TOHTO株式会社 斜軸式可変容量ピストンポンプ「H1V シリーズ」

斜軸式可変容量ピストンポンプ「H1V シリーズ」 http://www.ipros.jp/public/product/image/3aa/2000234086/IPROS1803075128492935674.png 【仕様】 ○容量: 55 ~ 225 [cc/rev] の5種類 ○連続定格最大圧力: 350 [bar] ○瞬間最大圧力: 450 [bar] ○最大流量: 143 ~ 338 [l/min] ○最大回転数: 2600 ~ 1500 [rpm] ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 TOHTO株式会社 本社 機械部品 > 機械要素 > 動力伝達機器 brevini fluid power group, SamHydraulik社製 油圧ピストンポンプ -
様々なポート向き、シャフト、制御が可能。設備・車輌方面で多く採用

“H1V” シリーズは、開回路用斜軸式可変容量ピストンポンプです。
球面弁板設計で精密加工と精巧な仕上げにより、定格圧力で350bar、ピーク圧力で450barまで使用できます。
このポンプは、研究室でのテストと市場でのテストにより、高い効率と長い寿命を実現しました。
ヘビーデューティー用ベアリングを採用し、高ラジアル / アキシャル荷重にも耐えられます。
様々なポート向き、シャフト、制御方法が可能であり、設備・車輌両方面で多く採用されています。
また、ISO規格・SAE規格のどちらも有ります。

【特徴】
○縦方向 又は、タンクより高い位置以外ならどの方向にも取り付けられる
○オプションとしてバイトン材のシールで提供可能(通常はニトリル系)
○シャフトにはラジアル・アキシャル両方の荷重に耐えられるようにベアリングが装備されている
○サイド・リアどちらのポートも選定可能

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

関連動画斜軸式可変容量ピストンポンプ「H1V シリーズ」

基本情報斜軸式可変容量ピストンポンプ「H1V シリーズ」

【仕様】
○容量: 55 ~ 225 [cc/rev] の5種類
○連続定格最大圧力: 350 [bar]
○瞬間最大圧力: 450 [bar]
○最大流量: 143 ~ 338 [l/min]
○最大回転数: 2600 ~ 1500 [rpm]

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格 -
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 brevini fluid power group, SamHydraulik社製 油圧ピストンポンプ
用途/実績例 【用途】
○設備
○車輌用

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

カタログ斜軸式可変容量ピストンポンプ「H1V シリーズ」

取扱企業斜軸式可変容量ピストンポンプ「H1V シリーズ」

logo.png

TOHTO株式会社 本社

○油圧機器の輸入、製造、販売、技術支援、海外油圧技術情報入手 

斜軸式可変容量ピストンポンプ「H1V シリーズ」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

TOHTO株式会社 本社