日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社 [包装貨物] 温湿度環境試験

温湿度環境試験のご紹介

包装貨物の公的な試験規格においては、温湿度環境試験を独立した形でおこなう項目がほぼ存在しません。例えばJISにおいては、以下のようになっています。

◆包装・製品試験の御用命・ご相談は下記の電話番号へお問い合わせください。
電話番号:0466-41-0262(石井) / 0466-41-0265(北川)
担当者:石井/北川

基本情報[包装貨物] 温湿度環境試験

JIS Z 0203 : 包装貨物-試験の前処置

試験ではなく前処置(英語では conditioning )と呼ばれ、振動 ・落下 ・衝撃 ・圧縮といった他の環境試験をおこなう際の下準備、という位置付けになっています。

JBLが保有する恒温恒湿器は、-20℃以下の極低温を除き、ほとんどの輸送環境における温湿度を再現します。槽内のサイズは1000(W) x 1000(H) x 800(D) mm、大きめの段ボール箱が丸ごと入るくらいの大きさです。

大手メーカーの自社規格の中には、梱包状態の製品に温湿度環境試験をおこなってから、製品の動作チェックをおこなう、というものも見られます。

包装貨物の試験規格で、温度試験を取り入れている珍しい例は、米国のISTAです。 ISTA 7D では、あくまでも振動や落下衝撃と組み合わせたシーケンス試験の一部としてではありますが、温度試験が定義されており、全部で12個の温度プロファイルの中から選べるようになっています。

◆JBL包装試験場:ISTA(国際安全輸送協会)認定 _ 2010年12月より

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 【設備仕様】
エスペック株式会社 PR-4K 
・温度範囲 : -20から+100度 
・湿度範囲 : 20から98% 
・温度上昇時間 : -20度から100度まで35分 
・温度下降時間 : 20度から -10度まで25分 
・連続運転時間 : 1ヶ月以上可 (無人運転1ヶ月) 
・槽内寸法 : 1000 (W) x 1000 (H) x 800 (D) mm

【試験規格】
ASTM D 4332、EN 2233、GB/T 4857.2、ISO 2233、ISTA 2A, 2B, 2C, 2F, 3A, 3B, 3E, 3F, 4AB, 7A, 7B, 7C, 7D、JIS Z 0203

カタログ[包装貨物] 温湿度環境試験

取扱企業[包装貨物] 温湿度環境試験

JBL1.jpg

日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社 藤沢北事業所

国内および海外における調達・生産・販売・回収物流・包装設計・包装試作、精密機器物流(キッティング・データ消去)、物流管理、倉庫、輸配送サービス(国内・海外) サービス一覧ページURL: http://info.jbl.co.jp/service_menu

[包装貨物] 温湿度環境試験へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社 藤沢北事業所