株式会社21世紀ものづくり日本 主軸ブレ抑制 転がり抵抗相殺 特許技術「レジスタンスオフセット」

主軸ブレ抑制 転がり抵抗相殺 特許技術「レジスタンスオフセット」 http://www.ipros.jp/public/product/image/67f/2000415664/IPROS12453087337449751377.JPG 詳細はカタログ資料ダウンロード 株式会社21世紀ものづくり日本 ISDI今岡システムダイナミックス研究所 製造・加工機械 > 加工機械 > 樹脂加工機
機械加工精度最大17%向上、回転エネルギーロス削減で省エネ効果最大30%改善の可能性をもつ特許技術【実証実験と理論化】

三菱自動車の燃費試験偽装問題は転がり抵抗(回転抵抗)による燃費ロス実験でした。転がり抵抗振動によるエネルギーロスは20%~30%と言われています。

回転中心と重心が離れる偏心(アンバランス)を調整するバランサーは偏心遠心力を相殺しますが回転抵抗には効果ありません。

主たる回転抵抗は円周方向の振動を起こします。研磨盤での実証実験で回転周方向のねじり振動が98%削減されました。

又ボール盤の実証実験で回転抵抗力による振動の大きさと使用電力の相関では約20%の感度が得られました。

従来の機械振動論では説明できない現象を力学的考察と実験で理論化し特許取得しました。

=只今、特許ライセンシー、試作開発共同開発パートナー募集中!=

【特徴】
■センサー、コントロール装置不要のシンプルな構造
■動きに抵抗する自然の慣性力の活用
■回転軸振動の元である偏心遠心力と回転抵抗力を相殺
■偏心遠心力のみを抑制するバランサーを補完
■回転抵抗(転がり抵抗)を相殺しねじり振動抑制

基本情報主軸ブレ抑制 転がり抵抗相殺 特許技術「レジスタンスオフセット」

詳細はカタログ資料ダウンロード

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 詳しくはお問い合わせください

詳細情報主軸ブレ抑制 転がり抵抗相殺 特許技術「レジスタンスオフセット」

振動力学モデル
力と振動の関係を図解

シミュレーション
質量m、剛性k、粘性c、抵抗力fによる振動の大きさを比較

慣性力衝突
抵抗力受けた時の慣性体の動き

特許
構造、原理、実験結果で特許取得

カタログ主軸ブレ抑制 転がり抵抗相殺 特許技術「レジスタンスオフセット」

取扱企業主軸ブレ抑制 転がり抵抗相殺 特許技術「レジスタンスオフセット」

201502.jpg

株式会社21世紀ものづくり日本 ISDI今岡システムダイナミックス研究所

■ISDIスクール(MOT) 一般的な細分化した専門分野別に異なる講師が他との科目との関連性なしで講義するのと異なり、課題毎に道具の使い方を学べる実践的なスクールです。出前講義も行いますので気軽にお問合せ下さい ・SCMものづくり利益体質改善:在庫削減と欠品防止の両立 ・回転軸力学と回転軸ブレ抑制(特許):機械加工精度向上、動力費削減 ・イノベーションマネジメント(クレステンセン他):専門技術志向ではなく課題解決のイノベーション原理を内外の事例から抽出 ・主体性あるひとづくり教育(ドラッカー):人と人の繋がりの人間学のマーケテイング ■コンサルティング ・自社のポジショニング、イッシューアナリシス(課題分析) ・収益構造分析、在庫分析などオペレーション分析 ・在庫削減と機会損失防止を両立させるオペレーションシステム設計(データモデル) ・負荷運転でも限りなくアイドリング運転と同じ軸ブレに抑える特許技術による動力エネルギー省エネ、機械加工精度向上可能! ■講演(上記テーマ) ■教材の販売(ISDIスクール) ■回転軸ブレ抑制特許技術のライセンスと共同製品開発

主軸ブレ抑制 転がり抵抗相殺 特許技術「レジスタンスオフセット」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社21世紀ものづくり日本 ISDI今岡システムダイナミックス研究所

主軸ブレ抑制 転がり抵抗相殺 特許技術「レジスタンスオフセット」 が登録されているカテゴリ