テサテープ株式会社 ロゴテサテープ株式会社

最終更新日:2020/10/14

  • 製品カタログ
  •  
  • カタログ発行日:2020/9/10

フレキソ版固定用クッション両面粘着テープ テサ ソフトプリントFE-X EAシリーズ

基本情報フレキソ版固定用クッション両面粘着テープ テサ ソフトプリントFE-X EAシリーズ

フレキソ版固定作業を より素早くより簡単に!

【新製品】 tesa Softprint Fast & Easy-X EAシリーズ

スムーズ且つトラブルの無い印版固定を是非ご体験下さい!

テサの新しい【tesa Softprint FE-X EA】は、版固定作業を容易にするために特別に開発された印版固定用クッション両面テープです。

・無駄な時間を節約し、印刷工程および生産効率を更に向上させます。
・粘着面のマイクロチャネルにより、版固定の際に潜り込んだエア(気泡)を簡単に除去できます。
・またFE-X(Fast & Easy-X)粘着剤は、版浮きの防止に加え、版交換もすばやく簡単に行えます。


*詳しくはカタログをダウンロードもしくはお問い合わせください。

フレキソ版固定テープ テサ ソフトプリントFE-X EAシリーズ

フレキソ版固定テープ テサ ソフトプリントFE-X EAシリーズ 製品画像

テサの新しい【tesa Softprint FE-X EA】は、版固定作業を容易にするために特別に開発された印版固定用クッション両面テープです。

・無駄な時間を節約し、印刷工程および生産効率を更に向上させます。
・粘着面のマイクロチャネルにより、版固定の際に潜り込んだエア(気泡)を簡単に除去できます。
・またFE-X(Fast & Easy-X)粘着剤は、版浮きの防止に加え、版交換もすばやく簡単に行えます。
 (詳細を見る

再剥離両面粘着テープ tesa 63606

再剥離両面粘着テープ tesa 63606 製品画像

両面に接着力の異なる2種類のアクリル粘着剤を塗布した両面粘着テープ。糊残りなく剥がせて作業性も良好!

再剥離両面テープ tesa 63606

[特 性]
再剥離側は紙管・樹脂コア・PC・ABS・PI・金属等  様々な被着体から糊残り無く剥がせます
強接着側は粘着性とせん断力に優れています
アクリル系の粘着剤を使用し、夏場でも熱ダレせず 変色も起こしません (詳細を見る

テサテープ株式会社 会社案内【動画あり】

テサテープ株式会社 会社案内【動画あり】 製品画像

テサテープ会社案内の動画となります。

革新的な技術はテサの成功の基本であり、会社の成長の基盤でもあります。ドイツを始め、日本、中国、シンガポール、マレーシア、アジア、アメリカで200名を越える技術者たちが、革新的なアイデアを新しい製品、新しいソリューションへと繋げています。 毎年、70件以上の新しい特許がテサにより取得されています。

工業製品事業
工程を最適化し、設計主導で開発された6500品種以上の粘着テープとシステムソリューションを提供します。

◎詳しくはお問い合わせまたはカタログをご覧ください。 (詳細を見る

取扱会社 フレキソ版固定用クッション両面粘着テープ テサ ソフトプリントFE-X EAシリーズ

テサテープ株式会社

1.信頼性の高い技術力に基づいた製品、アプリケーションに関する深い知識、そしてテサの最大の特徴であるグローバルなネットワークを駆使し、お客様のビジネスに貢献します。 2.優れた品質と的確なソルーションのご提供を基本に、すべてのお客様から高い信頼を得ることに努め、更に、よりよきパートナーとなることに常に全力で尽くすことが我々の不変のテーマです。 関連業界/事業 電機電子・自動車・一般産業・製紙・印刷・鉄道・飛行機・船舶 携帯電話・スマートフォン・タブレット・デジタルカメラ・カメラ・家電 ワイヤーハーネス・カーエレ 工業用・汎用・副資材・建材・民生・部品・MRO・補修 粘着・テープ 一般消費者向け製品

フレキソ版固定用クッション両面粘着テープ テサ ソフトプリントFE-X EAシリーズへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

テサテープ株式会社


キーマンインタビュー