ポリプロピレン系樹脂チューブ UP-チューブ
ポリプロピレン系樹脂チューブ UP-チューブ http://www.ipros.jp/public/product/image/012/2000155814/IPROS2624759828290104452.png サイズ UPP-4  外径4x内径2.5 長さ 100M           最高使用圧0.8Mpa   最少曲げ半径 9mm     UPP-6  外径6x内径4  長さ 100M          最高使用圧0.8Mpa   最少曲げ半径 14mm     UPP-8  外形8x内径5  長さ 100M          最高使用圧0.8Mpa   最少曲げ半径 18mm     upp-10  外形10x内径6.5 長さ 100M          最高使用圧0.8Mpa   最少曲げ半径 24mm ※空気・水専用 油はNG  空気(気体)-20℃~60℃  水 (液体) 0℃~60℃ 関西理工株式会社 科学・理化学機器 > 理化学機器 > その他理化学機器 UPシリーズ  ウシオライティング製
  • 空気・水といった気体・液体の配管に適したPP系樹脂チューブ
    関西理工株式会社
    「ポリプロピレン系樹脂チューブUPチューブ」はポリプロピレン(PP)を主原料にした樹脂チューブで、自動化・省力化機器や半導体製造装置・理化学機器などで使用する空気・水といった気体・液体の配管に適しております。

    【特長】
    ●耐薬品性
    ●柔軟性・・・最少曲げ半径:9.0mm(4x2.5)
    ●PP系樹脂チューブとして優れた耐圧性能(0.8MPa)
    ●半透明チューブのため、流体の目視が可能

    【こんなお客様に最適!】
    ◎配管を通すスペースが限られており、柔軟なチューブが欲しい・・・
    ◎高圧状態で使用していないナイロンチューブなどの交換用として
    ◎プラスチック継手(Zユニオン)を利用する現場に最適な樹脂チューブとして

    【詳しくはカタログダウンロード、またはお気軽にお問い合わせ下さい】

基本情報ポリプロピレン系樹脂チューブ UP-チューブ

サイズ UPP-4  外径4x内径2.5 長さ 100M 
         最高使用圧0.8Mpa   最少曲げ半径 9mm
    UPP-6  外径6x内径4  長さ 100M
         最高使用圧0.8Mpa   最少曲げ半径 14mm
    UPP-8  外形8x内径5  長さ 100M
         最高使用圧0.8Mpa   最少曲げ半径 18mm
    upp-10  外形10x内径6.5 長さ 100M
         最高使用圧0.8Mpa   最少曲げ半径 24mm
※空気・水専用 油はNG
 空気(気体)-20℃~60℃
 水 (液体) 0℃~60℃

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

1万円未満

納期

2・3日

発売日

2013年10月

型番・ブランド名

UPシリーズ  ウシオライティング製

用途/実績例

自動化・省力化機器や半導体製造装置・理化学機器などで使用する空気・水といった気体・液体の配管。

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、産業用機械、電子部品・半導体、試験・分析・測定、医薬品・バイオ、印刷業、商社・卸売り

取扱会社ポリプロピレン系樹脂チューブ UP-チューブ

空・油圧資材総合商社  取り扱い品目 チューブ及びホースカッター・チューブ・熱収縮チューブ・シート・ベルト・ホース・継手・ロータリージョイント・バルブ・プラチェーン・空気圧機器・フィルター・レギュレター・圧力計・ショックアブソーバー・シリンダー・ハンド・チャック・ローター・熱交換器・電線・テフロン関連製品・カプラ・ボールバルブ・ポンプ・ピストンリング

ポリプロピレン系樹脂チューブ UP-チューブへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

関西理工株式会社


  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』
  • 金属ワッシャー大増量!総合カタログ最新版 進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー