• 背負って歩くだけで3Dスキャン!ウェアラブルレーザースキャナ 製品画像

    PR【計測時間が三脚式3Dスキャナの約1/10】簡単・迅速・便利!軽量のレ…

    『HERON』は、レーザースキャナーを背中に装着し、計測したい場所を 歩くことで周囲の3Dデータが取得できるレーザースキャナです。 オペレーターはタブレット端末で計測状況をリアルタイムに確認できるため、 現場に戻って再計測するという無駄な作業は無くなります。 データの処理は基本的にデスクトップソフトウェアにて自動化され、 後工程に使用される汎用的なデータにエクスポートされます。 ...(つづきを見る

  • 金型離型剤『フロロサーフ FG-5093シリーズ』 製品画像

    PR圧倒的な離型性。刷毛・スプレーで塗布が簡単。膜厚はわずか数nm、再塗布…

    『フロロサーフ FG-5093』は、特殊なフッ素樹脂を 不燃性のフッ素系溶剤に溶解させた金型離型剤です。 塗布することで、表面の成形樹脂の付着力が低減され、 複雑・精密な形状でも抜群の離型性を発揮します。 持続性に優れ、数千ショットに及ぶ連続離型の実績があるほか、 刷毛・スプレー等で再塗布すれば性能が再び復活します。 【特長】 ■型素材に反応して強力に密着し、連続離型が可...(つづきを見る

  • 『計測機器の校正』 製品画像カタログあり

    航空部品加工の経験と実績を生かし確かな技術と信頼をご提案!

    強度計、輝度計 ■対象項目:照度、紫外線強度、輝度 ■校正範囲:光学的校正  ・照度計:1Lux〜10,000Lux  ・紫外線強度計:50μW/cm2〜30,000μW/cm2(波長365nm)  ・輝度計:100FL〜200,000FL(342.63cd/m2〜685,251.82 cd/m2) ◎その他、照度計、紫外線強度計、輝度計の強度範囲外の校正も可能ですのでご相談くださ...(つづきを見る

  • 時間周波数遠隔校正装置『FT-001S』スタンドアローン型 製品画像カタログあり

    ユーザーのニーズに合わせて各種内振器をオプションとして準備。事業者の標…

    『FT-001S』は、時間周波数遠隔校正のために開発された機器です。 GPS衛星コモンビュー法を用いて、上位機関との間の校正を 自動的に実施する機能を有しております。 ネットワーク接続を行うことにより、内蔵発振器を産業技術総合研究所の 時間周波数標準に対して高精度に同期することが可能。 安価に信頼性の高い基準信号を提供することができます。 【特長】 ■GPS L1 C...(つづきを見る

  • デジタル圧力校正器『Additel 672』 製品画像カタログあり

    使い易い、操作性、0.02%フルスケールより優れた不確かさをもつ圧力校…

    『Additel 672』は、格段に優れた性能と、圧力校正器の機能を兼ね備えて いるデジタル圧力校正器です。 トランスデューサにより出力される電流またはmVを読み取り、また内蔵の 圧力センサーで正確に圧力を測定できます。校正の間、パワーセンサー、 伝送器に励起電圧を供給することもできます。 【特長】 ■圧力レンジは最大280 MPa(40,000 psi) ■mA 測定は 0...(つづきを見る

  • 屋上緑化システム 施工事例【施工手順の動画あり】 製品画像カタログあり

    芝枯れ3年補償付き!プラスチック製品の完全リサイクルと言った幾重にも環…

    スクエアターフシリーズは、全て雨水を有効利用し、センサ式自動かん水装置(別途)を標準装備することにより異常気象下における水撒きの手間から解放することが可能です。 さらにシステム重量は超軽量なので新築・既設・超高層建物の屋上でも問題なく施工することが出来ます。 【特長】 屋上緑化をすることによる防水層の劣化防止、自動かん水コントローラ装備にて芝枯れ3年補償付き、プラスチック製品の完全リサイ...(つづきを見る

  • 建築関連製品 アルミ手摺 製品画像

    安全性、耐久性、施工性

    従来はステンレス製補助手すりが汎用でしたが、アルミ化によるBL取得に成功し、コストダウン・軽量化・施工性向上・美観向上が図れました。豊富な施工実績による、製品の信頼性はすでに実証済みです。 詳しくはお問い合わせ、又はカタログをご覧ください。...○安全性 →アルミには豊富な種類の合金があり、引張強さも約70~600N/mm2と幅広い範囲で変化します。このため用途に合わせて必要強度の合金を選定で...(つづきを見る

5件中1〜5件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR