『メカトロテック ジャパン 2019』出展のお知らせ

最終更新日:2019/09/11

安藤株式会社 ロゴ

安藤株式会社

  • 開催地:愛知県

安藤株式会社は2019年10月23日からポートメッセなごやにて
開催される『メカトロテック ジャパン 2019』に出展いたします。

開催日:10月23日~10月26日
開催時間:10:00~17:00
※25日(金)はナイター開催18:00までとなります。
※最終日は16:00までとなります。

◆主な出展製品
スマートパルスガン / Smart Pulse Gun
トルネードエアーガン / Tornado Air Gun
Aハンド / Ahand
KAWASHIMA / KAWASHIMA


皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

開催日時 2019年10月23日(水) ~ 2019年10月26日(土)
10:00 ~ 17:00
※最終日は16:00までとなります。
会場 会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場1号館・2号館・3号館)

小間番号:1A58
参加費 無料
招待券をお持ちでない場合、1000円/人かかります。

関連製品

タップ穴の汚れや切粉を完全除去!トルネードエアーガン ※特許取得詳細

タップ穴の汚れや切粉を完全除去!トルネードエアーガン ※特許取得 製品画像

たった一瞬でタップ・ホール内に残るオイル・汚れ・切粉を除去。作業効率アップに貢献する、トルネードエアーガン!《動画でご紹介》

機械・切削・測定工具の総合商社である安藤株式会社では、『トルネードエアーガン』を取り扱っています。 当製品は、タップ・ホール内に残るオイル・汚れ・切粉などを完全に除去。 エアー流出量や作業時間を削減できます。 また、穴径はM4~M14Lまで対応。特殊穴径ノズルも対応可能です。 【特長】 ■エアー流出量の削減 ■シールド付きで安全を確保 ■作業時間の削減 ■消音効果 ■…

やわらかグリッパーの新ロボットハンド『Aハンド』【※簡単取付け】詳細

やわらかグリッパーの新ロボットハンド『Aハンド』【※簡単取付け】 製品画像

粉体や割れ物、不均一な形状物も傷をつけずに絶妙な力で優しくフィット!既存ラインに組込みで自動化もOK

ロボットハンド「Aハンド」は、形状が不均一のモノや、軟らかく脆いモノでも傷つけずに掴める特殊ハンドです。 一般的なロボットハンドでは、不均一な形状や吸盤で吸着できない平面の無いモノ、素材への適応は難しいとされていましたが、『Aハンド』はグリッパー部分が可とう性と弾性をもつ素材で構成され、締め付け力を適切に調整できるため、様々なオブジェクトのピッキングで活躍。既存機械やアームへの取り付けも、再設計…

スマートパルスガン『パルスダスター CSK-03』詳細

スマートパルスガン『パルスダスター CSK-03』 製品画像

【※数量限定※デモ機貸出可能!】手軽に低コスト!エアー流量40%削減で、1秒間に25回のブローを実現したパルスガン!

『パルスダスター CSK-03』は、電気代の固定費削減に効果的なパルスガンです。 1秒間に25回のブローを実現(通常16回/1秒)エアー使用量の削減・コンプレッサー稼働の減少・電力消費量削減に貢献する商品です! コンパクトで軽量化仕様となっており、騒音レベルも5%削減します。 ISOの提案商品にも適しています。 【特長】 ■エアー流量40%削減 ■省エネ効果抜群ノズル ■コン…

関連カタログ

取扱会社

安藤株式会社

■切削工具 ■研削工具 ■治工具 ■測定機器 ■空圧・油圧機器 ■荷役・搬送機器 ■工作用機器 ■工作機械 ■海外製工具 ■情報機器 ■環境機器 ■精密工具

『メカトロテック ジャパン 2019』出展のお知らせへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

安藤株式会社

あなたが探している「ニュース:セミナー・イベント」の情報を見る

  • 2019年01月24日
  • 株式会社ケーアイテクノロジー 新横浜
  • 2019年01月24日
  • 日本アイ・ティ・エフ株式会社
  • 2019年01月24日
  • ジャパンマテックス株式会社 シールエンジニアリングセンター

キーマンインタビュー