ビーエルテック株式会社 ロゴビーエルテック株式会社

最終更新日:2018/09/12

  • 製品カタログ
  •  

連続流れ分析装置『OuAAtro 39』

基本情報連続流れ分析装置『OuAAtro 39』

気泡分節型連続流れ方式により高精度、高感度分析!最大5項目まで同時分析可能

『OuAAtro 39』は、ドイツ及び日本のCFA専門技術者によりデザイン・設計され、
SEAL・BLTECの共同開発により、さらに高性能機種として生まれた
連続流れ分析装置です。

気泡文節型連続流れ方式により、非常に正確性の高いデータを得ることができます。

海水分析をはじめ、全窒素・全りんのオートクレーブ分析や
煩雑な蒸留操作も自動で行うことができます。

【特長】
■ドイツSEAL社とBLTEC社の共同開発により高感度化を実現
■気泡分節型連続流れ方式を原理とした高精度、高感度分析
■本体コンソールに4つの比色計を搭載可能
■エキストラ比色計の追加により5項目まで同時分析可能
■120本掛けのオートサンプラーを標準装備

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

海水栄養塩測定装置 クワトロ

海水栄養塩測定装置 クワトロ 製品画像

官公庁・大学の海洋調査機関でご使用頂いております。
最大で硝酸・亜硝酸・リン酸・アンモニア・シリカの5項目を同時に
120検体毎時に測定が可能です。
超低濃度の栄養塩類測定が可能です。

【特長】
■気泡分節型連続流れ方式を原理とした高精度、高感度分析
■本体コンソールに4つの比色計を搭載可能
■エキストラ比色計の追加により5項目まで同時分析可能
■120本掛けのオートサンプラーを標準装備
■超低濃度の栄養塩類測定が可能

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

価格帯 1000万円以上 5000万円未満 納期

全窒素全りん分析装置 クワトロ

全窒素全りん分析装置 クワトロ 製品画像

官公庁・大学・民間計量証明事業所の水質調査機関でご使用頂いております。
全窒素・全りんを同時に20検体毎時に測定が可能です。
全自動オートクレーブ分解装置が組み込まれています。

【特長】
■気泡分節型連続流れ方式を原理とした高精度、高感度分析
■全窒素・全りんを同時に20検体毎時に測定が可能
■全自動オートクレーブ分解装置を組み込み
■JIS及び環境省告示法に収載

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

価格帯 1000万円以上 5000万円未満 納期

農業土壌栄養成分測定装置  クワトロ

農業土壌栄養成分測定装置  クワトロ 製品画像

農業試験場・大学・農業団体でご使用頂いております。
高精度な土壌診断が可能です。

【特長】
■気泡分節型連続流れ方式を原理とした高精度、高感度分析
■本体コンソールに4つの比色計を搭載可能
■エキストラ比色計の追加により5項目まで同時分析可能
■120本掛けのオートサンプラーを標準装備
■高精度な土壌診断が可能

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

価格帯 1000万円以上 5000万円未満 納期

冷却水測定装置 クワトロ

冷却水測定装置 クワトロ 製品画像

クーリングタワー製造及び管理会社でご使用頂いております。
数項目の測定を同時に1時間当たり80検体測定可能です。

【特長】
■気泡分節型連続流れ方式を原理とした高精度、高感度分析
■本体コンソールに4つの比色計を搭載可能
■数項目の測定を同時に1時間当たり80検体測定可能
■120本掛けのオートサンプラーを標準装備
■サンプルや試薬の消費量が少なく経済的

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

価格帯 500万円以上 1000万円未満 納期

取扱会社 連続流れ分析装置『OuAAtro 39』

ビーエルテック株式会社

連続流れ分析装置の開発、製造、輸入販売

連続流れ分析装置『OuAAtro 39』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ビーエルテック株式会社


キーマンインタビュー