サンドビック株式会社 金属ヒーター加工品(メタリックエレメント)

金属ヒーター加工品(メタリックエレメント) http://www.ipros.jp/data/products/tmp/022972/020/img/19.jpg カンタル線として親しまれ世界的に認知されております電気抵抗発熱体を使用した加工品です。 様々な形状、様々な炉使用に、最も適した形状・仕様を提案させて頂きます。 低温領域ではニッケルクロム合金(ニクロム線)、より高温領域(1200℃近辺まで)ではカンタル線、さらに高温領域1350℃では粉末焼結ヒーターのカンタルAPM線をラインアップとして持っております。 □■加工例■□ 下記のような形状加工(一例)が可能です。 是非お問い合わせください! ■絶縁管にカンタル線を巻いた加工品 ■W型カンタル発熱体加工品 ■U型カンタル発熱体帯加工品 ■管状炉用発熱体加工品 ■少量からでも対応致します。詳細は、お問い合わせ下さい。 サンドビック株式会社 カンタルカンパニー 製造・加工機械 > 塗装機械 > その他塗装機械 カンタル加工品 -
電気炉用ヒーター メタリックエレメント(加工品)

すべての商品が国内で設計、製造されております。
また、商品のご提供のみならず
温度、容量、炉寸法、雰囲気などに応じて最適なヒーターの設計、電気計算、図面などのサポートも合わせてご提供致します。

基本情報金属ヒーター加工品(メタリックエレメント)

カンタル線として親しまれ世界的に認知されております電気抵抗発熱体を使用した加工品です。
様々な形状、様々な炉使用に、最も適した形状・仕様を提案させて頂きます。
低温領域ではニッケルクロム合金(ニクロム線)、より高温領域(1200℃近辺まで)ではカンタル線、さらに高温領域1350℃では粉末焼結ヒーターのカンタルAPM線をラインアップとして持っております。

□■加工例■□
下記のような形状加工(一例)が可能です。 是非お問い合わせください!

■絶縁管にカンタル線を巻いた加工品
■W型カンタル発熱体加工品
■U型カンタル発熱体帯加工品
■管状炉用発熱体加工品

■少量からでも対応致します。詳細は、お問い合わせ下さい。

価格 -
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 カンタル加工品
用途/実績例 一般熱処理としてもっとも広く、様々な分野で使用されている電気ヒーターになります。
○焼入れ、焼戻し、焼鈍、焼結、浸炭、窒化などの金属部品の熱処理
○ガラス製品のアニール処理
○セラミック部品の焼成
○粉体熱処理
○エアヒーター
として使われております。

カタログ金属ヒーター加工品(メタリックエレメント)

取扱企業金属ヒーター加工品(メタリックエレメント)

Kanthal_R_cmyk_red_PoSG.jpg

サンドビック株式会社 カンタルカンパニー

1931年創業以来、電気抵抗加熱ヒーターのソリューションを提供しております。 ヒーターのご提供のみならず、新たな商品の共同開発、技術サポート、最適なソリューションのご提案等を通じ、熱に関して多面的にお客様をサポートしております。 □低温域-1100℃ (カンタル線、ニクロム線) □中温域-1400℃ (炭化珪素発熱体(SiC)) □高温域-1850℃ (カンタルスーパー(MoSi2)) のほぼすべての温度領域をカバーしており、これらの商品をベースに、様々なヒーティングシステムをご提供いたします。

金属ヒーター加工品(メタリックエレメント)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

サンドビック株式会社 カンタルカンパニー