株式会社アイ・シイ・エス 【導入事例】TiAl材切削用工具へのコーティング

切削用工具の摩耗、損傷の課題を解決【Hi-coatΣ-t】

超硬切削工具へのコーティング事例

【導入に至った背景】
TiAl材を加工する超硬切削工具の摩耗、損傷が課題であった。

【解決策】
超硬切削工具へ当社のHi-coat-Σ-tコーティングを提案

【効果】
ノンコート(コーティングなし)時と比較して、約3~5倍の耐久性を確保

※ネット上には、出していない資料もございます。
 詳しくはPDFをダウンロードいただくかお気軽にお問合せください。
※導入事例資料はカタログのアイ・シイ・エス導入事例集からダウンロード可能です。

関連動画【導入事例】TiAl材切削用工具へのコーティング

基本情報【導入事例】TiAl材切削用工具へのコーティング

被膜名称:Hi-coatΣ-t
摩擦係数:0.2~0.3μm
膜厚:0.5~1.5μm
硬さ:50~70GPa
酸化開始温度:480℃
※コーティング処理温度:250℃以下

Hi-coatΣ-tの特長
・高硬度:50~70GPaの硬さを実現
・高密着性:優れた密着性により高耐久性を実現

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 切削工具の耐久性が約3~5倍向上

カタログ【導入事例】TiAl材切削用工具へのコーティング

取扱企業【導入事例】TiAl材切削用工具へのコーティング

「モノづくり」に不可欠な.png

株式会社アイ・シイ・エス 栃木工場

モノづくりに欠かせない3つの金属加工事業 ■熱処理事業 加工後の脆くなった金属の内部組織を本来の状態に整えます。 >真空熱処理  無酸化で熱処理を行うことで寸法変化が少なく、金属表面をキレイに仕上げます。 □得られる効果 高強度化、高硬度化、応力除去、磁気特性の調整等 >ろう付け ろう材を使って金属同士を接合させます。熱処理と同時処理が可能 □得られる効果 中空部品の接合、異種金属の接合等 ■コーティング事業 金属表面に硬質セラミック薄膜を生成し、高機能を付与します。 □得られる効果 耐摩耗性、摺動性、耐久性、耐疑着性等 ■溶射事業 金属表面に溶融噴射し、高品質の被膜を形成します。 □得られる効果 耐摩耗性、断熱被膜、耐高温酸化、耐食等

【導入事例】TiAl材切削用工具へのコーティングへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社アイ・シイ・エス 栃木工場

【導入事例】TiAl材切削用工具へのコーティング が登録されているカテゴリ