株式会社ボロン研究所 ロゴ株式会社ボロン研究所東京営業所

最終更新日:2016-11-25 17:45:58.0

  • 製品カタログ
  •  

ビオミセルBN-105 BN-105塩ビへの優位さ説明

基本情報ビオミセルBN-105 BN-105塩ビへの優位さ説明

半極性有機ホウ素界面活性剤の研究、脱離反応用相関移動触媒の研究などを行っている株式会社ボロン研究所の製品カタログです。

【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
ドナー・アクセプター分子化合物系帯電防止剤の「ビオミセルBN-105」での塩化ビニールシートの試作では、少量の添加で軟質塩化ビニール樹脂の表面固有抵抗値を首尾よく半導体域の10^10Ω/口まで低下させ、しかも、液体である可塑剤のもたらすベト付き性を抑制させる効果も有しておりますので、性能上だけでなく、コスト面でも今後は軟質塩ビ業界で取り扱えられるに足る機能材料になると推測しております。

ビオミセルBN-105 BN-105塩ビへの優位さ説明

ビオミセルBN-105 BN-105塩ビへの優位さ説明 製品画像

ドナー・アクセプター分子化合物系帯電防止剤の「ビオミセルBN-105」での塩化ビニールシートの試作では、少量の添加で軟質塩化ビニール樹脂の表面固有抵抗値を首尾よく半導体域の10^10Ω/口まで低下させ、しかも、液体である可塑剤のもたらすベト付き性を抑制させる効果も有しておりますので、性能上だけでなく、コスト面でも今後は軟質塩ビ業界で取り扱えられるに足る機能材料になると推測しております。

【特徴】
○各種絶縁性プラスチックスの表面電気特性を半導体域に近づける
○表面での接触帯電、摩擦帯電をなくし、長期間性能保持可能
○包装資材に対して静電気障害をなくし、
 粉塵を寄せず衛生効果向上また防曇性の付与
○射出成型物の表面ベト付き、フィルム成型物の口開き性悪化防止

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

産業用練込み型帯電防止剤『ビオミセルBN-105』

産業用練込み型帯電防止剤『ビオミセルBN-105』 製品画像

●世界初の分子化合物型帯電防止剤であり、樹脂セグメント中にメチレン基(-CH2-)が有れば樹脂との親和性が確保され、多種類の樹脂への性能付与が可能。
●マトリックス内部に於いて、分子化合物が電荷移動遷移して瞬時にイオン対型構造に転換し電荷を消去する。

【特長】
■樹脂製品の表面状態を損なわず、長期安定性能を発揮
■安全性が高く、食品包装などにも最適
■ベト付き、ブリーディング現象などが起こらない
■樹脂製品の物性を変えず、帯電予防効果が続く

★ビオミセルBNを配合したサンプル製品無料進呈中!★
■PP(ポリプロピレン)のシート
■PE(ポリエチレン)のフィルム(袋)⇒口開きの良さをご体感下さい

※無料サンプルご希望の方は、お問い合わせ内容に「サンプル希望」とご記載下さい。
※製品の詳細はダウンロードからPDFデータをご覧下さい。 (詳細を見る

取扱会社 ビオミセルBN-105 BN-105塩ビへの優位さ説明

株式会社ボロン研究所 東京営業所

■主な研究と成果 ・半極性有機ホウ素界面活性剤の研究 ・脱離反応用相関移動触媒の研究 ・新規抗菌性物質アザラクタムの研究 ・N.Bコンプレックスの物性研究 ・有機ケイ・弗化物の応用研究 ・プロポリス—高分子電解質系環境浄化剤の研究 ●新界面活性剤の総合技術資料集“帯電防止剤”(経営開発センター1982年) ●界面活性剤の新機能(油化学1984年) ●プロポリス特集“ミセル化抽出法”(東洋医学舎1995年)

ビオミセルBN-105 BN-105塩ビへの優位さ説明へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

目的[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ボロン研究所 東京営業所


キーマンインタビュー