光洋産業株式会社 無線LAN電波干渉対策 実例(電波吸収体+不燃アルミシート)

無線LAN電波干渉対策 実例(電波吸収体+不燃アルミシート) http://www.ipros.jp/public/product/image/4b1/2000160819/IPROS3623813636067070472.JPG 『無線LANAP収納BOX』 ●当社の「不燃アルミシート」【F☆☆☆☆/不燃:NM−1776】と「電波吸収体ITフォーム」の複合対策製品 ●電波の吹き出し方向をコントロールし、干渉を防ぎます。 ●特に天井内設置では必須となります。 ●設置後のAP位置調整・移動が容易。使用周波数帯域に応じて厚み調整し、最適な電波吸収が行えます。 『遮熱透明電磁波シールド窓フィルム』 ●日射に含まれる赤外線(日射熱)を90%以上反射,紫外線( UV )を99%カットします。 ●他社に類が無い、光効率= 1.4 の高い光選択性( 73FG の場合)があり、透明でありながら、高い遮熱特性を発揮します。 ●赤外線を反射できる高性能なミラータイプでありながら、可視光反射率10% 未満で外観を損なわず、25〜30dbの電磁波(電界波)シールド効果あります。 『AP収納BOX』の設置位置調整との複合使用で外壁:金属カーテンウォール 躯体床:デッキプレート等の金属床の場合は高い減衰効果が見られます。 ●外壁がRC及びALCの場合:『電磁波シールドクロス』又は『不燃アルミシート』での複合対策となります。 光洋産業株式会社 本社 素材・材料 > 高分子材料 > 複合材料
不燃アルミシート・電波吸収体BOX・遮熱透明電磁波シールドフィルムの複合使用実例(電波干渉 妨害電波 電波漏洩 情報漏洩対策等)

1)『無線LANアクセスポイント収納BOX』
●「不燃アルミシート」【F☆☆☆☆/不燃:NM−1776】と「電波吸収体ITフォーム」の複合対策により、電波の吹き出し方向をコントロールし干渉を防ぎ、天井内設置では必須となります。
●設置後のAP位置調整・移動が容易。
●使用周波数帯域に応じて厚み調整し、最適な電波吸収が行えます。

2)『遮熱透明電磁波シールド窓フィルム』
●日射に含まれる赤外線(日射熱)を90%以上反射,紫外線( UV )を99%カットします。
●他社に類が無い、光効率= 1.4 の高い光選択性( 73FG の場合)があり、透明でありながら、高い遮熱特性を発揮します。赤外線を反射できる高性能なミラータイプでありながら、可視光反射率10% 未満で外観を損なわず、25〜30dbの電磁波(電界波)シールド効果あります。
●『無線LANAP収納BOX』の設置位置調整との複合使用で外壁:金属カーテンウォール 躯体床:デッキプレート等の金属床の場合は高い減衰効果が見られます。

3)外壁がRC及びALCの場合:『電磁波シールドクロス』又は『不燃アルミシート』での複合対策となります。

基本情報無線LAN電波干渉対策 実例(電波吸収体+不燃アルミシート)

『無線LANAP収納BOX』
●当社の「不燃アルミシート」【F☆☆☆☆/不燃:NM−1776】と「電波吸収体ITフォーム」の複合対策製品
●電波の吹き出し方向をコントロールし、干渉を防ぎます。
●特に天井内設置では必須となります。
●設置後のAP位置調整・移動が容易。使用周波数帯域に応じて厚み調整し、最適な電波吸収が行えます。

『遮熱透明電磁波シールド窓フィルム』
●日射に含まれる赤外線(日射熱)を90%以上反射,紫外線( UV )を99%カットします。
●他社に類が無い、光効率= 1.4 の高い光選択性( 73FG の場合)があり、透明でありながら、高い遮熱特性を発揮します。
●赤外線を反射できる高性能なミラータイプでありながら、可視光反射率10% 未満で外観を損なわず、25〜30dbの電磁波(電界波)シールド効果あります。

『AP収納BOX』の設置位置調整との複合使用で外壁:金属カーテンウォール 躯体床:デッキプレート等の金属床の場合は高い減衰効果が見られます。
●外壁がRC及びALCの場合:『電磁波シールドクロス』又は『不燃アルミシート』での複合対策となります。

価格 -
※お問い合わせください
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
用途/実績例 【特長】
『無線LANアクセスポイント収納BOX』
●天井・壁面での使用で、設置後のAP位置調整・移動が容易。使用周波数帯域に応じて厚み調整し、最適な電波吸収が行えます。
【施工実績】
『無線LANアクセスポイント収納BOX』
●IT企業本社ビルに200台一括使用
『遮熱電磁波シールドSSウィンドウフィルム』
●IT企業オフィスビル1・2階吹き抜けガラス面に施工し、屋外公衆LANの干渉を防止
よく使用される業種 民生用電気機器、IT・情報通信、環境、医療機器、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、商社・卸売り、倉庫・運輸関連業、情報通信業、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、サービス業

カタログ無線LAN電波干渉対策 実例(電波吸収体+不燃アルミシート)

発泡電波吸収体 広帯域特性を持ち最適厚み製作で目的周波数領域を調整し不要反射波の抑制・アンテナ特性の改善でマルチパスを低減します

発泡電波吸収体 広帯域特性を持ち最適厚み製作で目的周波数領域を調整し不要反射波の抑制・アンテナ特性の改善でマルチパスを低減します 表紙画像

●ポリオレフィン系樹脂+カーボンを主原料にしており、適用周波数により、最適厚みにて製作可能。
●天井収納無線LANアクセスポイントは、天井内のデッキプレートの反射波で干渉を引き起こす為、電波吸収ボックスで上方への電波をカットし、下方電波の指向性を高め、余分な電波を吸収します。
●同フロアテナントでの隣接間仕切壁への設置や、電波衝立として、電波干渉防止とチャンネル確保を実現します。
●ガラス窓近傍でのアクセスポイント用ボックスは外部への電波漏洩を防ぎ、シールドフィルムや床面SSシートとの併用により、上下階及び内外との電波干渉を低減します。
●無線LANアクセスポイント用ボックスはSSシートとの合わせ技で、電波干渉を防ぎ、マルチパスを低減する電磁波制御材です。
●IOT納入事業者様が、システム導入時の無線LANアクセスポイントの機器調整用に使用(手元で数台を隔離して調整する使い方)された例も御座います。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

アパレルの電子タグ(RFID)干渉対策に採用され、効果が認められた『不燃(内装制限下では必須)アルミシート』の応用事例です

アパレルの電子タグ(RFID)干渉対策に採用され、効果が認められた『不燃(内装制限下では必須)アルミシート』の応用事例です 表紙画像

●対策前はアパレル店舗側電子タグ(RFID)を、バックヤード側リーダーが読み取ってしまい、業務に支障をきたしていましたが、SSシートの隔壁(マルチパスを防ぐため、バックヤード壁面のみ施工)で空間的に分離し、相互干渉の影響を低減し解決、全店舗に改修拡大中です。
●当社の不燃認定アルミ電磁波シールドシートは、F☆☆☆☆認定・防火認定(不燃:NM−1776)を取得したアルミシートです。
●腰のあるガラスクロス補強材により、これまでになかった強度を発揮し、従来品のように施工時の穴あきや折り曲げによる亀裂が生じにくく、つなぎ目や穴明き箇所は、同質材のSSテープ補強により、施工性の向上と優れた遮熱性能を発揮します。
●シールド性能の高さ・耐久性から使い勝手の良く、専門性が求められていた工事において、内装工事業にて比較的容易に施工できるため、様々な用途に活用範囲を広げてまいりました。

今回『不燃アルミシート活用事例』として、写真及びデータ満載の技術資料としました。

PDFダウンロード [PDF:355KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

無線LAN電波干渉に、KOYO製品の電波遮蔽・電波吸収の複合対策で、干渉のない快適な電波環境を構築した事例です

無線LAN電波干渉に、KOYO製品の電波遮蔽・電波吸収の複合対策で、干渉のない快適な電波環境を構築した事例です 表紙画像

●スマートフォンの普及に伴い、増大を続ける通信量を分散(オフロード)するために携帯電話各社が導入している無線LANスポット。
●一般的な無線LANで使われている2.4GHz帯が混雑し、スポットを密に敷設すればするほど、つながりにくくなる状況に陥っている上、将来的に拡大スポットを5GHz化することも表明され、5GHz帯でも干渉が避けられない事態となっています。
●また普及の進むモバイルルーターやスマートフォンのテザリング機能も同様に、ユーザーが密集する場所で干渉が発生し、接続が全く安定しないといった事態が発生しています。
●更には、ワイヤレスマウスやヘッドホン・スピーカー等で使用されるBluetoothは自動的に電波をずらす機能がありますが、同じ周波数帯であるため、同時使用で10%程度の速度低下が見られます。
●そのうえ、急速に普及していくHEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)のセンサーに使用されるZigBeeも2.4GHz帯であるため。
電波干渉対策は、オフィスでも家庭でも、必要不可欠な時代となりました。

PDFダウンロード [PDF:668KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

限定Wi-Fi環境から⇒クラウド時代の常時Wi-Fi環境へ、その時電波干渉・輻輳(混雑)の緩和は !!(無線LAN最適化改訂版)

限定Wi-Fi環境から⇒クラウド時代の常時Wi-Fi環境へ、その時電波干渉・輻輳(混雑)の緩和は !!(無線LAN最適化改訂版) 表紙画像

●膨大なIOTデバイスを管理し、ビッグデーター集約目的で利用される現在、Wi-Fiは全ての人へ、全ての場所で限定Wi-Fi環境から⇒クラウド時代の常時Wi-Fi環境、クラウド管理型無線LANシステムをへて、分散・協調型の完全コントローラーレスに移行して行こうとしています。
●物理的対策として、『独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部セキュリティセンター無線 LAN<危険回避> 対策のしおり 』では、「・・・例えば、電波遮蔽シートを窓に貼るのも有効です。」と表記されていますが、当社では、25〜30dbの遮蔽効果があり、高透明で1800mm 幅の製品もラインナップしている製品を御提案いたします。
●建築物省エネ法の施行により、Low-eガラスが多用されてきています。当社研究棟でLow-eガラスにシールドフィルムを貼った場合のシールド性能確認データを添付しています。
●今後も増加するドローンのコントローラーは、屋外使用のため現状2.4GHz帯で運用されています。ある日突然窓外にドローンが現れる、水平方向に強い無線LAN電波と干渉し(最悪落下し)ます。

PDFダウンロード [PDF:599KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

取扱企業無線LAN電波干渉対策 実例(電波吸収体+不燃アルミシート)

QR入KOYO.JPG

光洋産業株式会社 本社

●Koyo Web Shopの開設 ●電磁波環境対策製品群:不燃認定アルミ電磁波シールドシート(SSシート/SSテープ)/変成シリコン系導電性SSコーキング(シールド補修シール充填材)/導電性繊維電磁波シールドガスケット(裏面導電粘着付銅箔テープ)/自己密着シート/ノイズ抑制シート/NFC・RFID対策シート/電波吸収体/透明&薄型電波吸収体 ●シールド製品:簡易型電磁波シールドテント/採光型簡易シールドルーム/シールド扉 ●省エネ対策製品群:不燃認定アルミ遮熱シート/遮熱透明電磁波シールドフィルム(低反射で窓外観を損ねません) ●当社研究棟でEMC測定(計測)サービス:測定受託/ノイズ漏洩探査自動測定(マッピング測定システム)/磁気測定・電磁波測定・測定サイト貸出し) ●環境対策・環境配慮型製品の製造・販売:機能性樹脂ベース環境対応型の射出成型制振防振材(ネオフェード)/防炎認定 花たたみ HAL&OKU ●出張測定:磁気環境測定、電波(電磁波)環境測定 ●微生物検査装置( バイオプローラ) /位置ずれ検出システム ●粘着剤、機能複合材料、無公害型合板用接着剤、メディカル・ヘルスケア材料

無線LAN電波干渉対策 実例(電波吸収体+不燃アルミシート)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

光洋産業株式会社 本社