ポペットバルブ式クイックカップリング「IR-V シリーズ」
ポペットバルブ式クイックカップリング「IR-V シリーズ」 http://www.ipros.jp/public/product/image/b60/2000233862/IPROS3319973911766895551.jpg 【仕様】 ○サイズ: 1/4 ~ 1 [Inch] の5種類 ○流量: 12 ~ 100 [l/min] ○最高使用圧力: 30 ~ 20 [MPa] ○互換: ISO 7241-1 Series “A” (size 1/2 only) ○バルブシステム: ポペットバルブ ○機械的接続: ロッキングボール式 ○接続方法: スリーブを引き相手ハーフに押し込む ○脱方法: スリーブを引く ○圧がかかった状態での接続: 不可 ○圧がかかった状態での脱: 不可 ○選択可能ネジ: BSP, NPT ○特殊仕様: バルブなしフリーフロー型 ○構造材料: 炭素鋼 ○表面処理: 3価クロム化成処理亜鉛メッキ ○スプリング: C72 鋼 ○ボール: 硬鋼 100 C6 ○シール: 標準 NBR (ニトリル) ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 TOHTO株式会社 本社 機械部品 > 機械要素 > カップリング イタリア Stucchi社製
  • この製品を
  • Twitterボタン

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

基本情報ポペットバルブ式クイックカップリング「IR-V シリーズ」

【仕様】
○サイズ: 1/4 ~ 1 [Inch] の5種類
○流量: 12 ~ 100 [l/min]
○最高使用圧力: 30 ~ 20 [MPa]
○互換: ISO 7241-1 Series “A” (size 1/2 only)
○バルブシステム: ポペットバルブ
○機械的接続: ロッキングボール式
○接続方法: スリーブを引き相手ハーフに押し込む
○脱方法: スリーブを引く
○圧がかかった状態での接続: 不可
○圧がかかった状態での脱: 不可
○選択可能ネジ: BSP, NPT
○特殊仕様: バルブなしフリーフロー型
○構造材料: 炭素鋼
○表面処理: 3価クロム化成処理亜鉛メッキ
○スプリング: C72 鋼
○ボール: 硬鋼 100 C6
○シール: 標準 NBR (ニトリル)

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格

※お問い合わせ下さい。

価格帯

納期


※お問い合わせ下さい。

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

イタリア Stucchi社製

用途/実績例

【用途】
○農業機械
○産業機械

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

産業用機械、機械要素・部品、産業用電気機器、自動車・輸送機器、その他製造、倉庫・運輸関連業、水産・農林業、その他

カタログポペットバルブ式クイックカップリング「IR-V シリーズ」

  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
    “IR-V” はポペットバルブ式のクイックカップリングで“IR”ボールバルブシリーズと互換です。
    材質は炭素鋼で亜鉛メッキが施されています。
    ボール式に比較してよりシール性の高いポペット式を採用しています。
    サイズ1/2 は“BIR”シリーズの一部で、国際規格ISO7241-1シリーズ“A”と互換性があります。
    [PDF:2MB]

取扱会社ポペットバルブ式クイックカップリング「IR-V シリーズ」

TOHTO株式会社 本社

○油圧機器の輸入、製造、販売、技術支援、海外油圧技術情報入手 

ポペットバルブ式クイックカップリング「IR-V シリーズ」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

TOHTO株式会社 本社

ポペットバルブ式クイックカップリング「IR-V シリーズ」 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 省エネ&簡単メンテナンスの加湿システム 静電気発生を予防
  • レンタル計測器の総合カタログプレゼント 全416ページ 2000機種以上掲載

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー