• 表面硬化熱処理「N-クエンチ(浸窒焼入)」の基礎知識&処理事例集 製品画像

    PR熱処理時の歪みが約50%減…!熱処理法Nクエンチの仕組みやメリットなど…

    「Nクエンチ(浸窒焼入)の基礎知識」は、熱処理法「Nクエンチ」の仕組みやメリットなど、基礎知識と有効性がわかる技術資料です。 「Nクエンチ(浸窒焼入) 熱処理事例集」は、Nクエンチのメリットや効果、他処理との歪み比較など多数掲載した事例集です。 【掲載内容(一部を紹介)】 ■Nクエンチとは     ■Nクエンチのメカニズム ■Nクエンチの金属組織  ■Nクエンチのメリット ■材質SP...(つづきを見る

  • 【曲げ加工技術】曲げにくいポリカーボネートも対応可能 製品画像

    PR加工技術に強み!曲げにくいポリカーボネートもお任せください

    株式会社明晃では、熱を加えれば変形するプラスチックの特性を利用して 高度な『曲げ加工』を行っています。 プラスチックをV字に折り曲げたり、Rに曲げる加工法で、ニーズに応じた 厚さ・長さに対応。加工時間の短縮でき、短納期を実現します。 また曲げにくいポリカーボネート(PC)をはじめ、PVC(塩ビ)やPET、アクリル、 ABS、PP、PEなど様々な材質の加工が可能です。 【特長...(つづきを見る

  • 精密型用鋼 「DURO-SP、DURO-V5、DURO-V2」 製品画像カタログあり

    耐摩耗性と靭性を高度にバランスさせた粉末ハイスを超える高性能型用鋼です

    独自の特殊溶解技術と塑性加工技術を駆使して、従来の特殊鋼の製造方法では成し得なかったミクロ組織の制御法を開発。 結晶粒が微細で、不純物が少ない、高品位で高機能なミクロ制御合金を提供します。 【特徴】 ○耐摩耗性と靭性を高度にバランスさせた粉末ハイスを超える高性能型用鋼 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 ...【特徴】 ○面粗さが悪化しても靭性が落...(つづきを見る

  • 耐摩耗鋼板『エバーハード』 製品画像カタログあり

    幅広い分野で活躍する耐摩耗鋼板!多様な品種をご用意しております

    『エバーハード』は、建設・鉱山・農業機械などの重要な部材として広く 活用できる耐摩耗鋼板です。 ブリネル硬さ500グレードの耐摩耗性を超える特殊耐摩耗鋼 「EVERHARD-SP」をはじめ、-40℃での低温靭性を保証する 「EVERHARD-C400LE」など豊富なラインアップをご用意しております。 【特長】 ■幅広い分野に活用可能 ■優れた品質 ■豊富なラインアップ ...(つづきを見る

  • 『ステンレス鋼の窒化処理』 製品画像カタログあり

    活性化処理が必要なステンレス鋼には物理的除去方法と科学的除去方法を併用…

    関東・東海エリアを中心とした窒化処理を専門としている極東窒化研究所で 行っている『ステンレス鋼への窒化処理』をご紹介します。 ステンレス鋼は耐腐食性に優れている鋼です。 窒化処理の際、表面にあるクロム酸化物の不働態被膜により窒素の侵入が 阻害されるため、活性化処理が必要となります。 当社では、安定した処理層を得るため、物理的除去方法であるショットブラスト または、化学的除去方法...(つづきを見る

  • 鋼材『快削鋼』 製品画像カタログあり

    「より削りやすく、高精度」高度な技術でさまざまな切削性に対応!OA機器…

    『快削鋼』は、切削後の作業性を改善する為に、鋼の中でも汎用的に使用されている、炭素鋼、工具鋼に快削成分であるS・Pb・Te等を添加し、被削性を向上させた鋼です。 S10Cに、S・Pb・Te他を適量加えた代表的な「低炭素快削鋼」をはじめ、焼入れ硬さを保証した「中・高炭素快削鋼」などをラインアップ。 "より削りやすく、高精度"をテーマに、さまざまな分野のご要望にお応えします。 【特長...(つづきを見る

  • 精密型用鋼『DUROシリーズ』冷間金型用/温熱間金型用 製品画像カタログあり

    金型寿命向上&安定によりコストダウンに貢献!特殊溶解設備を使用した精密…

    『DUROシリーズ』は、ハイス、マトリックスハイス、熱間ダイス鋼を含んだ 金型用鋼で、全8鋼種をラインアップしています。 特殊溶解設備(VIM, ESR)を使用し、内部組織のコントロールと 非金属介在物を低減した、高性能・高品質の工具鋼です。 ※一般的な金型材SKD40・51・61よりも高耐久 当カタログでは、冷間打抜パンチ用の高対磨タイプ『DURO-SP』や 温熱間鋳造用の高靭性...(つづきを見る

  • 『ガス窒化処理とガス軟窒化処理の違い』 製品画像カタログあり

    ガス窒化処理とガス軟窒化処理の違いについてご紹介

    『ガス窒化処理とガス軟窒化処理の違い』についてご紹介します。 「ガス窒化法」は、活性窒素の拡散により鋼表面の高硬度の拡散層を得る 方法で、より強度・精度を必要とする部品に対して行われるもので、窒化鋼や ダイス鋼などの高級材料に使用される例が多いです。 一方「ガス軟窒化法」は、塩浴軟窒化の公害問題が発生した時期に、塩浴窒化の 代替技術として開発されたもので、炭素鋼などを主体にした低...(つづきを見る

  • 事例:Hardox(R)耐摩耗鋼板がパイプ敷設工事に貢献 製品画像カタログあり

    Hardox(R)400から新たに作られたパイプが不安定なチェーンの解…

    土木機械、採石機、採掘機、解体機の主要メーカーCorazzaは、パイプ敷設時の安定性の問題について顧客から相談をもちかけられました。そこで、CorazzaとSSABは知恵を出し合い、素晴らしいイノベーションを思いつきました。 【課題】 ・優れた品質の製品開発をする中で、顧客から相談のあったパイプ敷設時の安定性(不安定なチェーン) ・それによって起こる作業時間のロス・作業エリアの範囲 ...(つづきを見る

7件中1〜7件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR