有限会社OKエンジニアリング 工作機械の切削をファインバブルで改善!※事例集 進呈

工作機械の切削をファインバブルで改善!※事例集 進呈 http://www.ipros.jp/public/product/image/1a6/2000408956/IPROS3647013455679925804.jpg 【マイクロバブル発生装置「OKノズル」使用の効果について】 ■切削性、研削性の向上 ■クーラントタンクの清掃浄化 ■アルミ切削時の構成刃先剥離 ■潤滑油と切削油の分離 ■切削液浄化、腐敗防止 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい 有限会社OKエンジニアリング 機械部品 > 機械要素 > ノズル
マイクロバブル発生装置「OKノズル」を設置するだけで加工時間の削減、クーラント液の洗浄・腐敗防止した事例あり!

ファインバブルとはマイクロバブルとウルトラファインバブル(ナノバブル)の総称です。
ウルトラファインバブル(UFB)とはナノバブル(NB)のことです。
※2017年6月ISO TC281で定義されました。

弊社の「OKノズル」は【4億8000万個/mL】とウルトラファインバブル発生効率が非常に高い、ウルトラファインバブル発生装置です。
ファインバブルの効果はさまざまで、切削・研削の場面でも効果を発揮します。

【マイクロバブル発生装置「OKノズル」使用の効果について】
■切削性、研削性の向上
■クーラントタンクの清掃浄化
■アルミ切削時の構成刃先剥離
■潤滑油と切削油の分離
■切削液浄化、腐敗防止

当資料では、工作機械の切削に「OKノズル」を使用した事例について
詳しく掲載しています。
切込量が4μm⇒7μmにアップし、加工時間を短縮出来た事例や
水溶性クーラントタンク内面に発生するバイオフィルム等の発生を抑制した事例を掲載しております。

※詳しくはOKエンジニアリングにお問い合わせ下さい。
 また、資料をご希望の方はPDF資料をご覧くださいませ。

基本情報工作機械の切削をファインバブルで改善!※事例集 進呈

【マイクロバブル発生装置「OKノズル」使用の効果について】
■切削性、研削性の向上
■クーラントタンクの清掃浄化
■アルミ切削時の構成刃先剥離
■潤滑油と切削油の分離
■切削液浄化、腐敗防止

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせ下さい。
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ工作機械の切削をファインバブルで改善!※事例集 進呈

取扱企業工作機械の切削をファインバブルで改善!※事例集 進呈

img_047.jpg

有限会社OKエンジニアリング

<マイクロバブル発生ノズル、装置の研究・開発>  新型ループ流式マイクロバブル発生ノズルを開発。  このノズルはシャワーホースに取り付け可能で●浴槽 に入れるとマイクロバブルバスに●浴槽の中でエアーを 自吸させると簡易ジャグジーに●マイクロバブルシャワ ーに●エアーを自吸させるとバブルシャワーとなり脈動 で強弱がある。家庭用から工業用と広く応用可能。  今回開発したノズルは、既存のマイクロバブル発生メカニズムと異なります。「新型ノズル」は、名づけて複合的多段階乱流方式=ループ流方式です。既存のノズルと比較して、機能性、シンプルさ、価格を総合的に判断すると高い評価を得るものと思います。  新型ノズルは真空度が高いのが特徴です。50個ほど試作した中で一番真空度の高いノズルは−0.087Mpaもあり、87%の真空度になります。この時の流入水圧は0.3Mpaでした。  新型ノズルから水道水を噴射すると「ほんのり薄い白い濁り」に見えます。水よりお湯のほうが白く濁ります。これで十分マイクロバブルは発生しています。  詳しくはホームページをご覧ください。

工作機械の切削をファインバブルで改善!※事例集 進呈へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

有限会社OKエンジニアリング

工作機械の切削をファインバブルで改善!※事例集 進呈 が登録されているカテゴリ