マニーホールドを例にした新たな接合方法の提案
マニーホールドを例にした新たな接合方法の提案 http://www.ipros.jp/public/product/image/6cf/2000242278/IPROS6500234885849649641.jpg 【接合品構造による提案と特徴(接合品での製作可能形状例)】 ○流路が複数ある構造 ⇒1体型(機械加工+溶接) →部品加工費:△(加工が複雑) →溶接・接合費:○(TIG溶接) →コストダウン効果:△(加工工数が減らしにくい) →実現性:構造が複雑になった場合、機械加工のみでは実現不可 ○流路が複数ある構造 ⇒分割型(機械加工+接合) →部品加工費:○(加工が容易) →溶接・接合費:△(ろう接・バッチ処理) →コストダウン効果:○(ロット大の場合に効果大) →実現性:複雑な構造にも対応可能 ○流路が曲線構造 ⇒分割型(機械加工+接合) →部品加工費:○(加工が容易) →溶接・接合費:△(ろう接・バッチ処理) →コストダウン効果:○(ロット大の場合に効果大) →実現性:1体型では実現不可 【接合品での製作メリット】 ○横穴+封止栓のムダな加工が不要 ○切削方向が一方向なので加工が容易 ○複雑な構造や曲線構造等が設計可能 ○積層による立体流路が可能となることで、全体寸法のダウンサイジングも可能 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 ニッコーシ株式会社 機械部品 > 機械要素 > その他機械要素
  • 気密性が高く複雑な構造の同時接合可能に!設計の幅が広げ、コストダウンを実現します。
    ニッコーシ株式会社
    『接合(ろう付け)』は、同種および異種金属の接合が可能な技術で、金属母材の間にその金属よりも低い融点を持つ金属を挟み、原子同士の拡散により接合を行ないます。
    母材の融点より低い温度で接合しますので、熱影響が少なくなります。
    また、気密性の良い複雑な構造が同時接合可能です。

    【マニーホールド 製作方法による特徴】
    ○加工段取り
    →1体型(現状):切削方向が2面以上(縦、横など)
    →分離型(接合):切削方向が一方向なので加工が容易
    ○切削量
    →1体型(現状):必ず側面からの加工が必要でデッドスペースができる
    →分離型(接合):必要な流路のみの加工で製作が可能
    ○流路形状
    →1体型(現状):直線的な形状になってしまう
    →分離型(接合):流路位置、形状が自由に設計できる

    詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報マニーホールドを例にした新たな接合方法の提案

【接合品構造による提案と特徴(接合品での製作可能形状例)】
○流路が複数ある構造
⇒1体型(機械加工+溶接)
→部品加工費:△(加工が複雑)
→溶接・接合費:○(TIG溶接)
→コストダウン効果:△(加工工数が減らしにくい)
→実現性:構造が複雑になった場合、機械加工のみでは実現不可
○流路が複数ある構造
⇒分割型(機械加工+接合)
→部品加工費:○(加工が容易)
→溶接・接合費:△(ろう接・バッチ処理)
→コストダウン効果:○(ロット大の場合に効果大)
→実現性:複雑な構造にも対応可能
○流路が曲線構造
⇒分割型(機械加工+接合)
→部品加工費:○(加工が容易)
→溶接・接合費:△(ろう接・バッチ処理)
→コストダウン効果:○(ロット大の場合に効果大)
→実現性:1体型では実現不可

【接合品での製作メリット】
○横穴+封止栓のムダな加工が不要
○切削方向が一方向なので加工が容易
○複雑な構造や曲線構造等が設計可能
○積層による立体流路が可能となることで、全体寸法のダウンサイジングも可能

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格

※お問い合わせください

価格帯

納期


※お問い合わせください

発売日

取扱い中

用途/実績例

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、IT・情報通信、製造・加工受託、その他製造、その他

カタログマニーホールドを例にした新たな接合方法の提案

  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください。】
    『接合(ろう付け)』は、同種および異種金属の接合が可能な技術で、金属母材の間にその金属よりも低い融点を持つ金属を挟み、原子同士の拡散により接合を行ないます。
    母材の融点より低い温度で接合しますので、熱影響が少なくなります。
    また、気密性の良い複雑な構造が同時接合可能です。

    【マニーホールド 製作方法による特徴】
    ○加工段取り
    →1体型(現状):切削方向が2面以上(縦、横など)
    →分離型(接合):切削方向が一方向なので加工が容易
    ○切削量
    →1体型(現状):必ず側面からの加工が必要でデッドスペースができる
    →分離型(接合):必要な流路のみの加工で製作が可能
    ○流路形状
    →1体型(現状):直線的な形状になってしまう
    →分離型(接合):流路位置、形状が自由に設計できる
    [PDF:290KB]

取扱会社マニーホールドを例にした新たな接合方法の提案

ニッコーシ株式会社

紙幣識別用の高性能なMRセンサー(磁気センサー)のほか、高品質アノダイズ加工技術、クリーン研磨加工技術、精密真空ろう接、砥粒仕上加工技術、 精密機械加工、精密プレス加工などの加工も行っています。

マニーホールドを例にした新たな接合方法の提案へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ニッコーシ株式会社


  • Change&Challenge with SPEEDIO メカトロテックジャパン2017
  • レンタル計測器の総合カタログプレゼント 全416ページ 2000機種以上掲載

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー