貞徳舎株式会社 ロゴ貞徳舎株式会社

最終更新日:2018/09/10

  • 製品カタログ
  •  
  •  

熱処理でお困りの方必見! 選定ガイド

基本情報熱処理でお困りの方必見! 選定ガイド

はめ込むだけの簡単施工!ヒータメーカーだからできる、オーダーメイド設計・制作のセラミックファイバーヒータ

創業127年ヒータメーカーならではの、熱処理技術の専門知識で
お客様のお悩みを解決します。

弊社では、『セラミックファイバーヒータ』という
研究用から一般工業炉まで幅広く活躍する電気炉用ヒータを扱っております。

断熱材であるセラミックファイバーと発熱体がセットとなっているため、
従来のレンガにはめ込むものと比べ軽量で、電気炉への施工が容易。

発熱体は、スタンダードな「丸線コイル」に加え、
均熱性に優れ、省スペースで大出力を実現した
当社オリジナルの「帯状発熱体」を使用し、
昇温、降温スピードが速く高出力のヒータをご提案致します。

【掲載内容一部紹介】
■熱処理の種類
■熱処理のよくある悩み
■セラミックファイバーヒータとは?
■セラミックファイバーヒータの特徴
■お悩み解決事例  など

熱処理でお困りの方必見!《選定ガイド進呈中》

熱処理でお困りの方必見!《選定ガイド進呈中》 製品画像

創業127年ヒータメーカーならではの、熱処理技術の専門知識で
お客様のお悩みを解決します。

弊社では、『セラミックファイバーヒータ』という
研究用から一般工業炉まで幅広く活躍する電気炉用ヒータを扱っております。

断熱材であるセラミックファイバーと発熱体がセットとなっているため、
従来のレンガにはめ込むものと比べ軽量で、電気炉への施工が容易。

発熱体は、スタンダードな「丸線コイル」に加え、
均熱性に優れ、省スペースで大出力を実現した
当社オリジナルの「帯状発熱体」を使用し、
昇温、降温スピードが速く高出力のヒータをご提案致します。

【特長】
■Non-RCF(環境配慮仕様)/RCFボード両方製作可能
■ボードの高精度加工が可能
■施工・交換が容易で時間短縮
■他社ヒータからの置き換えでパワーが2倍・長寿命化に成功した例も
■ガス炉からの置き換えも可能!

※セラミックファイバーヒータ以外にも多数取扱いがあります。
 詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

【セラミックファイバーヒータ】ヒータ寿命をのばす事例掲載!

【セラミックファイバーヒータ】ヒータ寿命をのばす事例掲載! 製品画像

貞徳舎の『セラミックファイバーヒータ』は、炉内1200℃まで対応可能なヒータです。

省スペースで大出力、均熱性に優れた帯状発熱体ヒータをはじめ、
丸線コイル発熱体ヒータや異型発熱体ヒータをラインアップ。

「ヒータの寿命をのばしたい」「断線しにくいヒータを導入したい」
「大型の炉体を少しでもコンパクトに仕上げたい」といったご要望にお応えします。

【導入事例】
<事例:ヒータの寿命をのばしたい>
■帯状発熱体ヒータ(TELF-PISR型)を用いたヒータを提案、導入
 ・表面積あたりの電力負荷を大きく取ることができるため、省スペースで大出力が可能
 ・均熱性に優れているので、被加熱物をまんべんなくあたためることができる
◎導入後:寿命が2倍、パワーも2倍に!

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

【セラミックファイバーヒータ】1200℃まで対応可能※用途例掲載

【セラミックファイバーヒータ】1200℃まで対応可能※用途例掲載 製品画像

貞徳舎の『セラミックファイバーヒータ』は、炉内1200℃まで対応可能なヒータです。

省スペースで大出力、均熱性に優れた「帯状発熱体ヒータ」をはじめ、
「丸線コイル発熱体ヒータ」や「異型発熱体ヒータ」をラインアップ。

焼入・焼鈍・均質・浸炭などの各種金属熱処理炉、弱電・電子関連連続処理炉など、
さまざまな用途でご利用いただけます。

【用途例】
■各種金属熱処理炉(焼入・焼鈍・均質・浸炭)  ■各種線材
■パイプ連続炉処理炉(ステンレス・銅・アルミ等)■アルミ溶解炉・保持炉
■弱電・電子関連連続処理炉           ■ロー付け炉
■セラミック焼成炉   ■半導体用拡散炉    ■CVD炉
■陶磁器焼成炉     ■ガラス熱処理炉    ■各種実験炉

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

【セラミックファイバーヒータ】大型工業炉から小型試験炉まで

【セラミックファイバーヒータ】大型工業炉から小型試験炉まで 製品画像

貞徳舎の『セラミックファイバーヒータ』は、炉内1200℃まで対応可能なヒータです。

「帯状発熱体ヒータ」は、表面積あたりの電力負荷を
大きく取ることができるため、省スペースで大出力が可能。

均熱性に優れているので、被加熱物をまんべんなくあたためることができます。
また、輻射型加熱ヒータのスタンダード品「丸線コイル発熱体ヒータ」や、
高性能・大容量のタイプの「異型発熱体ヒータ」などもラインアップ。

自社設計・自社生産なのでフレキシブルに対応。
大型工業炉から小型試験炉まで、あらゆるニーズにお応えします。

【製品特長】
■炉内1200℃まで対応
■省スペースで大出力
■均熱性に優れる
■自社設計・自社生産
■豊富なオプション

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

【セラミックファイバーヒータ】 《均熱性》《高性能》《大出力》

【セラミックファイバーヒータ】 《均熱性》《高性能》《大出力》 製品画像

貞徳舎の『セラミックファイバーヒータ』は、炉内1200℃まで対応可能なヒータです。

「帯状発熱体ヒータ」は、表面積あたりの電力負荷を大きく取ることが
できるため、省スペースで大出力が可能。

均熱性に優れているので、被加熱物をまんべんなくあたためることができます。
また、輻射型加熱ヒータのスタンダード品「丸線コイル発熱体ヒータ」や、
高性能・大容量のタイプの「異型発熱体ヒータ」などもラインアップ。

自社設計・自社生産なのでフレキシブルに対応。
大型工業炉から小型試験炉まで、あらゆるニーズにお応えします。

【こんなお客様におすすめ!】
■同じ面積でもっと容量を増やしたい
■特殊形状・特殊加工をしたい
■炉の中のことはまかせたい

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

『セラミックファイバーヒータ』

『セラミックファイバーヒータ』 製品画像

『セラミックファイバーヒータ』は、研究用から一般工業炉まで使える
マルチヒータです。

3D/2D CADからのデータをもとにNCルータでセラミックファイバーボード
の加工を行うため、高精度の加工が可能。

また、自社製接着剤による高強度の貼り合わせや、コーティング剤による
高強度化・低発塵化ができます。

幅射型加熱ヒータのスタンダード品で、幅広い用途に使用することができる
「丸線コイル発熱体ヒータ」をはじめ、均熱性に優れた「帯状発熱体ヒータ」
や「異型発熱体ヒータ」をラインアップしています。

【特長】
■研究用から一般工業炉まで使用可能
■高精度の加工が可能
■容量・用途に応じて形状を選択
■自社設計・自社生産のためフレキシブルに対応
■環境配慮型仕様(Non-RCF)にも対応

※詳しくはPDF資料をダウンロード、もしくはお問い合わせください。 (詳細を見る

【導入事例】セラミックファイバーヒータ

【導入事例】セラミックファイバーヒータ 製品画像

貞徳舎株式会社の、セラミックファイバーヒータ導入事例をご紹介します。

【導入事例】
■寿命が長くなりました。
「ヒータの寿命をのばしたい」
⇒帯状発熱体ヒータ(TELF-PISR型)を用いたヒータを提案、導入。寿命が2倍になり、更にパワーも2倍に。

■断線しなくなりました。
「断線しにくくメンテナンスも容易なヒータを」
⇒お客様と打ち合わせを重ね、取り換えの際に装置を外さずに交換できる異型発熱体ヒータ(TELF-PISR-HD型)を用いたヒータを提案・導入。ヒータが長持ちし、現在も稼働中で断線しておりません。

■RCF規制対策品で製作しました。
「大型の炉体なので、少しでもコンパクトに仕上げたい」
⇒アルミナファイバーボードである高性能断熱材を使用することにより炉壁の断熱材の厚みを薄くすることができました。
また、端子の結線まで当社で行い、お客様側では装置の取り付けのみでお手間も取りませんでした。

※詳しくはPDF資料をダウンロードいただくか、お気軽にお問い合わせください。 (詳細を見る

各種電気炉に使用する耐火レンガ・碍子類

各種電気炉に使用する耐火レンガ・碍子類 製品画像

当社は各種耐火物を一貫して製造してきました。
レンガとともにおよそ130年、 経験と実績であらゆるニーズにお応えしております。

各種電気炉に使用する耐火レンガ、碍子類はその特性に独特なものがあります。 当社は工業用耐火レンガ、特に電気炉用レンガ製造のパイオニアとして、その用途・目的に合った最適のレンガをご提案。

お気軽にご相談ください。

【特徴】
・多品種ラインナップにより、幅広い用途に使用可能
・木型成形によりイニシャルコスト低減
・独自のノウハウにより、使用目的に応じた碍子が製作可能

※詳細はお問い合わせ、もしくはPDFをダウンロードしてください。
 (詳細を見る

貞徳舎の強み

貞徳舎の強み 製品画像

当社は創業以来126年にわたり、耐火物(耐火レンガ、碍子)などを
製造してきました。 そこで培ってきた耐熱・絶縁の技術を基に
炉内800~1200℃の高温領域かつ昇降温の激しい過酷な環境で稼働する
電気炉用ヒータの設計・製作を得意としています。

また、新たな技術・開発を常に追求しており、その時代に求められる
ニーズの先取りを目指しています。

【当社の強み】
■あらゆるヒータを形に
 ・独自の技術で独創的製品の提供
 ・具体的なリクエストに対して問題解決
■とことんお付き合いするのがモットー
 ・お客様のお悩み事、課題を徹底的に考え解決するまでとことんお付き合い
 ・加熱、冷却など熱に関わるあらゆるご相談に素早く丁寧に対応
■寿命が長いのが自慢
 ・20年、30年継続してご使用いただいている実績あり
 ・安全な設計基準と厳しい品質管理により、お客様に安全で高品質な
  製品・サービスを提供
 ・長年培われたノウハウとテクニックにより、お客様の仕様に好適な
  製品をご提案

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

製缶案件承ります! 《ヒーターメーカーだからこそ》

製缶案件承ります! 《ヒーターメーカーだからこそ》 製品画像

貞徳舎は、昇降温の激しい過酷な環境で稼働する
電気炉用ヒータ等をオーダーメイドで製作します。

「ヒーターだけでなく、ケースまで組込んだ形でほしい」
「制御盤もつけてほしい」
「納品後すぐに設置して使いたい」
そんなお客様のご要望にお応えします。

テスト用簡易炉・小型炉の製作(制御盤含む)もお手伝いいたします。

【請負範疇】
・断熱材の選定と設計
・ヒータ及び断熱材の製缶の組付け
・端子集約(中継端子までのターミナル配線・結線)

「炉壁背面温度は○○℃以下で製作したい」
「炉殻サイズは極力小さく抑えたい」
「RCF規制対策品を使用してほしい」
「電気容量は確保したいがコストは押えたい」など
ヒータ、断熱材、バックアップ材などのご要望も
ヒータメーカならではのご提案をいたします。

当社の強みでもあります「技術力」をいかし、
設計から製作までお客様のご要望ひとつひとつに丁寧にお応えします。
 (詳細を見る

お客様に合った工業用ヒーターをご提案します!

お客様に合った工業用ヒーターをご提案します! 製品画像

貞徳舎は、昇降温の激しい過酷な環境で稼働する
電気炉用ヒーター等をオーダーメイドで製作します。

「セラミックファイバーヒーターじゃないけど・・・」
「金属フレームヒーターとは少し違うんだけど・・・」
「こんなヒーター取り扱っていないかな」
「こんなヒーター欲しいんだけど、できるかな」
少しでもお悩みごとがございましたら、是非、ご相談ください。
そんなお客様のご要望にお応えします。

設計・開発案件は当社の得意とするところであります。
創業以来、築いてきたネットワークで協力メーカーとともに
ご希望にかなう製品を最適な形でご提案いたします。

【ご提案例】
・石英ランプヒーター
・シーズヒーター
・石英加工品
・特殊セラミック加工品 等

まずは、お客様のもとへ営業マンがお伺いし、
一緒に課題に対する解決策を考えさせていただきます。 (詳細を見る

【安価で小ロット対応】1品1様のレンガの設計開発

【安価で小ロット対応】1品1様のレンガの設計開発 製品画像

貞徳舎は1891年の創業以来、耐火物専門メーカーとして
経験を積み重ね、現在も電気炉用耐火レンガや碍子を製造しています。

耐火レンガは、炉内の断熱や雰囲気作りに用いられ、
その多くはJISで規格化された直方体のレンガで構成されています。

しかし、発熱体や被加熱物の保持を行うレンガは絶縁と強度が
必要なため、形状が複雑になり、特殊な形状の耐火レンガが必要となります。

貞徳舎の耐火レンガの特徴としまして、
・1品1様のレンガの設計開発
・お客様の使用条件(温度、耐熱衝撃性、雰囲気など)を
 考慮した原料調合・処理を行い、適したレンガをご提案
・木型で成形するため、プレス金型よりも安価で小ロット対応

どんな用途でお使いになり、どれくらいの温度帯でご使用になるかを
お知らせいただければ、わたくしたちにお任せください。
お客様にあう好適なレンガをご提案いたします。

また、レンガの技術を生かし、絶縁・ヒートショックに強い
碍子も自社で製造しています。

長年、培ってきた耐熱や絶縁技術を用いて
ヒータを製作するのに必要な碍子を製造しています。
 (詳細を見る

熱処理の技術試験 ◆共同開発も多数実績あり

熱処理の技術試験 ◆共同開発も多数実績あり 製品画像

「こんな製品つくれるかな」
「設備を導入したいけど、製品の性能を確認したい」
そんなお客様のご要望にお応えします。

【過去の試験事例】
・セラミックファイバーヒータ釉薬焼付試験
・石英ガラスを使用したセラミックファイバーヒータ均熱試験
・セラミックファイバーヒータ新旧比較試験
・熱風発生装置熱上げ試験
・熱風発生装置評価試験

こちらは一例です。お客様との共同開発も多数実績がございます。

おかげさまで、たくさんのお客様とさまざまな
最新技術の要素試験をさせていただいております。

当社の特徴のひとつに「技術力」があります。
創業以来、「熱」をコントロールする製品を次々と開発してまいりました。
社内でも専門の技術スタッフによる試験、検証を行っております。

ヒータ試験を通じてお客様と意見交換を行いながら
お客様のニーズに合わせた熱処理プロセスを御提案いたします。

お客様から安心してお任せいただけるよう国際規格である
ISOなどの各種認証も習得しております。
是非、お気軽にご相談ください。 (詳細を見る

研究用から一般工業炉まで使えるマルチヒータ

研究用から一般工業炉まで使えるマルチヒータ 製品画像

セラミックファイバーヒータとは、
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
具体的な用途としまして下記がございます。

・各種金属熱処理炉(焼入・焼鈍・均質・浸炭)
・パイプ連続炉処理炉(ステンレス・銅・アルミ等)
・アルミ溶解炉・保持炉
・ロー付け炉
・セラミック焼成炉
・半導体用拡散炉
・CVD炉
・弱電・電子関連連続処理炉
・陶磁器焼成炉
・ガラス熱処理炉

多くは丸線発熱体をコイル状に巻いて作ったものを使用しますが、
貞徳舎では帯状発熱体を使ったヒータも製作しております。

帯状発熱体のメリットとして、
・断熱材の面積に対し、全面に発熱体を敷き詰めることで
 均一な熱処理を行うことができます。
・丸線コイル発熱体を使用したヒータに比べて2倍以上の
 ワット数を入れることができます。

「同じ面積で容量を増やしたい」
「温度ムラをなくしたい(均熱性をよくしたい)」
「昇温速度を早くしたい」 こんなお客様におススメです。 (詳細を見る

【事例紹介】工業用電熱ヒーターの共同開発のお手伝い 

【事例紹介】工業用電熱ヒーターの共同開発のお手伝い  製品画像

現在、お使いの製品にお悩みはございませんか。
「今、使っているヒータの改善をしたい」
「自社の技術を他分野で広げたい」
「研究開発のテーマとして何か取り組めないかな」
そんなお客様のご要望にお応えします。

お互いの技術を組み合わせることで新しい製品の開発をしませんか。
お客様の製品開発のお手伝いをいたします。

【事例紹介】
ヒータが短寿命でお困りのお客様と使用部材1点1点を見直し、
共に試作を重ね、結果、ヒータの寿命を2倍以上に改善することが出来ました。

改善後お客様からは、今までは修理・交換のため、
設備を休日に止めて作業していたが、休日出勤が大幅に減り、
自由な時間が増えましたとのお声をいただきました。

     (詳細を見る

【事例紹介】工業用電熱ヒーターの共同開発のお手伝い 

【事例紹介】工業用電熱ヒーターの共同開発のお手伝い  製品画像

現在、お使いの製品にお悩みはございませんか。
「今、使っているヒータの改善をしたい」
「自社の技術を他分野で広げたい」
「研究開発のテーマとして何か取り組めないかな」
そんなお客様のご要望にお応えします。

お互いの技術を組み合わせることで新しい製品の開発をしませんか。
お客様の製品開発のお手伝いをいたします。

【事例紹介】
当社は今まで輻射式の電気抵抗加熱ヒータのみを製作してまいりましたが、
とある企業様より、高温型熱風発生装置のお問合せ(開発打診)をいただき
数年の試験、検証をお客様と繰り返し、他メーカ様のお取扱いのない
温度域で製品化することができ、現在に至っております。 (詳細を見る

【事例紹介】工業用電熱ヒーターの共同開発のお手伝い 

【事例紹介】工業用電熱ヒーターの共同開発のお手伝い  製品画像

現在、お使いの製品にお悩みはございませんか。
「今、使っているヒータの改善をしたい」
「自社の技術を他分野で広げたい」
「研究開発のテーマとして何か取り組めないかな」
そんなお客様のご要望にお応えします。

お互いの技術を組み合わせることで新しい製品の開発をしませんか。
お客様の製品開発のお手伝いをいたします。

【事例紹介】
大手顧客から、面白い取り組みをしている素材メーカ様を
ご紹介いただき、共同開発がスタートしました。
結果、ヒータの外側は素材メーカ様、発熱体は当社の製品を使用した
新しいコラボ製品が誕生しました。 (詳細を見る

「遠赤外線」を 利用したヒータ

「遠赤外線」を 利用したヒータ 製品画像

今回は「赤外線」のなかでも波長の長い「遠赤外線」を
利用したヒータについてのご案内です。

物体は温度に応じたエネルギーを電磁波(光)の形で放射しています。
物体温度が高いほど電磁波の総量は増えますが、放射される波長のピークは短くなります。

遠赤外領域(3μm~25μm)の電磁波は一般的に物質に吸収されやすく、
効率的に物体を昇温できると言われています。

そこで、当社ではセラミック原料の調合技術を応用し、
遠赤外領域の電磁波を多く出す塗料(遠赤塗料)を開発いたしました。

ガラスなどの透明体は電磁波を透過しやすいので、
発熱体からの熱が被加熱物へ十分に伝わりません。
そのため、ヒータパワーをたくさん投入すると電気代がかさみます。

そこで、波長変換塗料を塗布し、ガラスが吸収しやすい波長に
変換することにより、透過せずに被加熱物に効率よく熱を伝えることができます。

遠赤塗料を塗布することによる効果
・ヒータへの負荷が下がるため長くお使いいただけます。
・ムダなエネルギーを使用しないので省エネ効果があります。
・昇温速度が速くなるので、効率が良くなります。 (詳細を見る

サーモテック2017に出展しました!

サーモテック2017に出展しました! 製品画像

サーモテック2017に出展しました。

2017年7月19日~21日に東京ビッグサイトで
「第7回 国際興業炉・関連機器展」が開催されました。

おかげさまで当社のブースにもたくさんのお客様にお立ち寄りいただきました。

【展示会内容】
名称    :サーモテック2017 第7回 国際工業炉・関連機器展
メインテーマ:環境・熱・未来~ようこそ、熱技術の明日へ~
会期    :2017年7月19日(水)–21日(金)10:00–17:00
会場    :東京ビッグサイト 東4ホール (詳細を見る

工業炉用電気発熱体 金属熱処理、 電子部品、化学工業用途で使用!

工業炉用電気発熱体 金属熱処理、 電子部品、化学工業用途で使用! 製品画像

金属発熱体とは、一般的な加熱用熱源のなかの抵抗発熱体の一種をいいます。
この金属発熱体を含む工業炉用電気発熱体は、金属熱処理、
電子部品、窯業、化学工業などさまざまな産業で使用されています。

当社は金属発熱体のなかでも鉄クロムアルミ合金(FeCrAl)を用いて、
炉内温度1200℃までに適した電気炉用ヒータの製作をしています。

金属発熱体の形はさまざまです。
その中でも当社でお取扱いのある製品の一部を紹介いたします。

1.丸線コイル発熱体
丸線発熱体を螺旋巻き加工したものです。
ヒータの容量や温度により線径や巻外径を設定しています。

2.帯状発熱体
板状の材質を交互にスリット加工することでジグザグ状の回路を
成形します。スリット幅を調節することで発熱体の抵抗値を
変更し、ヒータ出力の細かな設計をします。
また、発熱体の熱膨張の変形抑制を計算して凹加工をしています。
この技術は当社が独自で開発したものです。 (詳細を見る

セラミックファイバーボードの加工品制作可能!

セラミックファイバーボードの加工品制作可能! 製品画像

セラミックファイバーボードの加工品たまわります。

「ヒータなしの断熱材だけの取扱いはありますか?」
「特殊な形状に切り出しをしてほしいのですが可能ですか?」
そんなお問い合わせをいただくことがあります。

おまかせください!
当社では3D/2D CADからのデータをもとに、
NCルーターで加工を行うため、高精度の加工が実現できます。

さらに、切断機を組み合わせて様々な形状の断熱ボードの加工ができます。
お打合せのうえ、お客様のご要望の寸法・形状でご提供をさせていただきます。

 (詳細を見る

表面硬化処理や脱バインダー処理、貼り合わせ処理も可能!

表面硬化処理や脱バインダー処理、貼り合わせ処理も可能! 製品画像

各種加工処理を承っております。

■表面硬化処理
 当社独自の無機質のコーティング剤を表面に塗布することで、
 表面を硬化させ、低粉塵性を高めます。

■脱バインダー処理
 有機バインダーを飛ばすことで、試運転のバインダー臭、
 熱収縮を抑制できます。

■貼り合わせ処理
 ボード同士を接着することで、厚板のボードを作成できます。
 セラミックピンの打ち込みにより、貼り合わせ強度を高めます。

【ボード加工品の使用用途】
・炉口、扉
・2層目、3層目のバックアップ材
・炉壁用

環境配慮型仕様(Non-RCF)にも対応可能ですので、
アルミナファイバーボードや生体溶解性ファイバーボードでも承ります。
#1800などの硬質なボードにつきましても、#1400ボードなどと同様に加工できます。

形状につきましても、長方形だけでなく、円筒割形もでき、
穴加工や切欠加工、段加工等も行なっております。 (詳細を見る

低コスト・800℃の高耐熱性を実現! プラチナリフレクター

低コスト・800℃の高耐熱性を実現! プラチナリフレクター 製品画像

プラチナリフレクターをご存知ですか?
その名のとおり、「白金反射板」です。

プラチナリフレクターとは、耐熱合金上にプラチナ膜を貼付したもので、
800℃の雰囲気で使用可能です。

従来の耐熱合金の反射板は500℃の使用が限度だったのに対し、
表面に白金の薄膜をコーティングすることで、
800℃の高耐熱性を実現しております。

【プラチナリフレクターの特徴】
1. 常用800℃の耐熱性
  プラチナと耐熱金属の中間層に反応する成分を防止するための
  特殊材料を使用することにより、常用800℃の耐熱性が実現可能

2. 低コストを実現
  プラチナ箔を使用することにより、蒸着やメッキ加工よりも
  安価となり、低コストを実現

3. 繊細な温度分布を実現
  指向性を持たせることが可能なため、狙い通りの
  温度分布を作り出すのに非常に有効

4. 衝撃に強い構造
  耐熱金属状上に反射膜があるため、従来の石英ガラス上の
  反射板に比べ、衝撃に強い構造となっている


 (詳細を見る

熱処理用ヒータでお困りではありませんか? お悩み解決します!

熱処理用ヒータでお困りではありませんか? お悩み解決します! 製品画像

熱処理のこんなことでお悩みではありませんか?

・同じ設置面積でもっと電気容量を投入したい…
・ヒータの製品寿命を長くしたい…
・加熱昇温・加熱時間を短縮したい…
・加熱ムラをなくしたい…
・オリジナルのヒータを作りたい…

お客様からそんなお問い合わせをいただくことがあります。

貞徳舎ではお客様のお悩みを解決できる
『セラミックファイバーヒータ』を取り扱っています。

【セラミックファイバーの特長】
■軽い(以前は耐火材にレンガを使用)
■断熱材と発熱体がセット
■施工が簡単(炉にはめ込むだけ)なので時間短縮が可能
■予備品を持っていると、いざというときに交換が可能
 設備停止の心配もなし (詳細を見る

熱処理用ヒータのお困り事をセラミックファイバーヒータで悩み解決!

熱処理用ヒータのお困り事をセラミックファイバーヒータで悩み解決! 製品画像

貞徳舎のセラミックファイバーヒータは、独自の発熱体加工技術、
100年続く耐火煉瓦製造からのノウハウを生かしたセラミックス技術、
セラミックファイバーボードの加工技術を合わせて製作しています。

【発熱体】
多くは丸線コイル発熱体をコイル状に巻いて作ったものを使用。
当社では帯状の発熱体にスリット加工を施して、
そのスリット幅を調整することで、お客様のご要望に応じた
電流、電圧に設計したものを使用しています。

【セラミックス】
ヒータ用のセラミックスに必要な機能とは、耐熱衝撃性です。
発熱体は電気を投入するとすぐに熱くなるので、
この急激な温度変化に耐えられるセラミックスが必要になります。
ご使用状況にあわせた配合でセラミックスを自社で設計・製作しております。

【セラミックファイバーボード加工技術】
お客様のご要望の寸法・形状のヒータの加工を行っております。
セラミックファイバーボードをそのままにするのではなく、
表面効果処理や脱バインダー、貼り合わせ処理などの各種加工処理も承っております。

これらの技術を組み合わせた製品でお客様のお悩みを解決いたします! (詳細を見る

熱処理の悩みを解決! 【お客様からの声を記載!】

熱処理の悩みを解決! 【お客様からの声を記載!】 製品画像

【お客様からの声】
■寿命が2倍になり、パワーも2倍になりました!
 →ヒータの寿命をのばしたいというご要望に対して提案、導入。
  コストを変えることなく、寿命が2倍になり、更にパワーも2倍になりました。

■壊れにくく、メンテナンスもしやすくなりました。
 →壊れにくく、メンテナンスも容易にできるヒータとのご要望に対して、
  当社のラインナップから最適なものを提案しました。
  導入後、定期的にお客様を訪問し、ヒータの稼働状況を確認しています。

そのほかにも、
■RCFボード、環境配慮型仕様(アルミナファイバーボードや
 生体溶解性ファイバーボード)どちらでも製作いたします。
■当社はバキューム製法ではないので、金型代も必要ありません。
■ヒータだけでなく、ケース組込品もたまわっております。

 《  オーダーメイドでお客様のご要望を形にします。
    また、実績多数のため、スピーディな見積設計が可能です。 》 (詳細を見る

セラミックファイバーヒータで熱処理の悩みを解決!

セラミックファイバーヒータで熱処理の悩みを解決! 製品画像

【お客様のお悩みを解決できる例】
■同じ設置面積でもっと電気容量を投入したい
 →帯状発熱体を使用することにより、丸線コイル発熱体に比べて
  同じ面積で2倍の容量が入ります。

■ヒータの製品寿命を長くしたい
 →発熱体への電力負荷を計算した安全設計により断線しにくいです。

■加熱昇温・加熱時間を短縮したい
 →帯状発熱体は丸線コイル発熱体よりも輻射効率が良く、
  昇温スピードが速いため、昇温時間短縮ができ、
  ヒータへの負担も少ないです。

■加熱ムラをなくしたい
 →断熱材いっぱいに発熱体を敷き詰めるので全面ヒータとなり、
  まんべんなく温めることができます。

■オリジナルのヒータを作りたい
 →オーダーメイドでお客様のご要望を形にします。
  また、実績多数のため、スピーディな見積設計が可能です。 (詳細を見る

発熱体加工品の設計・製作承ります!

発熱体加工品の設計・製作承ります! 製品画像

弊社では、金属発熱体のなかでも鉄クロムアルミ合金(FeCrAl)を用いて、
炉内温度1200℃までに適した電気炉用ヒータの製作をしています。

この金属発熱体を含む工業炉用電気発熱体は、金属熱処理、電子部品、
窯業、化学工業などさまざまな産業で使用されています。

最近は、発熱体のみのご要望をいただくことも多く、
お客様がお使いの仕様に合わせた設計・形状で製作をさせて頂いております。

【発熱体形状いろいろ】
■丸線コイル発熱体
■帯状発熱体
■リボン状発熱体  等多数あり

【加工技術】
■線径は細いものはφ0.3から最大でφ8.0までお取り扱いございます。
■コイル径(断熱材に発熱体をはめ込む溝の径)は通常φ25くらいまでが多いのですが、
 『試験機用加熱装置』として、φ200の絶縁物に丸線コイル発熱体を
 巻きつけた実績もございます。
■発熱体と電極棒(電気を通す線、またはリード)との接合には、
 さまざまなタイプがありますが、技術検証を重ねた結果、
 当社ではジョイントを用いて溶接しています。 (詳細を見る

【RCF規制】って何のこと? 詳しく解説します!

【RCF規制】って何のこと? 詳しく解説します! 製品画像

RCF規制とは、リフラクトリーセラミックファイバー(断熱材)に係る
労働者の健康障害防止対策を強化すること等を目的として、
「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令」および
「労働安全衛生規則等の一部を改正する省令」として
2015年11月に施行・適用されました。

この改正により、特定化学物質の管理第2類物質に位置づけられ、
予防規則の適用を受けることになりました。

加工などを行う場合は、特別な保護措置が必要となりますのでご注意ください。
※切削加工しない場合は問題ございません

また、容器・梱包への表示(ラベル)や文書の交付等(SDS)、
作業環境の整備、届け出などの規制がありますが、
指定された防止対策を行っていれば、RCFは安心してお使いいただけます。

当社では従来までのボードを『RCF規制対象品』とし、
現在でもお取り扱いをしております。

また、RCF規制対策品、環境配慮型仕様(Non-RCF)にも
対応しておりますので、アルミナファイバーボードや
生体溶解性ファイバーボードも承っております。 (詳細を見る

ガスから電気への置き換え可能! 電熱式ヒータで安全・クリーンに!

ガスから電気への置き換え可能! 電熱式ヒータで安全・クリーンに! 製品画像

みなさまの熱処理工程はガス式でしょうか?電気式でしょうか?
お客様からの下記のようなご相談をいただくことがあります。

「ガスのCO2排出を何とかしたい」
「配管工事が大がかりになるので何とかしたい」
「安全・クリーンを追究したい」

当社のラインナップは、
■セラミックファイバーヒータ
■金属フレームヒータ
■熱風発生装置

などがありますが、すべて「電熱式ヒータ」です。
どのような形でも「ガス式燃焼加熱」から「電気式燃焼加熱」への置き換えが可能です。

【ガス式燃焼加熱から電気式燃焼加熱への置き換えのメリット】
■CO2排出ゼロ
■温度制御、コントロールの向上
■ガス導入時の付帯設備レス
■工場の環境、騒音、安全面の改善
■自動制御が可能
 (詳細を見る

デモ機貸出やセット品も有り! 高温&大流量の熱風発生装置

デモ機貸出やセット品も有り! 高温&大流量の熱風発生装置 製品画像

当社の熱風発生装置は、高温&大流量を同時達成が特徴です。
電気式で、Airを取り込み、吐出口から1000℃で
1Nm3/minという流量の風を出すことができます。

また、下記のようなちょっと変わったこともしております。

▶デモ機貸出システム
「いきなり購入はちょっと不安・・・」
「自社のワークに適合するか試してみたい・・・」

 そんなお客様には【デモ機無償貸出システム】も行っております。
 貸出だと大がかりになるから、もっと手軽に見てみたいというお客様は
 当社にお越しいただきましたら実機をご覧いただけます。
 この仕組みはたくさんのお客様に喜んでいただいております。
 
▶セット品(オプション:制御盤・ブロワ・流量、計測器類)
 「ひとつひとつ部品をそろえるのは面倒・・・」
 「セットで購入したい・・・」
  そんなお客様にはオプションで制御盤、ブロワもご提案いたします。

おかげさまで多業種、多用途にお使いいただいております。
 (詳細を見る

1枚で、大容量・コンパクト!『セラミックファイバーヒーター』

1枚で、大容量・コンパクト!『セラミックファイバーヒーター』 製品画像

貞徳舎は『セラミックファイバーヒーター』という
研究用から一般工業炉まで幅広く活躍する電気炉用ヒーターを扱っております。

当社オリジナルの「帯状発熱体」を使用し、限られたスペースで希望容量が出ない、
均等に熱があたらず加熱ムラが起こる、加熱時間を短縮したい、などのお悩みを解決します!

【容量の問題や加熱ムラを解決する3つのポイント】
1、省スペースで大出力!
  丸線コイル発熱体に比べて、帯状発熱帯は同じ面積で2倍の容量が入るので、
  表面積あたりの電力負荷を大きく取ることができる。

2、均熱性に優れている!
  帯状発熱体を使用すると、スリット幅を調整するだけで
  お客様のご要望に応じた電流・電圧に設計でき、
  断熱材の面積に対して全面に発熱体を敷き詰めることで、
  均一な熱処理を行うことができる。

3、加熱昇温・加熱時間を短縮!
  帯状発熱体を使用すると、全体面積の90%が発熱面になり、
  昇温スピードが速いため時間短縮ができ、ヒーターへの負担も少ない。

※《熱処理でお困りの方必見の選定ガイド》を下記PDFより進呈中! (詳細を見る

ヒーターの選定や開発にお悩みの方必見! 安心・時間短縮を実現

ヒーターの選定や開発にお悩みの方必見! 安心・時間短縮を実現 製品画像

エンジニアの方は忙しく、試験や検討する時間がない方も多く
どんな製品を選択すればいいのか分からない
見積が遅い、回答が来ないなど多くの悩みを耳にします。

安心して開発・製造を任せられるヒーターメーカーとして
そんな悩みを解決してくれる会社が求められています。

ヒータ―メーカーの貞徳舎では?
1、対応が早い!
  お困りごとのお客様に対して、24時間以内にご連絡します。
  その後の見積・ご相談もスピード感をもって対応します。
  
2、ヒーターのことなら全てお任せ!
  創立120余年、耐火物・絶縁物を設計・製造してきたメーカーだからこそ
  安心してお任せいただけます。また、保有特許は51件。
  大阪ものづくり優良企業賞では「技術力部門賞」「知的財産部門賞」を受賞!

3、ヒーター開発もお任せ
  試験設備・実績ともに豊富で、様々なパターンの試験を手軽に行え
  お客様の開発時間を短縮します。
  当社設備で可能な試験であれば初回に限り無料で行っておりますので
  安心してご依頼ください。

※詳しくは、PDFをダウンロードいただくかお問い合わせください。 (詳細を見る

設備の見直し・改善をしてみませんか? 工業用電熱ヒーター

設備の見直し・改善をしてみませんか? 工業用電熱ヒーター 製品画像

工業用電熱ヒーターメーカーの弊社としてお手伝いできる
改善提案例を紹介させていただきます。

【課題】
「同じ面積で容量を増やしたい」
「温度ムラをなくしたい(均熱性をよくしたい)」
「昇温速度を早くしたい」

【解決方法】
丸線コイル発熱体を使用したヒータを
帯状発熱体を使用したヒータに変更

【結果】
■断熱材の面積に対し、全面に発熱体を敷き詰めることで
 均一な熱処理を行うことができる
■丸線コイル発熱体を使用したヒータに比べて2倍以上の
 ワット数を入れることができる

お客様より、「輻射効率がよくなった」「設置もはめ込みを変えるだけで簡単だった」
というお声をいただいております。 (詳細を見る

設備の見直し・改善をしてみませんか? 工業用電熱ヒーター

設備の見直し・改善をしてみませんか? 工業用電熱ヒーター 製品画像

工業用電熱ヒーターメーカーの弊社としてお手伝いできる
改善提案例を紹介させていただきます。

【課題】
「2層目、3層目の断熱材からの熱逃げを防ぎたい」
「熱逃げ防止による省エネ運転にしたい」
「炉殻スペースをコンパクトにしたい」

【解決方法】
ヒータのバックアップに使用する断熱材を変更
高性能断熱材を2層目に使用

【結果】
高性能断熱材を採用することにより、
炉内からの放散熱量の低減効果が見込まれる
※けい酸カルシュウムボードt5mmと同じ厚み設定で、
 放射熱量を約50%低減。~ボードメーカカタログ値より~ (詳細を見る

設備の見直し・改善をしてみませんか?(技術試験編)

設備の見直し・改善をしてみませんか?(技術試験編) 製品画像

【試験事例】
1、ガラス繊維有機物残存試験
  ガラス繊維の製作上、どうしても必要となる有機物を
  乾燥炉で焼き飛ばすということをされておりましたが、
  当社の熱風発生装置を使用して効果的に焼き飛ばすことが
  できないかとの興味を持っていただきました。

  何度かお話を伺ううちに、当社へ会社見学に来ていただく機会が実現し、
  工場案内の一環で設備を稼働させて簡単なパターン試験を行いました。
  事前にご連絡いただきましたら、設備の空き状況などを確認して
  簡単な試験をしていただくことが可能です。

2.高温雰囲気下での表面温度の比較試験
  お客様がご使用の設備では、ヒータの表面温度が高温になると
  漏電の恐れがあるため、放熱効果を高めた仕様に変更して、
  新旧ヒータを同条件で試験し、表面温度の測定・比較を行いました。

  測定した結果は、放熱効果を高めたことで、ヒータ表面温度が
  下がる傾向が確認されました。今回は、測定方法によっての温度差もあることから、
  実炉測定に対しての測定方法という新たな課題を考える必要があり、現在挑戦中です。
 (詳細を見る

取扱会社 熱処理でお困りの方必見! 選定ガイド

貞徳舎株式会社

工業用電熱式ヒータ製品 ・セラミックファイバーヒータ ・金属フレームヒータ ・石英異型管ヒータ ・熱風発生装置 ・各種電熱ヒータユニット製作組立 耐火物製品 ・耐火レンガ ・電熱用(電気炉用)碍子 ・耐火セメント/コーティング材 ・耐火断熱レンガ/セラミックファイバー製品 ・その他、一般耐火材関連製品

熱処理でお困りの方必見! 選定ガイドへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

貞徳舎株式会社


キーマンインタビュー