テクノマーク自動刻印機 ハンドヘルドモデルミニ
テクノマーク自動刻印機 ハンドヘルドモデルミニ http://www.ipros.jp/public/product/image/ec2/2000351190/IPROS865962303648070429.jpg 鋼材(焼戻し含む)、炭素鋼、合金鋼、ステンレス、アルミニウム、ニッケル合金、真鍮、銅、プラスチック材、木材、ガラス等の素材を問わず高品質な刻印をお約束します。ソフト・ハードとも設計から製造まですべて自社にて一貫設計製作。この強みを活かし、テクノマークは更なるニーズにお応えすべく邁進し続けます。 ※詳しくはカタログをダウンロードしてご覧ください。 株式会社出石 製造・加工機械 > マーキング > 刻印機 電動刻印機テクノマーク MULTI4 ハンドヘルドモデル  -
  • 超軽量!2.3kgの電磁式ハンディドット刻印機。新世代ウルトラ・コンパクトヘッド《あらゆる方向へ刻印可能》
    株式会社出石
    テクノマーク社製自動刻印機『ハンドヘルドモデル ミニ』は、従来機種から大幅な《5kg⇒2.3kg》の軽量化を実現。

    それでいて60×30mmの本格的な刻印範囲、電磁式マーキングによる高品質な刻印など、マーキング性能は心配なし。
    ヘッドの小型化により、今まで届かなかった場所にも刻印可能です。


    【特長】
    ・刻印範囲:60×30(mm)
    ・iiC機能搭載:凹凸面、R面への刻印も実現
    ・刻印強さ:6段階 浅彫りから深彫りまで対応
    ・エアー不要:100V電源のみで動作可能
    ・パソコン不要:高解像ドLCDカラー(640×480px)の画面搭載の使いやすいコントロールボックス
    ・先端超硬スタイラス角度:90°(60°または120°に変更可能)
    ・オプションバッテリー:電源のない環境下でご使用の場合にAC電源なしで刻印可能

    ※詳しくはカタログをダウンロードしてご覧ください。
  • 電動刻印機のテクノマーク MULTI4の製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

基本情報テクノマーク自動刻印機 ハンドヘルドモデルミニ

鋼材(焼戻し含む)、炭素鋼、合金鋼、ステンレス、アルミニウム、ニッケル合金、真鍮、銅、プラスチック材、木材、ガラス等の素材を問わず高品質な刻印をお約束します。ソフト・ハードとも設計から製造まですべて自社にて一貫設計製作。この強みを活かし、テクノマークは更なるニーズにお応えすべく邁進し続けます。

※詳しくはカタログをダウンロードしてご覧ください。

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

電動刻印機テクノマーク MULTI4 ハンドヘルドモデル 

用途/実績例

※詳細は「テクノマーク自動刻印機専用ホームページ」よりご確認下さい。

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、IT・情報通信、医薬品・バイオ、製造・加工受託、その他

カタログテクノマーク自動刻印機 ハンドヘルドモデルミニ

取扱会社テクノマーク自動刻印機 ハンドヘルドモデルミニ

株式会社出石

工作機械、産業機器、工具、産業用パーツ、家庭用電化製品及び情報機器の販売、また当社オリジナルZTEC商品の販売

テクノマーク自動刻印機 ハンドヘルドモデルミニへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社出石

テクノマーク自動刻印機 ハンドヘルドモデルミニ が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 遅延わずか3ms 赤外線ワイヤレスマイクの代替に!業務用カラオケマイクシステム 5GHzデジタルコードレスマイクロホン
  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全78,000品

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー