リニアボールベアリング型シリンダ  「SCシリーズ」
リニアボールベアリング型シリンダ  「SCシリーズ」 http://www.ipros.jp/public/product/image/ddd/2000185026/IPROS8390409003701810416.jpg ●ベアリングガイド採用による耐横荷重性UP ●パッキンゴムではなくBFシリンダを使用しております。  自社生産の為、お客様の要望に応じてゴム材質の変更(耐熱仕様)も可能です。 ●サイズはシリンダ径φ10~200mmまで取りそろえております。  ●動作方式は単動押出形と複動形(φ25mm以上)の2つになります。 ●取付金具はエル形・フランジ形・トラニオン形・ピボット形に対応可能です。(但し、シリンダ径φ25mm以上) ●客先仕様に対応した特殊品での製作が可能です。図面作成からサポート致します。 藤倉ゴム工業株式会社 機械部品 > 油空水圧機器 > 空圧機器

基本情報リニアボールベアリング型シリンダ  「SCシリーズ」

●ベアリングガイド採用による耐横荷重性UP
●パッキンゴムではなくBFシリンダを使用しております。
 自社生産の為、お客様の要望に応じてゴム材質の変更(耐熱仕様)も可能です。
●サイズはシリンダ径φ10~200mmまで取りそろえております。 
●動作方式は単動押出形と複動形(φ25mm以上)の2つになります。
●取付金具はエル形・フランジ形・トラニオン形・ピボット形に対応可能です。(但し、シリンダ径φ25mm以上)
●客先仕様に対応した特殊品での製作が可能です。図面作成からサポート致します。

価格

※数量によって価格が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

価格帯

納期


※数量によって納期が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

発売日

取扱い中

用途/実績例

精密かつ精度を必要とする装置にて採用されております。
●高感度フィルム等の張力制御(テンションコントロール)。
 (採用事例:印刷機各種、巻き取り機)
●レンズ、ウェハなどの研磨機での押圧制御。
 (採用事例:ボンディング装置、マウンター装置、ハンドラー装置)
●安定した圧力制御。
 (採用事例:圧着機、溶着器、研磨機)
●パーティクルの発生を嫌うクリーンな設備。
 (採用事例:半導体製造工程での生産設備等)

よく使用される業種

飲食料品、繊維、紙・パルプ、ゴム製品、木材、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、試験・分析・測定、医療機器、印刷業、製造・加工受託

カタログリニアボールベアリング型シリンダ  「SCシリーズ」

取扱会社リニアボールベアリング型シリンダ  「SCシリーズ」

藤倉ゴム工業株式会社

○電力分野 電力ケーブル、電力機器などの絶縁から導電まで、あらゆる電気特性を有する各種機能テープや各種モールド品、 および半導電性コンパウンドの開発と生産に携わっています。 ○情報通信分野 光ケーブルやメタルケーブルの接続・分岐部品の開発と生産に携わっています。 弊社は21世紀の情報通信ネットワークである光ファイバー通信網の一翼を担う企業として、 開発研究にたゆまぬ努力を続けています。 ○エレクトロニクス分野 パソコンや携帯電話、デジタル製品などの電子機器の小型化・軽量化はますます加速しています。 そこで求められるのは構成部品の高密度化と、素材の機能向上です。 弊社はこうしたニーズに応える機能性の高い電子部品材料を多く生み出しています。

リニアボールベアリング型シリンダ  「SCシリーズ」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

藤倉ゴム工業株式会社

リニアボールベアリング型シリンダ  「SCシリーズ」 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 制御精度±0.01℃ 圧縮空気温度調節装置 ナノサーモACU
  • 研究開発でのお困り事・・・解決できます! AIKIパイロットマシンシリーズ 小型単軸押出機ALM-E20

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー