株式会社IDAJ ロゴ株式会社IDAJ

最終更新日:2012-04-05 17:33:13.0

  • 技術資料・事例集
  •  

【解決策はコチラ!】リフロー工程での”基板の反り”、予測できていますか?

基本情報【解決策はコチラ!】リフロー工程での”基板の反り”、予測できていますか?

FloTHERM-Abaqus連携による”基板の反り”解析ソリューション!

FloTHERMとAbaqusを使ったソリューションのご紹介です。その他資料とあわせてご覧下さい!

電子機器専用熱設計支援ツール FloTHERM

電子機器専用熱設計支援ツール FloTHERM 製品画像

FloTHERMは、直感的なモデル作成機能を備えた電子機器《専用》の熱設計支援ツールです。
電子機器特有の形状テンプレートが多数登録されており、これらのテンプレートを、
マウスを用いて組み合わせることで、簡単に熱流体解析モデルを作成することができます。

また、多くの部品メーカー様が自社製品のFloTHERMモデルを提供しているのも魅力です。

しかも、無料体験セミナーを実施。
横浜、名古屋、神戸、さらにはオンラインからもセミナーを受講でき、
初心者の方でもお気軽にお使いいただけるよう、サポートしております。

FloTHERMの詳細は、「カタログをダウンロード」から、
さらに詳しくご覧になりたい方は、「ホームページへ」をご利用ください。 (詳細を見る

熱設計プロセスナビゲータ Thermocalc

熱設計プロセスナビゲータ Thermocalc 製品画像

Thermocalcは、電子機器設計フローのごく初期段階に利用いただき、具体設計前に機器や実装部品の温度予測、熱的に危険な部品の発見、さらに熱対策方法の検討を行うための熱設計プロセスナビゲータです。熱流体解析による検証より前にご利用いただくことで、その後の熱設計を効率的に進めることができます。
Thermocalcは、形状をモデリング化して大規模な数値解析を行うのではなく、伝熱基礎式をベースとした専用熱計算式による熱計算をおこないます。筐体や部品の外形寸法、形状、消費電力などのマニュアル入力はもちろん、設計対象ごとにチューニングされた37種類の熱計算シート、ファンや材料物性など約280種にも及ぶ豊富なライブラリを備えておりますので、導入後すぐに熱設計に活用していただけます。
また、電子部品データベースの取り込み、回路図CADからの部品表のインポート、さらに電子機器専用熱設計支援ツールFloTHERMおよび、回路・基板設計者向け熱設計支援ツールFloTHERM PCBへのデータ出力が可能であるなど、本格的な熱流体解析ツールとの親和性も非常に高いツールです。 (詳細を見る

回路・基板設計者向け熱設計支援ツール FloTHERM PCB

回路・基板設計者向け熱設計支援ツール FloTHERM PCB 製品画像

FloTHERM PCBは、回路・基板設計者が基板上の部品配置検討のために使用することを目的とした、“簡易版”FloTHERMです。
簡単な操作で、基板の構造や部品のレイアウトを変更した影響を、短時間で検討することができます。初期のフロアプランに熱設計の考えを取り込むことで、回路・基板設計の品質向上に貢献します。 (詳細を見る

半導体パッケージ部品データ作成Webツール

半導体パッケージ部品データ作成Webツール 製品画像

FloTHERM PACKは、半導体パッケージの熱解析モデルを数分のうちに作成し提供する、ユニークなWeb上のオブジェクト作成ツールです。

FloTHERM PACKを使った半導体パッケージ作成の流れは、
1.FloTHERM PACK のウェブサイトへウェブブラウザを用いてログインする
2.作成したい半導体パッケージのタイプをテンプレートから選択する
3.半導体パッケージのスペックを決めるデータ(各部のサイズ、材質、ボールまたはピンの数、発熱量など)を入力・編集する
と、非常に簡単です。これらユーザーが入力したパラメータをもとに、半導体パッケージモデルデータが自動作成されますので、あとはダウンロードしてFloTHERMやFloTHERM PCBに読み込み、解析を実行するだけです。しかも、各パッケージのテンプレートには、あらかじめJEDEC標準値が入力されていますので、「半導体パッケージの内部構造が分からない」という方も、値が分かる箇所を変更するだけで、高精度な解析を可能にする半導体パッケージモデルを作成することができます。 (詳細を見る

FloTHERM・FloTHERM PCB解析結果可視化ツール

FloTHERM・FloTHERM PCB解析結果可視化ツール 製品画像

●熱解析の委託先がFloTHERMやFloTHERM PCBを使って
いるということはありませんか?
FloVIZを使えば、FloTHERMやFloTHERM PCBのライセンスがなくても解析結果を確認でき、また、自由に視点を変えて立体的に確認することもできます。

●熱解析の結果をスクリーンショットだけでなくあらゆる角度で
見てもらいたい、ということはありませんか?
FloVIZを、解析結果の3次元ビューアとしてぜひお客様にご紹介下さい。
 (詳細を見る

技術サポート/教育

技術サポート/教育 製品画像

当社では、CAEツールの提供のみにとどまらず、技術サポート/教育、技術
コンサルティングやシステム開発を通して、お客様が抱えている課題や悩みを
総合的に解決していくトータルなソリューションをご提供しています。

『技術サポート/教育』では、ツールの使用方法といった基本的な問題の
解決はもちろん、解析トラブルの対処、新規技術の立ち上げ、さらにはCAE
スキルアップのための教育プログラムまで、あらゆる場面でお客様を的確に
サポートしています。

社内に常時サポートエンジニアを配置し、電話・Eメールによりお問い合わせをお
受けいたします。

【特長】
■お客様のニーズに総合的に応えるサポート体制
■経験・ノウハウ・スキルの豊富なエンジニアによる技術サポート
■お客様の解析技術のスムーズな立ち上げをフォローする独自のプロセス
■CAEスキルの向上をサポートする「IDAJ数値解析アカデミー」

※詳しくはPDFをダウンロード頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
 (詳細を見る

受託解析/コンサルティング

受託解析/コンサルティング 製品画像

『受託解析/コンサルティング』を柱の一つとして事業展開している当社
では、熱流体解析を中心に培った豊富な解析実績をベースに、国内最高
レベルの受託解析サービスをご提供しています。

サービスプランは一般的な受託解析にとどまらず、複雑な物理現象を
モデル化する数値モデル開発、お客様の業務改善をCAEの立場からサポート
するコンサルティングと多彩。

流体分野に加え、構造や音の問題などの複数の物理現象の連成解析や、
解析自動実行システムのようなCAEに関するシステム開発、さらに近年
ますます盛んに行われるようになった最適化問題への対応などにも適用。
優れた技術力と独自サービスで、あらゆる側面からバックアップしていきます。

【特長】
■豊富な実績と圧倒的なハードウェア環境
■経験豊かな解析担当者が総合的にサポート
■ニーズに合わせて選択できる多彩なサービスプラン
■あらゆる分野に対応した幅広いソフトウェア・ツール群
■外部パートナーとの緊密な連携

※詳しくはPDFをダウンロード頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

構造解析といえばAbaqus。接触、き裂の進展を高精度に予測。

構造解析といえばAbaqus。接触、き裂の進展を高精度に予測。 製品画像

非線形構造解析では、材料・幾何学・境界条件の三つの非線形性がキーとなります。近年の設計現場では、複雑な材料モデルを使用したアセンブリ部品での接触を考慮した製品設計を余儀なくされています。Abaqusは、古典的な金属材料の構成則はもちろんのこと、速度依存による破壊モデルやゴム・樹脂などの高分子材料のモデル化を的確に行えます。また、革新的なサーフェス/サーフェスの接触の定式化は、他の構造解析ツールに比べて、よりロバストな収束性と高い解析精度を実現します。一般接触機能では、ユーザーによる設定がほとんど必要ないため、自動車、航空機、家電製品、携帯電子機器などで見られる複雑なアセンブリで接触を定義する時間を大幅に短縮します。 (詳細を見る

IDAJ数値解析アカデミー「理論講座」(無料)

IDAJ数値解析アカデミー「理論講座」(無料) 製品画像

熱流体解析、構造解析、最適化における基礎的な理論についてご説明する講座です。
各分野の初学者の方から、業務でオペレーションはこなしているが理論的な側面から学びなおしたい、新しいテーマに挑戦したい方まで、幅広く受講いただけます。 (詳細を見る

IDAJ数値解析アカデミー「実践講座」(無料)

IDAJ数値解析アカデミー「実践講座」(無料) 製品画像

エントリーセミナーでは、「流体解析とは?」「電子機器における熱設計とは?」など、初めて流体解析に携わる方、これからCAEやCFDについての情報収集をされる方を対象として、実践に向けての全体的なイメージを理解していただくことを目的とし、簡単な基礎理論、単語の解説から実際の作業手順までをご紹介します。
体験セミナーは実際にマシンを使用し、各種ソフトウェアの基本的な操作体験と製品紹介を目的としています。エントリーセミナーや理論講座にて各分野の基礎的な内容を理解いただき、その次のステップとして実際にソフトウェアの操作を体験していただくことによって、ソフトウェアご導入の参考にしていただくことができます。 Solution Seminarはバージョンアップ機能や適用事例など、業務やご研究において数値解析や、各種ソフトウェアを利用されている方を対象に、それらのアドバンス的なトピックスをご紹介します。 (詳細を見る

IDAJ数値解析アカデミー「トレーニング講座」

IDAJ数値解析アカデミー「トレーニング講座」 製品画像

■定期講習会
IDAJ製品の基本的な使用方法など、実習を通した講習会を実施しています。
入門~応用まで、各種レベルに応じたコースを設定しておりますので、初めてお使いになる方から熟練者のスキルアップに、様々な目的でご参加いただけます。
■個別トレーニングトレーニング
内容について事前のお打ち合わせを経て、お客様のニーズに沿ったトレーニングをご提供します。
■熱設計教育コース
エレクトロニクス製品の開発環境は厳しさを増し、熱に起因するリコールや出荷遅れが急増しています。単なるツールや仕組みの導入、単発的なトレーニングだけでは本質的な解決が難しく、設計者の育成とスキルアップ、設計プロセスの整備/標準化、ツール活用の仕組み作りを同時かつ体系的に実施し、これらを維持できるシステムを構築するためには、まず技術力(設計スキル)の底上げから始め、“人=設計者”を核に確固たる仕組を構築することが最も重要です。
そこで、熱問題の本質的な解決のため、研修を起点とした仕組みと体制作りをご提案します。  (詳細を見る

取扱会社 【解決策はコチラ!】リフロー工程での”基板の反り”、予測できていますか?

株式会社IDAJ

IDAJのビジネスは、デジタル・エンジニアリングの理想実現のために、CAEを製品設計プロセスの中にシームレスに組み込むためのソリューションを提供することにあります。したがって事業領域は、中心となるCAEそのものと、CADとCAEの橋渡しをする領域、および設計者展開のための領域が対象となります。また、それぞれの領域に関して、以下のようなコンセプトを持ってビジネスを展開しています。 ■CAE領域 お客様が抱えるさまざまな課題解決に、最適なプロダクト群とコンサルティング技術のインテグレートでお応えします。 ■CADとCAEの橋渡しをする領域 解析実施にあたって、設計データから計算実行・結果処理までのプロセスを検証し、プロセスを効率化するための最適なプロダクト群とその利用方法をご提案します。 ■設計者展開のための領域 工数が短縮される最適なプロセス設計、精度の良い計算手法・ノウハウをシステムに組み込み、CAEの専門家でなくても設計業務にCAEをツールとして活用できるようにシステム構築・開発をサポートします。

【解決策はコチラ!】リフロー工程での”基板の反り”、予測できていますか?へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社IDAJ

【解決策はコチラ!】リフロー工程での”基板の反り”、予測できていますか? が登録されているカテゴリ

開く


キーマンインタビュー