株式会社出石 ロゴ株式会社出石

最終更新日:2018-03-15 15:56:27.0

  • 製品カタログ
  •  

【新製品】電磁式ドットマーキング装置「M4 Inline」カタログ

基本情報【新製品】電磁式ドットマーキング装置「M4 Inline」カタログ

待望の新モデル登場!生産ライン組込みに特化した「インライン専用モデル」

「M4 Inline(エムフォーインライン)」は凹凸面にも刻印可能な電磁式ドットマーキング装置です。電源100Vのみで使用可能です。
従来の当社製品に比べますと、生産ライン組み込みに特化したモデルで、
製品1点1点のトレサビリティーに貢献します。

【新製品特長】
◆コントロールボックスはコンパクトで生産ライン組込に適している
◆IDI曲面モードにより最大ストローク8mm、凹凸面への刻印可能
◆″NEW” IDI TRACKによる空打ち検出機能搭載
◆″NEW” 16 I/O、イーサネットポート等標準装備

など等、刻印の全自動化・半自動化をご希望されるお客様にとって
必要な機能を取りそろえた、フルスペックの製品です。

【詳しくはカタログダウンロードまたはお気軽にお問い合わせください】

【新製品】電磁式ドットマーキング装置「M4 Inline」

【新製品】電磁式ドットマーキング装置「M4 Inline」 製品画像

「M4 Inline(エムフォーインライン)」は凹凸面にも刻印可能な電磁式ドットマーキング装置です。電源100Vのみで使用可能です。
従来の当社製品に比べますと、生産ライン組み込みに特化したモデルで、
製品1点1点のトレサビリティーに貢献します。

【新製品特長】
◆コントロールボックスはコンパクトで生産ライン組込に最適
◆IDI曲面モードにより最大ストローク8mm、凹凸面への刻印可能
◆″NEW” IDI TRACKによる空打ち検出機能搭載
◆″NEW” 16 I/O、イーサネットポート等標準装備

など等、刻印の全自動化・半自動化をご希望されるお客様にとって
必要な機能を取りそろえた、フルスペックの製品です。

【詳しくはカタログダウンロードまたはお気軽にお問い合わせください】 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

電動刻印機『テクノマーク』総合カタログ無料進呈中!

電動刻印機『テクノマーク』総合カタログ無料進呈中! 製品画像

国際特許IDI機能により今まで諦めていた曲面への刻印が実現!

生産ライン組込みに特化したインライン専用モデルの「M4 Inline」、操作性のよい「MULTI4 V3」、
ハンディタイプの「ハンドヘルドモデル ミニ」を掲載した総合カタログのご紹介です。

【シリーズ紹介】
《M4 Inline(エムフォーインライン)》
■コントロールボックスはコンパクトで生産ライン組込に適しています!

《MULTI4 V3》
■凹凸、R面への刻印もOK!
■特許IDI機能により最大8mmストローク範囲内を自動補正。

《ハンドヘルドモデル ミニ》
■従来機種から大幅な5kg⇒2.3kgの軽量化を実現!

【第22回 東京 機械要素技術展に出展!】
日時:2018年6月20日(水)~22日(金)
ブース番号:東6ホール 48-6
☆展示会場では実機も展示予定です。是非お立ち寄りください。

■総合カタログ、シリーズごとのカタログはPDFをダウンロードしてご覧ください。 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

取扱会社 【新製品】電磁式ドットマーキング装置「M4 Inline」カタログ

株式会社出石

【 1 】切削工具、工作機械、精密機器、設備機器、省エネ機器、物流機器などの販売、情報提供サービス 【 2 オリジナルブランド「ZTEC」「i-TOOL」の開発、販売 【3】 海外製品の輸入、販売

【新製品】電磁式ドットマーキング装置「M4 Inline」カタログへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

目的[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社出石

【新製品】電磁式ドットマーキング装置「M4 Inline」カタログ が登録されているカテゴリ

開く


キーマンインタビュー