株式会社東日製作所 ロゴ株式会社東日製作所

最終更新日:2018-07-22 14:20:09.0

  • 製品ニュース
  •  

掲載開始日:2018-07-23 00:00:00.0

不確かさ1%のJCSS校正証明書付CEM3、CEM3-BTシリーズの受注を開始しました。

東日製作所 JCSS校正証明書付デジタルトルクレンチCEM3、CEM3-BTの受注を開始

  • 東日製作所 JCSS校正証明書付デジタルトルクレンチCEM3、CEM3-BTの受注を開始

東日製作所は不確かさ1%のJCSS校正証明書付CEM3、CEM3-BTシリーズの受注を2018/7/23に開始しました。

既に東日のトルク標準室は第1階層と第2階層が登録されており、2012/5/21からJCSS校正証明書付きトルクレンチテスタの販売やトルクレンチテスタのJCSS校正証明書発行サービスを行っています。
また東日のJCSS校正は国際MRAに対応しているので海外でも有効です。

【JCSS校正 とは】
ISO17025に準拠したと認められる校正機関にて、認められた校正範囲内で校正を行い、国家標準とのトレーサビリティの取れた不確かさのある測定値として承認された校正です。

【国際MRA とは】
MRA(Mutual Recognition Arrangement)とは多国間の承認のことです。国際MRA対応のJCSSは1999/12にAPLAC(アジア太平洋試験所認定協力機構)の相互承認協定、2000/11にILAC(国際試験所認定協力機構)へ参加の署名を行っており、署名国にはJCSS校正が有効となります。

関連情報

デジタルトルクレンチCEM3-BTの在庫数・価格がご覧いただけます。
また【製品詳細】ボタンを押せばCEM3-BTの詳細情報がご覧いただけます

関連製品

東日デジタルトルクレンチ CEM3詳細

東日デジタルトルクレンチ CEM3 製品画像

製造業の検査工程で実績多数。LEDとLCDの2つの表示部で、明暗所を問わない視認性に優れたハイエンドのデジタルトルクレンチ。

■不確かさ1%のJCSS校正証明書付CEM3シリーズ(6機種)の受注を2018/7/23に開始しました。 ■ベストセラーだったデジタルトルクレンチCEM2シリーズの後継機。CEマーク付きで全面リニューアル&2006年グッドデザイン賞受賞! ■従来機種CEM2シリーズの後継機で、上位互換性があります。 ■LED表示をOFFにし、LCD表示だけにして電池寿命を延ばす「省電力モード」を設けました。…

Bluetooth(ブルートゥース)の無線式デジタルトルクレンチ詳細

Bluetooth(ブルートゥース)の無線式デジタルトルクレンチ 製品画像

Bluetooth(ブルートゥース)により測定トルクデータを無線転送するデジタルトルクレンチ。東日のCEM3-BTシリーズ。

■不確かさ1%のJCSS校正証明書付CEM3-BTシリーズ(12機種)の受注を2018/7/23に開始しました。 CEM3-BTシリーズは大きく分けて2種類あります。1)『締付データ管理システム』の構築に適した、組立工程向けの双方向通信のできるCEM3-BTDシリーズ。2)『検査データ管理システム』構築用の検査工程向けの単方向通信のCEM3-BTSシリーズ。がありシステム構築実績も豊富です。 …

締付けデータ管理システムTDMS/TDMSHT(Ver2.00)詳細

締付けデータ管理システムTDMS/TDMSHT(Ver2.00) 製品画像

締付データ管理システムTDMS/TDMSHTは締付けトルクの異常を早期発見。増し締め検査や締付け作業で品質と作業性を高めます。

【2017/3/21 Ver2.00にバージョンアップ】双方向通信のCEM3-BTDやデジタルトルクドライバSTC2-BT、増し締め用デジタルトルクレンチCTB2-BTなど対応機種を拡大。 ■締付データ管理システム「TDMS」は、規格値管理により締付けトルクの異常を早期発見するために開発されたパッケージソフトです。TDMSHTはハンディーターミナル付きで、Bluetoothのデジタルトルクレ…

東日 デジタルトルクレンチテスターDOTE4シリーズ詳細

東日 デジタルトルクレンチテスターDOTE4シリーズ 製品画像

トルクレンチの校正/修理作業の効率アップに、東日のデジタルトルクレンチテスターDOTE4。モータードライブ付きやJCSS対応あり

■トルクレンチの校正/修理/単能形トルクレンチのトルクセットの作業効率がアップする理由は... 1)合否判定機能付き:一目で合否がわかります。 2)合否判定の設定は外部入力も可能 3)モータードライブ付きDOTE4-MD2もあり。 など ■「JCSS対応校正証明書付」や「不確かさ校正証明書付き」もあります。 ■【無料ソフトダウンロード開始】DOTE4用パソコンソフト「エクセルレシーバ …

【東日トルク講習会】−日本のものづくりをサポート−詳細

【東日トルク講習会】−日本のものづくりをサポート− 製品画像

明日から業務ですぐに役立つ実用的な東日トルク講習会。受講企業は2570社/7300人をオーバー!トルク管理の基礎~修理/校正まで

■カタログ更新!~2019年5月までのスケジュールに更新しました。 ※ご好評につき、2019/3までにも新規追加したコース日程があります。 ■ご要望の多い「トルクドライバの修理/校正コース」を名古屋&大阪でも定期開催決定! ◆業務ですぐに役に立つ「東日トルク講習会」は、延べ受講企業数2750社&受講者数7300名を越えました。 ◆Tコースでは、トルク管理やトルク機器の基礎が学べます。これか…

クリック式無線データ伝送トルクレンチ「FD/FDDシリーズ」詳細

クリック式無線データ伝送トルクレンチ「FD/FDDシリーズ」 製品画像

「カチン!」で締付けトルクデータを無線伝送。使い慣れたクリック式トルクレンチと同じ感覚でデータ管理が行えるデジタルトルクレンチ。

クリック式無線デジタルトルクレンチは、締付け作業で設定トルクに達すると「カチン!」で自動的に締付けトルクを無線伝送し、締付けトルクの管理が簡単に行えます。特長は、 【1:作業者に負担を掛けずに高度な品質管理を実現】クリック式なので今使っているQLレンチやQSP等と同じ作業性。トルクデータは「カチン!」で自動的に無線伝送します。また締付けトルクの合否判定結果はレンチの大型LEDに直ちに反映し、締付…

【2018.09版】トルク管理の一歩先を行く「締付保証システム」詳細

【2018.09版】トルク管理の一歩先を行く「締付保証システム」 製品画像

トルク管理で「締め付けの個人差」を無くすのはあたりまえ。約150万本締めて「締め忘れゼロ」の実績も。東日の「締付保証システム」

【約150万本締付けて『締め忘れゼロ』!】※これは東日製作所の「締付け保証システム」を導入約2年半後、導入御担当者様の生の声です。 ◆東日の「締付保証システム」は、様々な課題に対応すべく開発された製品や、製品単体で解決不可能な問題にも「製品の組み合わせ」や、「システム」さらには「システムの組み合わせ」で全世界で対応できます。また要求品質やコストに合わせて、お客様の製造部門のネットワークに接続…

関連カタログ

取扱会社

株式会社東日製作所

■手動式・動力式 トルク機器  トルクレンチ、トルクドライバ、ヘッド交換式トルクレンチ用専用交換ヘッド、半自動/全自動トルクレンチ「エアトルク」、半自動電動トルクレンチ、空圧/電動ナットランナー、ポカヨケトルクレンチ、ポカヨケトルクドライバ、マーキングトルクレンチ、絶縁トルクレンチ/トルクドライバ、10倍トルク増力装置、大型車ホイールナット締付け用トルクレンチ、防塵・防水トルクレンチ等 ■機械式・電子式 トルク計測機器  トルクゲージ、トルクメータ、トルクレンチテスタ、トルクドライバテスタ、トルクチェッカ、トルクセンサー、油圧式軸力計、超音波軸力計、無線データ転送トルクレンチ、回転角法締付け用デジタルトルクレンチ、増し締め検査用デジタルトルクレンチ等 ■軸力安定化材「Fcon(エフコン)」 ■ソフトウエア(工具管理システム、締付け保証システムなど) 以上の製造・販売。 ■JCSS対応校正証明書・不確かさ校正証明書の発行。 ■トルク管理のバイブルと呼ばれている【トルクハンドブックvol.9(和)】の無料送付を2018/11/21から、中&独文版は2019/4/1から開始しました。

不確かさ1%のJCSS校正証明書付CEM3、CEM3-BTシリーズの受注を開始しました。へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社東日製作所

あなたが探している「ニュース:製品ニュース」の情報を見る

  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • エー・エム・プロダクツ株式会社
  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • 株式会社ヒサワ技研
  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • 星和電機株式会社
  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • 星和電機株式会社

キーマンインタビュー