『YAGレーザー精密肉盛溶接』※溶接例あり!
『YAGレーザー精密肉盛溶接』※溶接例あり! http://www.ipros.jp/public/product/image/8bf/2000287388/IPROS7043004620399328203.png 【金型、部品、各種製品修理適応例】 ■打痕、カジリ、磨耗の修復 ■アルゴン溶接のピンホール、クラック、ヒケの修復 ■ダイカスト型の熔損部、クラック修復 ■コネクター等の微小ピン潰れ、磨耗、打痕、折損修復 ■刻印等の変更、修復 ■バリ止め、腐食、ガス焼けの修復 ■鋳物の金型(シェル型)、製品の肉盛補修  ほか ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社キャステム 製造・加工機械 > 加工機械 > 溶接機械
  • 【修復できなかった金型・加工部品が甦ります!】 超精密溶接が可能!YAGレーザー溶接
    株式会社キャステム
    『YAGレーザー精密肉盛溶接』は、強力な赤外線を放出するレーザーを
    用いる事で通常のアルゴン溶接では困難だった微細溶接を可能にします。

    溶接後のミガキ性、耐久性、硬度等は母材とほぼ同等。近接の形状に
    触れることなく溶接が可能です。

    今まで不可能であった再生、修正、補修などの加工を実現します。

    【特長】
    ■熱による変形、変色、酸化、ヒケ等がほとんどない
    ■母材に対する変形、ヒケ等がほとんどない
    ■超精密溶接が可能で後加工を大幅に短縮
    ■TIG溶接などでトーチの入らないところも溶接が可能
    ■非鉄金属の溶接も可能

    ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報『YAGレーザー精密肉盛溶接』※溶接例あり!

【金型、部品、各種製品修理適応例】
■打痕、カジリ、磨耗の修復
■アルゴン溶接のピンホール、クラック、ヒケの修復
■ダイカスト型の熔損部、クラック修復
■コネクター等の微小ピン潰れ、磨耗、打痕、折損修復
■刻印等の変更、修復
■バリ止め、腐食、ガス焼けの修復
■鋳物の金型(シェル型)、製品の肉盛補修  ほか

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

鉄/非鉄金属、製造・加工受託、その他製造、その他

カタログ『YAGレーザー精密肉盛溶接』※溶接例あり!

  • 『YAGレーザー精密肉盛溶接』は、強力な赤外線を放出するレーザーを
    用いる事で通常のアルゴン溶接では困難だった微細溶接を可能にします。

    溶接後のミガキ性、耐久性、硬度等は母材とほぼ同等。近接の形状に
    触れることなく溶接が可能です。

    今まで不可能であった再生、修正、補修などの加工を実現します。

    【特長】
    ■熱による変形、変色、酸化、ヒケ等がほとんどない
    ■母材に対する変形、ヒケ等がほとんどない
    ■超精密溶接が可能で後加工を大幅に短縮
    ■TIG溶接などでトーチの入らないところも溶接が可能
    ■非鉄金属の溶接も可能

    ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

取扱会社『YAGレーザー精密肉盛溶接』※溶接例あり!

【事業内容】 ●YAGレーザー精密溶接(金型の補修、肉盛溶接、精密加工) ●金型用亜鉛合金ZAPREC販売 ●金属加工全般 ●技術アドバイザー(富山エキスパートバンク相談員) 【技術】 ●高度溶接技術:同業他社に稀有な技能 ●金属学的アプローチ:異種金属接合 → アルミと鉄 チタンと鉄 その他  ・軽量化 ・耐食性 今までにない革新的な設計が可能になりました ●亜鉛合金の精密鋳造

『YAGレーザー精密肉盛溶接』※溶接例あり!へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社キャステム


  • 錆びないベアリングがこの価格!?ミスミ プラストロベアリング
  • Wi-SUN対応 無線モジュール

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー