• 液体や気体の漏れを防止するボルト!シールシリーズ総合カタログ 製品画像

    PR液・空気漏れでお困りの方必見!水・油・空気を遮断するボルト【シールシリ…

    シールシリーズは、これ一本で漏れ防止機能があり、耐油性、耐熱性、耐候性に優れています。 シールドと一体の為、作業性に優れており、機能性も良く狭所での使用が可能です。 「パッキンをはめているけれど、ボルトにぴったりなサイズを手配するのが大変…」 「締付け時にコーティングするけど、適したなコート剤を探して、塗って、乾かす手間がかかる」 「とにかく漏れを防ぎたい」 そんなお悩みをお持ち...(つづきを見る

  • 精密型用鋼『DUROシリーズ』冷間金型用/温熱間金型用 製品画像

    PR金型寿命向上&安定によりコストダウンに貢献!

    特殊溶解設備を使用した精密型用鋼 『DUROシリーズ』は、 ハイス、マトリックスハイス、熱間ダイス鋼を含んだ金型用鋼で、全8鋼種をラインアップしています。 特殊溶解設備(VIM, ESR)を使用し、内部組織のコントロールと非金属介在物を低減した、高性能・高品質の工具鋼です。 ※一般的な金型材SKH51・SKH40・SKD11・SKD61よりも高耐久 当カタログでは、冷間打抜パンチ用...(つづきを見る

  • 製品カタログ 研磨工程用WAX 製品画像カタログあり

    仮止め接着剤をはじめ、保護膜やヤケ、キズ防止剤などを掲載!

    当カタログは、各種研磨工程用WAX・接着剤・研磨剤・保護剤などを 取り扱っている九重電気株式会社の製品を掲載したカタログです。 レンズ、リセス皿用仮止め接着剤をはじめ、精密研磨時の仮止め接着剤 「YELLOWWAX」やヤケ、キズ防止用保護膜「SPRAY PITCH」 「CENOFLEX」などを掲載しております。 【掲載製品】 ■RECESSWAX ■SLOTWAX ■YEL...(つづきを見る

  • 焼結ダイヤモンドの研削 加工事例 製品画像

    PCDの高速高圧研磨を実現!高速高圧研削加工

    今後の市場拡大が予想されるSiC(シリコンカーバイド)、 GaN(ガリウムナイトラ)、PCD(焼結ダイヤモンド)などの基板は 硬く脆い性質を持った研磨加工の難しい素材です。 その中でも、特に加工の困難な焼結ダイヤモンドの 研磨を実現した加工事例をご紹介いたします。 【研磨結果】 ■表面粗さ<3nm ■加工時間4時間(従来の方法での加工時間10時間) ■高速高圧研磨装置『E...(つづきを見る

  • 超仕上げ用研磨剤【アルミナ・コロイダルシリカ研磨剤】 製品画像カタログあり

    研磨面に残った小さなキズや歪を取り除き、試料の詳細情報を明確に現出可能…

    アルミナ研磨剤は、ユーザー様のニーズを考えパウダータイプと 液体タイプのサスペンションタイプを用意。 コロイダルシリカは通常のタイプの他に非結晶化タイプの2種類を用意。 【特徴】 ◆アルミナ研磨剤 金属材料から電子部品まで幅広い材料の超仕上げ研磨が可能です。 材料に合わせて1μから、0.8μ、0.3μ、0.04μまで粒径が選択可能です。 ◆コロイダルシリカ コロイダルシリカはケミカ...(つづきを見る

  • ダイヤモンドジェル 【工具磨きや大きなワークの研磨用】 製品画像カタログあり

    ペーストより柔らかく、スラリーより硬い粘度で調合!工具磨きや大きなワー…

    大き目のワークに対してハンドポリッシュされる場合など、ペーストではワーク全体に薄く延ばすことが出来ず、一般的なスラリーでは粘度が低すぎる場合などにお勧めします。 【特徴】 ・金型の仕上げにご利用いただくことで、仕上りがワンランクアップします。 ・油性・水性が選べるルブリカントに、お好みのダイヤモンドパウダーをブレンドし、キャップ付きの使いやすい250mlのプラスチックボトルにてお届けする...(つづきを見る

  • 試料研磨用超精密研磨剤 製品ラインナップ 製品画像カタログあり

    試料研磨(メタログラフィー)用の高性能研磨剤を掲載!理想的な製品の選定…

    当資料は、スイスを拠点にダイヤモンド研磨材料を製造するマイクロディアマント製の『試料研磨(メタログラフィー)用超精密研磨剤』を掲載しています。 ダイヤモンドペーストやルブリカントなどの製品群と準備ガイドラインはカテゴリー(切断/研削/研磨)毎に構成されています。 最も効率的な方法でさまざまな材料の試料片の準備で役立つようにデザインされています。(GALA準備ガイドライン) 【掲載...(つづきを見る

  • 油性ダイヤモンドスラリー『タイプSPO』 製品画像カタログあり

    安定剤がダイヤモンド粒子の沈殿を防止し、高い研磨レートを実現することで…

    『タイプSPO』は、サファイヤ、セラミックス、さらに金属等のラッピングやポリッシングのために設計された油性ダイヤモンドスラリーです。 【特長】 ■他の油性スラリーに比べて25%も高い研磨レートを実現 ■高性能な安定剤がダイヤモンド粒子の沈殿を防止 ※攪拌装置を装備した装置による機器・ご用途に対しては、安定剤を含まないスラリーにて提供可能 マイクロディアマントでの絶え間ない改善...(つづきを見る

  • トラバース型フィルム方式NC超仕上げ盤『SFC050TNd』 製品画像カタログあり

    多段研磨、ワーク変更機能を備えたフィルム方式NC超仕上げ盤

    『SFC050TNd』は、多段研磨やワーク変更機能を備え、シビアな表面粗度を 簡単操作で実現できる、フィルム方式超仕上げ盤です。 松田精機独自のプログラム方式を採用し、50ステップ/chの容量で 最大10chまで登録が可能。 研磨位置の決定やワーク変更など、多品種研磨にもキメ細やかなプログラムで 柔軟に対応いたします。 【特長】 ■プランジカット時はクロスハッチ/ストレートが...(つづきを見る

  • ロングディスクグラインダー『SP-7234B』 製品画像カタログあり

    奥まったところの作業に!メタコンディスク等が装着可能なディスクグライン…

    エス・ピー・エアーの『SP-7234B』は、奥まったところの作業に適した φ100mmのロングディスクグラインダーです。 後方排気式で、ベベル・メタコンディスクなどの装着が可能です。 切削砥石を使用する際は、切削砥石用ディスクカバーを 使用してください。 【特長】 ■φ100mmのロングディスクグラインダー ■奥まったところの作業に好適 ■ロングシャフト仕様 ■後方排...(つづきを見る

  • NR研磨材『NRトップディスク』 製品画像カタログあり

    焼けが生じない研磨材!金属のバリ取り・面取りに最適!低騒音、低振動で快…

    『NRトップディスク』は、空冷作用があり、焼けが生じない研磨材です。 ペーパーを重ねているため、常に新しい面での研削研磨が可能。 初期段階の食い込みや割れたり、欠けたりしません。 この他にも、ワンタッチ式の「NRトップディスクSPタイプ」等をご用意しています。 【特長】 ■空冷作用で焼けが生じない ■常に新しい面で研削研磨が可能 ■初期段階の食い込みや割れ、欠けない ■...(つづきを見る

  • バーチカルサンダー『SP-1251S』 製品画像カタログあり

    作業の負担を軽減するバーチカルサンダー!溶断後の凹凸取りなどで活躍!

    『SP-1251S』は、溶断後の凹凸取りに適したバーチカルサンダーです。 最大回転数は8000rpmで、作業の負担を軽減します。 【特許出願中!】 溶断後の凹凸取りなどで活躍! 丸穴・長穴の作業がカンタン! 造船・鉄鋼関係の作業に好適。 バーチカルグライダー/ アングルサンダーよりも安定して、作業者の負担軽減。 グラインディング・サンディング作業がラクラク。 【特...(つづきを見る

  • IS製品シリーズ 【事例】消耗品 製品画像カタログあり

    耐水ペーパー、バフシート等、様々な用途に合わせた研磨剤を用意しています

    耐水ペーパー、ダイヤモンドフィルム・アルミナフィルム、炭化ケイ素フィルム、バフシートなど、様々な用途に合わせた研磨剤をご用意しています。株式会社池上精機は、半導体・自動車・医療・電子部品・金属・セラミックス・高分子などの最先端の技術を要する分野の研究を行っている、企業・大学・研究機関のお役に立つ製品づくりを行い、日本の発展に少しでも貢献することを目指しております。 詳しくはお問い合わせ、もしくは...(つづきを見る

  • 水性ダイヤモンドスラリー『タイプSPW』 マイクロディアマント 製品画像カタログあり

    高い材料除去速度の達成に貢献!取扱いや洗浄を簡素化する水溶性タイプ

    『タイプSPW』は、金属製ラッピング定盤やポリッシングパッドでの使用に適したダイヤモンドスラリーです。 取扱いや洗浄を簡素化する水溶性タイプであり、表面仕上げで妥協することなく高い材料除去速度を達成することを役立ちます。 ダイヤモンド粒子の凝結を防止する安定化された処方により、工程の安定性が高められています。 【特長】 ■取扱いや洗浄を簡素化する水溶性タイプ ■表面仕上げで妥...(つづきを見る

  • ダイヤモンド研磨剤【傷消し&鏡面出し】 製品画像カタログあり

    軟質素材から硬質素材まで、あらゆる材料に適した研磨剤を 豊富なライン…

    <製品PR> ダイヤモンド研磨剤は、超仕上げと呼ばれるアルミナやシリカを 使用したバフ工程の前工程で使用されるものです。 研磨紙だとダレてしまう材料や、金属や非金属の鏡面出しに多く 使用されております。 【特徴】 ◆ダレにくい バフ工程の中でもダイヤモンドを使用した工程は、ダレにくいとされております。 ◆金属材料 より簡易的に鏡面出しを行うことができます。 ◆非金属材料 複合...(つづきを見る

  • 3Dプリント造形物仕上げ用研磨フィルム『Tune D3』 製品画像カタログあり

    3Dプリント造形物の積層痕を軽減するプロ仕様研磨フィルムです。特別な薬…

    『Tune D3』は、3Dプリント造形物の積層痕を軽減し、表面を光沢仕上げにするためのプロ仕様研磨フィルムです。 特別な薬品を使用していないので誰でも簡単に研磨することができます。 ABS/PLA樹脂・ナイロン(ポリアミド)素材からアクリル系樹脂まで対応しています。 [特徴] ■安心・安全設計で誰でも使える 有機溶剤や特別な薬品を一切使用しておらず、また作業者のスキルを問わないため、...(つづきを見る

  • フィルム方式超仕上げ装置『SP-50型』  製品画像カタログあり

    表面仕上げの均一化をはかる!軽量・コンパクトボディのフィルム研磨装置

    『SP-50型』は、目的の粗度が標準作業で得られ、金属・樹脂・ゴム製品の 研磨に適した、軽量でコンパクトなフィルム方式超仕上げ盤です。 砥粒を塗布したロールフィルムで巻き取りながら研磨する方式で、 常に安定した表面仕上研磨が行えます。 砥粒の磨耗や研磨圧変化がなく、簡単に作業できるため、熟練作業に 頼らずに均一な表面仕上げが可能となり、作業の効率化にも貢献します。 また、フ...(つづきを見る

  • Maxi-Blast社 ブラスト加工用プラスチック研磨材 製品画像カタログあり

    成形品のバリ取りやクリーニング、塗装の剥離に!被加工物の表面を傷めない…

    『ブラスト加工用プラスチック研磨材』は、被加工物の表面を傷めずに 成形品のバリ取りや金型のクリーニング、塗装の剥離等を行う研磨材です。 「熱硬化性プラスチック粉砕メディア」は、モールド、スクリューなどの クリーニング、ペイントの剥離用途に使用可能な硬い粉砕タイプ。 「熱可塑性エンプラタイプのメディア」は、ゴム・プラスチック・ ダイキャスト部品のバリ取りに使用できるタイプです。 ...(つづきを見る

  • ダイヤモンドスラリーSPLENDIS ECO ★サンプル/展示会 製品画像カタログあり

    SPLENDIS ECOは、少量使用のお客様でも弊社の高性能スラリーを…

    世界的に評価の高い高精度分級ダイヤモンドを、沈殿しにくい形でスラリー化しています。研磨レートを向上させる処方でお客様の業務効率向上に寄与します。 ★3/18-3/20開催の”Grinding Technology Japan 2019” 出展製品です。  詳しくは基本情報をご参照ください。 【特徴】 ・スイスの工場で一括バッチで製造することで、価格を抑えました。 ・高性能な自社...(つづきを見る

  • NR研磨材『NRトップディスク』 製品画像カタログあり

    金属のバリ取り・面取りに最適!低騒音、低振動で快適にお使いいただけます

    『NRトップディスク』は、空冷作用があり、焼けが生じない研磨材です。 ペーパーを重ねているため、常に新しい面での研削研磨が可能。 初期段階の食い込みや割れたり、欠けたりしません。 この他にも、ワンタッチ式の「NRトップディスクSPタイプ」等をご用意しています。 【特長】 ■空冷作用で焼けが生じない ■常に新しい面で研削研磨が可能 ■初期段階の食い込みや割れ、欠けない ■...(つづきを見る

  • プランジ型フィルム方式 超仕上げ盤『SFC025PMd』  製品画像カタログあり

    高効率で操作簡単!導入したその日から即戦力になるフィルム方式超仕上げ盤

    『SFC025PMd』は、砥粒の摩耗や研磨圧変化がなく、被研磨物の寸法精度に 影響を与えず、Rz0.8μ以下の仕上げ面粗度が可能な、フィルム方式円筒仕上げ盤です。 フィルム研磨は、砥石方法に比べ熟練不要の簡単操作で、所定粗度の 均一な仕上げが得られるため、作業の効率化に貢献します。 また、数々のフィルム研磨装置や専用機開発のノウハウを活かし、 すみずみまで徹底的にコストダウンをは...(つづきを見る

  • フィルム方式超仕上げ装置『SP-100型』  製品画像カタログあり

    表面仕上げの均一化をはかる!軽量・コンパクトボディのフィルム研磨装置

    『SP-100型』は、目的の粗度が標準作業で得られ、金属・樹脂・ゴム製品の 研磨に適した、軽量でコンパクトなフィルム方式超仕上げ装置です。 砥粒を塗布したロールフィルムで巻き取りながら研磨する方式で、 常に安定した表面仕上研磨が行えます。 砥粒の磨耗や研磨圧変化がなく、簡単に作業できるため、熟練作業に 頼らずに均一な表面仕上げが可能となり、作業の効率化にも貢献します。 また...(つづきを見る

20件中1〜20件を表示中

表示件数
45件
  • 1
分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR