高精度サーボドライブ搭載『超音波金属接合機』
高精度サーボドライブ搭載『超音波金属接合機』 http://www.ipros.jp/public/product/image/71a/2000262886/IPROS2536580365676025816.png 【製品の用途】 ◎銅やアルミ電線導体と端子の接合 ◎パワーモジュール、DBC基板へのリード端子の接合 ◎二次電池・キャパシタ用のアルミ箔積層の電極接合 ◎非鉄金属の接合、など 【製品の主な仕様】 設定荷重範囲:100N~2000N 最大ストローク:100mm 超音波周波数(出力):20kHz(3000W)、35kHz(900W) 寸法:幅520mm、高さ620mm、奥行620mm 重量:150kg 電源:単相200V/230V ※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 ユーシー・ジャパン株式会社 製造・加工機械 > 加工機械 > その他加工機械

基本情報高精度サーボドライブ搭載『超音波金属接合機』

【製品の用途】
◎銅やアルミ電線導体と端子の接合
◎パワーモジュール、DBC基板へのリード端子の接合
◎二次電池・キャパシタ用のアルミ箔積層の電極接合
◎非鉄金属の接合、など

【製品の主な仕様】
設定荷重範囲:100N~2000N
最大ストローク:100mm
超音波周波数(出力):20kHz(3000W)、35kHz(900W)
寸法:幅520mm、高さ620mm、奥行620mm
重量:150kg
電源:単相200V/230V

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、試験・分析・測定、医療機器、その他製造、教育・研究機関、その他

カタログ高精度サーボドライブ搭載『超音波金属接合機』

  • 『超音波メタルウェルダー SDB-AGM20kHz型』はスイス製「超音波制御機能」と
    それを最大限に引き出す日本製「サーボプレス」を搭載した製品です。

    超音波接合中の母材変形や滑りを抑え、クラック・断線トラブルを改善。
    加工中にワーク変形などの急激な高さの変化が起きても
    サーボプレスが加圧力を一定に保ち、エネルギーを効率よくワークに伝達し
    再現性の高い超音波金属接合を実現します。

    【特長】
    ■独自の荷重追従機構を搭載。100N~2000Nの幅広い荷重制御に対応
    ■検出高さ1μmを実現
    ■様々な超音波発振モードと、接合判定モードが利用可能
    ■20kHzまたは35kHzの超音波発振器に対応
    ■自動機への搭載にも対応

    ※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
    [PDF:703KB]

取扱会社高精度サーボドライブ搭載『超音波金属接合機』

ユーシー・ジャパン株式会社

〈ユーシー事業部〉 超音波接合用、超音波振動子設計開発、及び販売 超音波接合用、超音波発振装置設計開発、及び販売 超音波ボンダー関連装置販売 半導体製造・検査装置販売 超音波金属接合機販売 〈クレスト事業部〉 超音波洗浄装置製造・販売 〈リンコ事業部〉 超音波プラスチック溶着機製造・販売 〈KLM事業部〉 プラスチック振動溶着機製造・販売 〈エアテック事業部〉

高精度サーボドライブ搭載『超音波金属接合機』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ユーシー・ジャパン株式会社

高精度サーボドライブ搭載『超音波金属接合機』 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全78,000品
  • 設計から出荷まで一括対応 製缶製品の製造・加工は蔦木にお任せ

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー