注目製品 2018-10-19 00:00:00.0更新

処理時間を減らして生産性UP。ムラなく処理する真空熱処理設備のカタログ進呈

処理時間を減らして生産性UP。ムラなく処理する真空熱処理設備のカタログ進呈
「品質にバラつきが出る」「処理時間を短縮したい」「生産性を上げたい」「幅広い用途に対応したい」など、熱処理プロセスに関する悩みや課題は現場によって様々です。 DOWAサーモテックでは、均一処理や処理時間の短縮などが可能な、真空技術を用いた『熱処理設備』の設計・製造を手掛けています。浸炭・焼結用途で活躍する「セル式真空熱処理設備」は、多品種・小ロットでの均一処理に対応し、加工ラインと同期して稼動・停止可能。高純度セラミックスの焼結に適した「メタルホットゾーン高温真空炉」は、ガス循環システムにより冷却時間の短縮を実現します。また「真空脱脂焼結炉」はMIM・CIMにおける脱脂時間の削減に貢献。現在、製品カタログを進呈中です。

1台で旋削と研削が行えるハイブリッドグラインダー。コスト削減に。事例資料進呈
金属加工において“高精度・高能率”は常に求められます。これらの要求に応えるためには、工程の見直し、設備投資などの改善方法が数多くある中で、用途や使用環境に合わせて適切な選択をする必要があります。 北村製作所の『KGI-20N II』は、1チャックでハードターニングと研削加工が可能なCNCハイブリッドグラインダーです。内面研削が自動で行え、熟練技術は不要。旋削と研削が同一機械で完了し、省スペース化に貢献します。また、高出力・高剛性をもつ独自の高周波スピンドルを搭載することで、高精度な内面研削加工が可能です。同社は現在、導入事例を掲載した資料を進呈中。JIMTOFにも出展します。

ブラザー工業の“圧倒的な高生産性を誇るマシニングセンタ”がJIMTOFに登場
「生産性」はマシニングセンタに求められる最大の性能の一つ。その実現のためには、加工速度や精度はもちろん、使いやすさやメンテンナンス性も重要になってきます。 ブラザー工業の『SPEEDIOシリーズ』は、徹底的な生産性の追求と長年培った技術力によって誕生した“圧倒的な高生産性”を誇るコンパクトマシニングセンタ。30番主軸テーパと自社開発NC制御により高速動作と最適制御を実現し、高い生産性を発揮します。特に“変化と挑戦”が常に求められる量産部品加工の現場で活躍する製品です。東京ビッグサイトにて11月1日から始まるJIMTOFでは『SPEEDIOシリーズ』の多彩な製品ラインナップが展示されます。

特許取得。最薄8mmのダイヤフラム式小型ポンプ。静音&長寿命。大流量にも対応
各種流体の供給や、機器の動作に重要な役割を果たす「小型ポンプ」。製品の小型化のニーズもあり、ポンプには小ささと高性能の両立が求められます。 応研精工の『ローリングポンプ』はダイヤフラム駆動のシリンダーを複数用いた、特許取得の独自機構により、脈動を抑制し、静かで高圧力の吐出が行える小型ポンプです。エアー・バキューム・液体の3種類から用途に合わせて選択でき、エアーポンプは最薄8mmの小型で、最大16L/分の大流量に対応。バキュームポンプは最大-50kPaの強力な吸引が行え、液体ポンプは自吸式で水位に関係なくポンプの位置を設定できます。医療、自動車、家電など幅広い分野の機器に採用されています。

初期費用を抑えて、工場設備をIoTで見える化。異なる機械メーカーでも利用OK
工場などの生産性の向上に役立つ、設備状況の“見える化”。近年はIoTを活用した情報管理を行う所も増えてきましたが、異なる機器メーカーが混在してシステム構築が難しくなったり、配線工事や費用などが導入のネックになることも。 岡谷システムでは、設備・ラインの稼働状況の見える化に活躍する『あんどんシステム』を提供しています。パトライト社製の表示灯にワイヤレス・データ通信システム「AirGRID」を取り付けて、稼働時間やチョコ停回数などの情報を自動で収集。設備の稼働状況や生産数をリアルタイムで把握できます。送信機は既存設備に取り付けられるため、ネットワーク工事の必要はありません。海外で利用できるのも特長です。

デジタイザーの基礎知識を解説した資料進呈。小型化・高速化を実現した製品も収録
エレクトロニカIMT事業部は、ドイツ・SPECTRUM社製のデジタイザーを販売しています。現在、オシロスコープとの違いの紹介をメインに“デジタイザーの基礎知識”を解説した資料を配布中です。また、大幅な高速化やダイナミック特性の向上などを実現した、同社が取扱うデジタイザーも掲載されています。

光沢の強い金属部品も安定した外観検査を実現。複雑形状など個体差を問わず検査可
メイコーが取扱う『MIL 外観検査装置』は、ワークの搬送・撮像・解析・欠陥品のリジェクトまで、すべてを自動で実行可能。検査範囲の学習機能を搭載し、撮像ごとに最適な検査範囲を自動で作成して高効率の検査が行えます。また、複雑形状や強い光沢を持つ対象物なども的確な検査が可能です。

跳ね返りなく作業性良好&均一仕上げ!バリ・カエリの発生も少ないゴム砥石
昨今、航空機・船舶用を始めとした金属部材の加工で、機能性・意匠性の面から多用される「曲面・複雑形状の難削材」。そのバリ取り・研磨工程では、素材・形状に対応した性能が求められます。そこで活躍するのが「ゴム弾性のある砥石」です。 菅沼砥石製作所『ゴム砥石シリーズ』は、ゴムの柔らかさと砥石の硬さの2つの特性を合わせ持つ研磨・仕上げ用砥石です。曲面や複雑な形状によくなじみ、跳ね返りなく安定して作業可能。バリやカエリの発生も少なく、仕上がりも均一です。鉄系金属・非鉄金属にマルチに対応した「削りながら磨くゴム砥石」のほか、「仕上げ用」「バリ取り用」の3種をラインアップ。同社は「JIMTOF」でサンプル配布を行います。

隠れたキズも検出!自動芯線検知機能搭載のワイヤーストリッパー。加工テスト受付
生産現場における電線の被膜剥離に活躍する「ワイヤーストリッパー」。効率良く作業ができ生産性向上につながるため、多くの現場で採用されています。一方、ストリップ不良が後から発覚し、思うように工数削減が進まない場合も。 Komax Japanのワイヤーストリッパー『Mira 230Q』は、芯線のキズをストリップの段階で検出できるACD(自動芯線検知)機能を搭載。隠れたキズも発見し、電線ストリップ・検査作業の大幅な効率化を実現します。さらに、シーケンス設定により、プログラムの変更なしで複数の内部導体を異なる条件で加工可能。現在、抽選10社限定で「加工テスト」の申し込みを受け付け中です。

工場の熱・虫・粉塵・騒音等の課題を解消。換気・空調・集塵設備を現場ごとに提案
日本ピュアテックでは『換気・空調・集塵設備』などを活用した、工場の環境改善提案を行っています。「工場内に熱がこもり、高温になってしまう」「工場に虫が侵入する」「生産機から発生する塵埃を除去したい」など、それぞれの課題に応じて設備を選定・施工。アフターフォローまで一貫対応が可能です。現在、サービス内容を紹介したカタログを進呈中。

国内外のメーカーから厳選した“メッシュ”を1mより販売。規格表を配布中
セミテックでは、多種多様な『メッシュ』の販売を行っています。国内外のメーカー品をラインアップしており、1mから販売・全国発送に対応。ナイロン・ポリエステル・ポリプロピレン・ポリエチレン・カーボン・PEEKなど様々な材質のメッシュが揃っています。現在、取扱品の「規格表」を配布中です。

最大70%の開口率。通気性・通水性に優れた不織布。高い寸法安定性と強度
JX ANCIの『ワリフ(CLAF)』はポリオレフィン製の不織布で、最大70%の開口率を実現しており、通気性・通水性に優れています。高い寸法安定性や強度も備え、他素材との貼り合わせも容易。包装袋や透湿防水シート、手で切りやすいテープなど、幅広い応用ができます。

これにも注目

おすすめの新着製品

注目の企業をご紹介!

注目製品 バックナンバー


閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー