機能性粉体塗装システム 『V-PET』 大日本塗料
機能性粉体塗装システム 『V-PET』 大日本塗料 http://www.ipros.jp/public/product/image/810/2000260562/IPROS2126758412490728999.png ・エポキシ粉体塗料『V-PET#1340シリーズ』 ・ポリエステル系粉体塗料『V-PET#4000シリーズ』 ・ポリエステルエポキシ系粉体塗料『V-PET#5000シリーズ』 ・特殊な意匠性仕上げの粉体塗料『V-PET特殊模様シリーズ』 この他にも、豊富な商品ラインナップによりあらゆる金属製品に適用できます。 詳しくはカタログ、商品ページをご覧ください。 大日本塗料株式会社 工具・消耗品・備品 > 消耗品 > 塗料
  • あらゆる金属製品にベスト・コーティング!地球にやさしい粉体塗料です。
    大日本塗料株式会社
    大日本塗料の機能性粉体塗装システム 『V-PET』には次の特長があります。

    ・無溶剤塗料のため環境にやさしく安全
    ・塗装が容易
    ・1コート仕上げが可能
    ・メラミン・アクリル樹脂系塗装分野にも適用が可能

    V-PETには、主にエポキシ樹脂系のV-PET#1340シリーズ、ポリエステル樹脂系のV-PET#4000シリーズ、ポリエステル樹脂とエポキシ樹脂の中間形のV-PET#5000シリーズがあります。いずれも40µm位の塗膜に塗装ができ、プライマーなしの1回仕上げが可能なことが共通した特徴です。

基本情報機能性粉体塗装システム 『V-PET』 大日本塗料

・エポキシ粉体塗料『V-PET#1340シリーズ』
・ポリエステル系粉体塗料『V-PET#4000シリーズ』
・ポリエステルエポキシ系粉体塗料『V-PET#5000シリーズ』
・特殊な意匠性仕上げの粉体塗料『V-PET特殊模様シリーズ』

この他にも、豊富な商品ラインナップによりあらゆる金属製品に適用できます。
詳しくはカタログ、商品ページをご覧ください。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

・鋼製家具・鉄骨構造物
・電気部品・耐薬品用機器・自動車部品
・門扉・フェンス・LPGボンベ
・農機具・外装建材
・その他金属製品

よく使用される業種

鉄/非鉄金属、産業用機械、機械要素・部品、産業用電気機器、自動車・輸送機器、造船・重機、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、電気・ガス・水道業

カタログ機能性粉体塗装システム 『V-PET』 大日本塗料

  • 大日本塗料の機能性粉体塗装システム 『V-PET』は次の特長があります。

    ・無溶剤塗料のため環境にやさしく安全
    ・塗装が容易
    ・1コート仕上げが可能
    ・メラミン・アクリル樹脂系塗装分野にも適用が可能

    V-PETには、主にエポキシ樹脂系のV-PET#1340シリーズ、ポリエステル樹脂系のV-PET#4000シリーズ、ポリエステル樹脂とエポキシ樹脂の中間形のV-PET#5000シリーズがあります。いずれも40µm位の塗膜に塗装ができ、プライマーなしの1回仕上げが可能なことが共通した特徴です。

取扱会社機能性粉体塗装システム 『V-PET』 大日本塗料

【営業品目】 ○重防食塗料、船舶用塗料、建築汎用塗料、金属焼付用塗料、  重車両・産業機械用塗料、粉体塗料、自動車補修用塗料、木工用塗料、  建材用塗料、自動車用塗料、プラスチック用塗料、ジェットインク ○リフォーム事業 ○各種塗装機器・装置 ○塗装工事

機能性粉体塗装システム 『V-PET』 大日本塗料へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

大日本塗料株式会社

機能性粉体塗装システム 『V-PET』 大日本塗料 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全78,000品
  • 制御精度±0.01℃ 圧縮空気温度調節装置 ナノサーモACU

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー