• 【導入事例】在庫の問い合わせに即答出来ない! 製品画像

    導入事例】在庫の問い合わせに即答出来ない!

    在庫の問合せに即対応が出来ず、クレームや失注が発生。対応にも時間がかか…

    発注者の立場にたつと、依頼をした商品がいつ入荷するのか確認しておく事は大切なポイントです。そんな時、相手から「わからない」と言った回答があったらどう感じるでしょうか?そこで、必要なのが、いつ・どこで・誰でも正確な在庫を確認出来る在庫管理システムです。 しかし、実際は下記のような課題を抱えている事業所も多くあります。 ■リアルタイムに在庫を確認できる仕組みがないので、在庫の問い合わせを受...

    メーカー・取り扱い企業: 株式会社アイケー

  • 導入事例 「実際原価管理」金属プレス業ERPパッケージATROX 製品画像

    導入事例 「実際原価管理」金属プレス業ERPパッケージATROX

    導入後1年で忙しいけど、利益が残らない状態から脱却。適正価格の実現と赤…

    原価管理を導入する前は、 ・結果経営の判断が、一カ月単位の売上高と会計士が持ってくる試算表のみで、最終的な数字は、決算月の棚卸金額を入れないとわからない。 ・売上があっても無くても一年中、現場も事務所もバタバタしている。 という、忙しいけど、利益が残らない状況で運営をされていました。 【ERPパッケージ ATROX導入効果】 (1)値上げは、今まで周りの様子を気に...

    メーカー・取り扱い企業: 株式会社アイケー

  • 【導入事例】適正在庫 製品画像

    導入事例】適正在庫

    適正な在庫管理を行えていない為、欠品や納期遅れが頻発していた現場に、適…

    製造業において、適正な資材・仕掛品の管理は、納期を適正に守る・リードタイム管理において重要なポイントです。そこで重要になるのが、何を・何個・受発注の状況が簡単に確認できる、在庫管理システムです。 ですが、様々な要素が絡んで難しい在庫管理を、担当者だけがエクセルや手書きなどで管理していると、下記の様な問題を発生させる要因になりかねません。 ■同業他社と比較すると、明らかに欠品率が多く、納...

    メーカー・取り扱い企業: 株式会社アイケー

  • 導入事例「納期管理」ERPパッケージ ATROX 製品画像

    導入事例「納期管理」ERPパッケージ ATROX

    Excel管理では納期など様々な問合せに時間が取られ、また、スタッフ間…

    納期管理を導入する前は、 ・納期の回答に時間がかかる・わからない・聞かれると切ない ・対応遅れでクレーム対応、失注の発生。 ・外注も含めて現場全体を見渡せている人がいない という、状況で運営をされていました。 【ERPパッケージ ATROX導入効果】 (1) 材料・仕掛品・箱などの資材に至るまで、事務所のパソコンから、正確な数と、進捗状況を瞬時に把握が可能になり時間...

    メーカー・取り扱い企業: 株式会社アイケー

  • 【導入事例】 システム一元化 製品画像

    導入事例】 システム一元化

    事務所・現場・担当者が個々に管理していた情報を、一元化し共有出来るよう…

    経営者・現場責任者にとって、現状の数字を正しく、時間をかけずに把握する事は判断を決定するうえで重要な要素になります。その為に重要な事が、情報を共有できる一元化の仕組み。 しかし、生産管理はエクセル、販売管理は会計士のソフト、受注の管理は紙ベースの受注書をクリアファイルに名前を付けて、それぞれ自分だけが分かるようになっていたり、納期などは、その都度担当に連絡をとらないと分からないと言った運用を...

    メーカー・取り扱い企業: 株式会社アイケー

1〜5 件 / 全 5 件
表示件数
45件
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >

※このキーワードに関連する製品情報が登録
された場合にメールでお知らせします。

  • IPROS_202301.jpg
  • kodama2.jpg