3社合同技術セミナー|超音波を利用した分散技術 CNTから先端技術材料まで~計測・評価技術

最終更新日:2018-04-06 14:01:50.0

株式会社シンキー ロゴ

株式会社シンキー

  • 開催地:東京都

※本セミナーは満席となり、受付を締切らせて頂きました。沢山のお申込、有難うございました。

カーボンナノチューブ(以下、CNT)はその優れた物性から多くの産業界での活用が望まれている未来の材料です。しかしながら、CNTを活用するための分散・評価手法においては、依然として未知の部分も多く、各メーカーが独自にその手法を模索している状態ともいえます。そのため、多くの技術者、研究者よりその手法について具体的な事例を基に学びたいという声が聞かれます。
 
そこで本セミナーでは産業技術総合研究所 ナノチューブ実用化研究センターより小橋和文様をお迎えし、産総研で開発されたCNTの長さ測定に関するその手法や結果について解説いただくほか、共催各社による技術講演ならびに、「分散ナノ太郎」の実機展示、フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)とディスク遠心式粒子径分布測定装置(CPS)のポスター展示 ポスターセッションも予定しております。
CNT研究に課題をお持ちの皆様には、CNTの分散液調製から評価方法まで理解を深めていただける絶好の機会かと存じます。CNTの活用をご検討されている皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催日時 2018年04月20日(金)
13:30 ~ 18:00
会場 東京都中央区京橋1丁目10番7号KPP八重洲ビル
AP東京八重洲通り 11F(Lルーム)
参加費 無料

関連製品

回転&超音波2面照射による特許技術搭載『ナノ分散機 PR-1』詳細

回転&超音波2面照射による特許技術搭載『ナノ分散機 PR-1』 製品画像

技術解説資料プレゼント中!超音波による材料損傷や分散ムラの問題を解決

超音波ナノ分散機『PR-1』は、45度に傾けた容器に、 回転と超音波を組み合わせてナノ分散を行う 特許技術「デュアルソニック方式」によって、高品質の分散を実現する装置です。 密閉容器内で安全に処理が行え、例えば超音波ホモジナイザーで短尺化してしまう カーボンナノチューブも、繊維長を保持したままで分散が可能です。 【特長】 ■材料の損傷や繊維の短尺化を抑制できる ■超音波の指向…

関連カタログ

特許技術『デュアルソニック方式』詳細

特許技術『デュアルソニック方式』 表紙画像

当社が新たに開発した、超音波分散技術の解説資料です

超音波による分散で大きな課題だった材料切断・分散ムラを克服した 特許技術「デュアルソニック方式」の特長や搭載製品をご紹介。 分散実例も写真付きで掲載しております。 ※詳しくは資料をダウンロードしてご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

取扱会社

株式会社シンキー

1)自転・公転方式スーパーミキサー 商品名「あわとり練太郎」、「はんだ練太郎」、「なんこう練太郎」の開発、製造、販売 2)医療用具、医療用機械器具の製造、販売 3)前各号の機械装置を活用した応用分野、技術に関する業務

あなたが探している「ニュース:セミナー・イベント」の情報を見る

  • 2018-09-19 00:00:00.0
  • ダイセル・エボニック株式会社NEW
  • 2018-09-19 00:00:00.0
  • 千代田通商株式会社NEW
  • 2018-09-19 00:00:00.0
  • 株式会社技術情報協会NEW

3社合同技術セミナー|超音波を利用した分散技術 CNTから先端技術材料まで~計測・評価技術 と関連するおすすめ情報


キーマンインタビュー