• 『HCFC-225』代替洗浄剤『eクリーン21FHシリーズ』 製品画像

    PRフォンブリンRなどフッ素系潤滑剤(オイル)の希釈・洗浄に実績あり。『H…

    カネコ化学のフッ素系洗浄剤『eクリーン21FHシリーズ』は、フッ素系潤滑剤(オイル)の希釈と洗浄に優れ、PRTR法非該当、消防法非該当と法規制が少なく、環境にも配慮した『フッ素系洗浄剤』です。 【カネコ化学の『eクリーン21FHシリーズ』の主な特長】 (1) フッ素系潤滑剤(オイル)の希釈・洗浄用途に実績あり! →特に『フォンブリンⓇPFPE潤滑剤』に相性良し! (2) フッ...(つづきを見る

  • 接着剤も落とせる、速乾性で安全に作業できる洗浄剤『アモレア』 製品画像

    PR『AMOLEA(アモレア)』は乾燥工程が短縮でき、不燃性で作業環境濃度…

    「地球」を考える「化学」の時代。AGCが提案する新製品!フッ素系溶剤『AMOLEA(アモレア)』ATシリーズは、環境規制に適応、安全で使いやすい次世代型洗浄剤です。 【特長】 ■環境対応…オゾン破壊係数(ODP)がゼロ、地球温暖化係数(GWP)も小さく、地球環境に優しい洗浄剤です。 ■洗浄力…KB値60以上の優れた洗浄力で、精密・金属部品の脱脂洗浄の他に、ピッチやワックスなどの強固な汚れ...(つづきを見る

  • DJK 静摩擦係数・動摩擦係数 製品画像

    相手材の上を、重りをのせた試験片を引張試験装置で引張り、静・動摩擦係数

    摩擦係数試験とは同一材料または他材料の上を滑らせた時の摩擦係数を測定するものです。 0.5mm以上の厚さの試験片等、JIS K7125に準じていない試験片に関してはご相談ください。...(つづきを見る

  • 材料分析 受託業務 製品画像

    現物サンプルの材料分析・弾性係数・硬度分析・・・「こだま」は 工業試…

    こだま」では、材料分析で確認します。 サンプルをもとにした、製作のご依頼の場合、使用されている材質の確認が必要となりますが、外観だけでは、材料の確認ができないため、金属材料の、応力・体力・弾性係数などの機械的性質、材料分析を行い識別の必要があります。「こだま」では、材料分析から対応を行っておりますので、材料情報がないサンプル品からの、製作も、市場にある材料であれば対応可能です。...(つづきを見る

  • 【小冊子無料プレゼント中】摩擦摩耗試験の受託サービスを開始! 製品画像

    トライボロジーラボをオープン!今なら読むだけで硬質薄膜コーティングの基…

    が使われるの?  ■コーディングはどうやって作るの? ◎第2弾  ■硬質薄膜の品質管理とは?  ■膜厚の測定方法  ■密着力の試験方法 ほか ◎第3弾  ■各種金属と硬質薄膜材料の摩擦係数比較  ■摺動材料の組み合わせによるDLC 摩擦係数の比較 ほか ※詳しくは小冊子をご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。...(つづきを見る

    摩擦係数推移曲線.PNG
    比重耗量・比凝着量比較.PNG
    摩耗痕の解析.PNG
  • 【受託解析】解析でスプレーノズルの性能評価を効率化、問題解決へ! 製品画像

    流体解析、粒子径測定、衝突力分布など、ノズル性能に関する解析でスプレー…

    続撮像した後、 画像にPCで解析処理を施し、平均粒子径、粒度分布を求めることが可能。 ●冷却能力評価試験装置 熱センサーを埋め込んだ対象物を加熱し、そこへスプレーすることにより、 熱伝達係数分布や平均熱伝達係数を求めることが可能。...(つづきを見る

  • 『SAE#2試験装置』 製品画像

    湿式クラッチの摩擦特性、潤滑特性等の評価試験を自動で行う装置のご紹介で…

    『SAE#2試験装置』は、「湿式クラッチ」及び「ATF」に関する摩擦要素の評価、解析可能な試験装置です。 【特長】 ■標準でインストールされている摩擦係数解析法により、各種の摩擦係数を安定して求めることができます。 ■理想に最も近い慣性吸収試験構造である、回転駆動部に接触する要素を限界まで取り除いた低フリクション機構により、精度の高い慣性吸収試...(つづきを見る

  • [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法 製品画像

    有機化合物の定性・定量を行う分析手法です

    ガスクロマトグラフィー(GC)は、クロマトグラフ法の一種に分類され、固定相に対する気体の吸着性あるいは分配係数の差異等を利用し、成分を分離する手法です。 ガスクロマトグラフィー質量分析法(GC/MS)は、GCで分離した成分の検出に質量分析計を用いることで、質量情報から成分の定性及び定量を行うことが可能です...(つづきを見る

  • [GDMS]グロー放電質量分析法 製品画像

    特定の質量イオンを解離・フラグメント化させ、質量分析計で検出

    GDMSは固体試料の組成について、主成分から微量成分まで同時に分析し、試料内に存在する不純物の半定量分析を行う手法です。濃度換算には装置付随の相対感度係数(RSF)を使用します。分析値は主成分元素と目的元素のイオン強度と、RSFから算出した値であり、半定量値です。 ・微量元素(ppbレベル)から主成分レベルまでのバルク分析が可能 ・μmオーダ...(つづきを見る

  • ナノテック表面分析センター 受託試験 製品画像

    薄膜表面の機械的特性評価は、薄膜プロセスのキーポイント!

    【ラインナップ】 ○硬さ試験:硬さ・ヤング率の評価 ○スクラッチ試験:密着性の評価、傷つきやすさの評価 ○摩擦摩耗試験:摩擦係数の評価、耐摩耗性の評価 ○膜厚測定 ○表面粗さ測定 ○分光エリプソメトリ:膜厚、光学定数の評価 ○EDX分析:摩擦摩耗試験やスクラッチ試験後の試験痕の確認 ○RBS/HFS測定:薄膜を構成...(つづきを見る

  • ISCEF(アイセフ)「オプション」 製品画像

    浸透流・温度を解析可能なオプションをご用意!定常/非定常解析に対応

    CEF/SPG」や、温度解析「ISCEF/Thermal」 といったオプションをご用意しています。 【オプション】 ■ISCEF/SPG(飽和-不飽和浸透流解析プログラム)  水位、透水係数、不飽和浸透特性を設定し圧力水頭、浸透力などを  求めることが出来ます。定常解析、非定常解析の両方に対応しており、  水位変動境界、降雨境界など様々な問題に対応した溶解条件を備えております。 ...(つづきを見る

  • 金属の内部構造の確認に 産業用X線CTスキャナ 製品画像

    高分解能、高速画像処理が特長!

    【産業用X線CTスキャナ 主な特長】 ●産業用X線CTスキャナとは、物体の全周方向からX線を照射し、物体内部のX線吸収係数の程度により変調された透過データを多数収集し、コンピュータによって断面像を構成し画像表示するものです。 ●X線CT装置は、高分解能、高速画像処理が特長であり、さまざまな物質で構成され、千差万別な形...(つづきを見る

  • X線CTスキャナ(受託) 産業用として国内最高レベル級の透過能力 製品画像

    製品内部、実はこうなっているってご存知でしたか?製品の定期健康診断承り…

    X線CTスキャナとは、物体の全周方向からX線を照射し、物体内部のX線吸収係数の程度により変調された透過データを多数収集し、コンピュータによって断面像を構成し画像表示するものです。 当社は厚さ80mmの鉄も透過!国内最高レベル級の透過能力を持つ産業用X線CTスキャナを配...(つづきを見る

  • DJK すべり摩耗試験 製品画像

    JIS K7218 A法(リング対ディスク、リング対リング)および、B…

    対ディスク)の両方に対応 ○リング試験片に熱電対を取付けることで、摩擦熱の温度上昇の挙動を測定可 ○レーザー変位計により、試験中の摩耗深さの変化を確認 ○限界PV値の見極め精度が向上 ○摩擦係数、摩擦熱、摩耗深さのデータを総合的に判断し、限界PV値を測定 ○試験時の各種データを解析に便利なEXCELファイル化 ●その他機能や詳細についてはお問い合わせください。...(つづきを見る

  •  【受託解析】スプレーノズルの解析・評価技術 製品画像

    スプレーノズルの性能を可視化!流体解析、粒子径測定、衝突力分布など、ノ…

    続撮像した後、 画像にPCで解析処理を施し、平均粒子径、粒度分布を求めることが可能。 ●冷却能力評価試験装置 熱センサーを埋め込んだ対象物を加熱し、そこへスプレーすることにより、 熱伝達係数分布や平均熱伝達係数を求めることが可能。...(つづきを見る

  • 【分析事例】定量計算における妨害ピーク除去処理 製品画像

    XPS:X線光電子分光法

    常、最外殻に近い内殻準位から放出された、強度の高い光電子ピークを使用します。 XPS分析の定量計算では、このような妨害ピークについて、主として以下の2方法による除去計算を行っています。 1.感度係数比を用いた除去 2.波形分離を用いた除去...(つづきを見る

  • 『Mech D&A News vol.2010-3』 製品画像

    【特集】多層基板の熱粘弾性反り解析技術の開発

    を 紹介することを目的として、『Mech D&A News』を発行しております。 『vol.2010-3』では、多層基板の熱粘弾性反り解析技術の開発について 特集しています。 熱膨張係数の温度依存性を考慮した手法のほか、板厚、材料定数を 与えることで、瞬時に反り量と応力を求めることができる 「粘弾性積層板の熱反り簡易評価プログラム」についてご紹介しています。 【掲載内容】...(つづきを見る

15件中1〜15件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR