粉体搬送装置 ツインベアー
粉体搬送装置 ツインベアー http://www.ipros.jp/data/products/tmp/033730/009/img/twinbear.jpg ■連続吸引式ですから、吸引ノズルから粉体が落下しません。 ■連統吸引式ですから、搬送装置排出時の粉体落下による閉塞が起きません。 ■連続吸引式で高真空維持方式の為、 搬送能力が大幅に改善しました。 【 柱状搬送、 高濃度プラグ搬送 】 ■独自の逆洗機構理論によりバグフィルター、搬送装置内に粉体が残りません。 ■吸引式ですから粉体の飛散の危険性が他方式に比較してありません。 ■粉体排出は大気圧開放になりますので、下流側の装置に影響を与えません。 ■吸引式ですので吸引側はノズル等の簡便な装置が使用できます。 ■吸引式の為、搬送配内で粉体が他方式に比較して閉塞しません。 ■真空源にブロア、エゼクターを用意、必要真空度、エネルギー ロス【ISO14000】等の諸条件にも対応しました。 ★医薬品仕様製作可能 株式会社ワイ・エム・エス 本社営業部 製造・加工機械 > 搬送機械 > その他搬送機械 粉体搬送装置 ツインベアー -
  • 粉体搬送装置 ツインベアー
    株式会社ワイ・エム・エス
    ■連続吸引式ですから、吸引ノズルから粉体が落下しません。
    ■連統吸引式ですから、搬送装置排出時の粉体落下による閉塞が起きません。
    ■連続吸引式で高真空維持方式の為、 搬送能力が大幅に改善しました。
    【 柱状搬送、 高濃度プラグ搬送 】
    ■独自の逆洗機構理論によりバグフィルター、搬送装置内に粉体が残りません。
    ■吸引式ですから粉体の飛散の危険性が他方式に比較してありません。
    ■粉体排出は大気圧開放になりますので、下流側の装置に影響を与えません。
    ■吸引式ですので吸引側はノズル等の簡便な装置が使用できます。
    ■吸引式の為、搬送配内で粉体が他方式に比較して閉塞しません。
    ■真空源にブロア、エゼクターを用意、必要真空度、エネルギー ロス【ISO14000】等の諸条件にも対応しました。

    ★医薬品仕様製作可能
  • 粉体搬送装置 ツインベアーの製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報粉体搬送装置 ツインベアー

■連続吸引式ですから、吸引ノズルから粉体が落下しません。
■連統吸引式ですから、搬送装置排出時の粉体落下による閉塞が起きません。
■連続吸引式で高真空維持方式の為、 搬送能力が大幅に改善しました。
【 柱状搬送、 高濃度プラグ搬送 】
■独自の逆洗機構理論によりバグフィルター、搬送装置内に粉体が残りません。
■吸引式ですから粉体の飛散の危険性が他方式に比較してありません。
■粉体排出は大気圧開放になりますので、下流側の装置に影響を与えません。
■吸引式ですので吸引側はノズル等の簡便な装置が使用できます。
■吸引式の為、搬送配内で粉体が他方式に比較して閉塞しません。
■真空源にブロア、エゼクターを用意、必要真空度、エネルギー ロス【ISO14000】等の諸条件にも対応しました。

★医薬品仕様製作可能

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

粉体搬送装置 ツインベアー

用途/実績例

よく使用される業種

化学、医薬品・バイオ

取扱会社粉体搬送装置 ツインベアー

株式会社ワイ・エム・エス 本社営業部

粉体貯留装置(ホッパー)、粉体搬送装置(空気輸送機)、定量切出装置(スクリュウ式、振動式、ロータリバルブ式)、計量装置(加算式、減算式、ロスインウエイト式)、集塵装置(湿式、乾式)他粉体プラント製造販売。特殊定量充填装置、特殊洗浄装置の製造販売。

粉体搬送装置 ツインベアーへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ワイ・エム・エス 本社営業部


  • ロームセンサ評価キットシリーズに脳波センサモジュール「BH1790GLC」が新登場!
  • 金属ワッシャー大増量!スペーサー・ピンヘッダーなどの機構部品全60,000アイテム収録!総合カタログ最新版進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー