を強力に吸着除去し高純度な不活性ガス雰囲気を作り出します。

    100Vコンセントで電源が取れる上、空冷式となっていますので冷却水などの設備は不要です。

    また、再生機能が付いておりますので飽和状態となりましても、ユーザー様自身によるカンタンな再生作業で繰り返し何回もご使用頂けます。

    他にも、UNICOでは独自に開発した低価格で高性能な【脱酸素専用ガス循環精製装置】や、【脱水分専用ガス循環精製装置】も製造・販売しております。


    ※最近、同等機能品と称したカラー付きの類似品を販売する業者がおりますが、弊社とは一切関係ありませんのでご注意ください。

  • 不活性ガス循環精製装置MF-70  グローブボックスのUNICO
    不活性ガス循環精製装置MF-70  グローブボックスのUNICO

基本情報不活性ガス循環精製装置 MF-70

グローブボックス/不活性ガス循環精製装置において国内トップクラスのシェアを持つUNICOの全ての製品は、細部にいたるところまでユーザー様視点の使い易さにこだわり設計・製造しており、デザインにもこだわりを持っています。

次世代グローブボックスシステムに求められるのは“ただ安い”だけではない“価値のある安さ”です。

それを私たちUNICOはリードし、スタンダードへと導きます。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

100万円以上 500万円未満

納期


※お問い合わせください

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

型番:不活性ガス循環精製装置 MF-70 ブランド:UNICO

用途/実績例

リチウムイオン電池をはじめとする各種電池・有機合成・ナノテク・製薬など様々な研究開発シーンで広く弊社グローブボックス/不活性ガス循環精製装置をご利用頂いております。
グローブボックス/不活性ガス循環精製装置の業界で国内屈指の専門メーカーとして25年以上の社歴と納入実績を持っております。

よく使用される業種

エネルギー

取扱会社不活性ガス循環精製装置 MF-70

UNICOはグローブボックス・不活性ガス循環精製装置の【マニュファクチュール】です。 設計・製造・販売・アフターメンテナンスまでの全てを自社にて一貫して行っておりますので、細かい仕様変更やカタログ商品以外のご要望等もお承りします。

不活性ガス循環精製装置 MF-70へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社UNICO   東京技術センター(T.T.C)

不活性ガス循環精製装置 MF-70 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全78,000品
  • 樹脂や金属など様々な材質のスペーサー等の機構部品 全78,000アイテム収録!総合カタログ最新版進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー