制電PP(ポリプロピレン)への新技術紹介 【確認証明書】
制電PP(ポリプロピレン)への新技術紹介 【確認証明書】 http://www.ipros.jp/public/product/image/347/2000114332/IPROS887777207790966286.gif 【特徴】 ○ポリオレフィン等衛生協議会 確認証明書 ○日本食品分析センター 分析試験成績表 ○ビオミセルBN-77」混入PP製品でのアイゾット衝撃試験の報告書 ○ビオミセルBNシリーズは樹脂製品への帯電防止対策用 →「新構造のドナー・アクセプターハイブリット系練込み型帯電防止剤」 ○PP(ポリプロピレン)商品の静電気対策に成功 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。 株式会社ボロン研究所 東京営業所 制御・電機機器 > 静電気対策 > 静電気除去装置

基本情報制電PP(ポリプロピレン)への新技術紹介 【確認証明書】

【特徴】
○ポリオレフィン等衛生協議会 確認証明書
○日本食品分析センター 分析試験成績表
○ビオミセルBN-77」混入PP製品でのアイゾット衝撃試験の報告書
○ビオミセルBNシリーズは樹脂製品への帯電防止対策用
→「新構造のドナー・アクセプターハイブリット系練込み型帯電防止剤」
○PP(ポリプロピレン)商品の静電気対策に成功

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。

価格

※お問い合わせください

価格帯

納期


※お問い合わせください

発売日

取扱い中

用途/実績例

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。

よく使用される業種

飲食料品、繊維、紙・パルプ、化学、石油・石炭製品、ゴム製品、セラミックス、樹脂・プラスチック、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、試験・分析・測定、環境、エネルギー、医療機器、医薬品・バイオ、印刷業、商社・卸売り、小売、教育・研究機関、水産・農林業、サービス業、その他

カタログ制電PP(ポリプロピレン)への新技術紹介 【確認証明書】

  • 【ダウンロード可能資料】
    ■ポリオレフィン等衛生協議会 確認証明書
    ■日本食品分析センター 分析試験成績表
    ■「ビオミセルBN-77」混入PP製品でのアイゾット衝撃試験の報告書

    ビオミセルBNシリーズは樹脂製品への帯電防止対策用、「新構造のドナー・アクセプターハイブリット系練込み型帯電防止剤」です。
    業界で初めてPP(ポリプロピレン)商品の静電気対策に成功しました!

    【ラインナップ】
    ■ビオミセルBN-77:
    一般オレフィン樹脂、ABS樹脂対応型、(食品用帯電防止樹脂製品に使用可能)
    ■ビオミセルBN-105:
    オレフィン樹脂、ABS樹脂、等の高結晶性樹脂もしくは可塑剤配合樹脂〔PVC他等〕対応型
    ■ビオミセルBN-115:
    オレフィン樹脂、高温度成形樹脂〔ポリエステル等〕対応型
    [PDF:955KB]

取扱会社制電PP(ポリプロピレン)への新技術紹介 【確認証明書】

株式会社ボロン研究所 東京営業所

■主な研究と成果 ・半極性有機ホウ素界面活性剤の研究 ・脱離反応用相関移動触媒の研究 ・新規抗菌性物質アザラクタムの研究 ・N.Bコンプレックスの物性研究 ・有機ケイ・弗化物の応用研究 ・プロポリス—高分子電解質系環境浄化剤の研究 ●新界面活性剤の総合技術資料集“帯電防止剤”(経営開発センター1982年) ●界面活性剤の新機能(油化学1984年) ●プロポリス特集“ミセル化抽出法”(東洋医学舎1995年)

制電PP(ポリプロピレン)への新技術紹介 【確認証明書】へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ボロン研究所 東京営業所


  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全78,000品
  • 制御精度±0.01℃ 圧縮空気温度調節装置 ナノサーモACU

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー