チェックしたものをまとめて:

  • UV-LED照射器【水銀不使用。高出力UVLED】 製品画像

    PR高出力・高安定のLED光源装置。ハイパワーUV出力最大30W、水銀不使…

    従来の放電ランプに代わる高出力、高安定のLED光源装置です。 最大5種類のLEDを内蔵できるため、複数の波長の出力が可能です。また、LEDモジュールは簡単に交換できるため、アプリケーションの変更にも柔軟に対応します。 高性能の内部温度管理により、外付けの水冷装置や窒素を必要としません。さらに、機械式シャッターも不要なため、露光時間を 10msec まで短縮できます。 水銀不使用!従来のランプ...(つづきを見る

  • 分析応用講座【有機構造解析~初級編~】<午前> 製品画像カタログあり

    本講座は、原理解説、IR、NMR、MSスペクトルのデータの見方、解析の…

    有機化合物の構造解析を行う際、IR,NMR,MSは三種の神器とも言えるもので、正しい解析を行えば、かなり複雑な化合物でも構造を明らかにすることができます。しかし、実際のスペクトルは教科書のように、単一化合物ではないことも多く、解析初心者にとっては結果の解釈に頭を悩ませることも多いと思われます。また、構造解析においてデータベース検索は有用な手段でありますが、候補の中から正しい構造を取捨選択するために...(つづきを見る

  • 4/19【セミナー】 金属/樹脂接合の最新技術と界面強度予測技術 製品画像カタログあり

    困難である異材接合を実現する射出一体成型(NMT)、密着強度予測技術、…

    【修得知識】●接合が困難とされている金属/樹脂接合および界面密着強度技術の最新技術の知見を得ることで、自社製品の接合信頼性向上のための一助となります。...【日時】2011年4月19日 (火) 10:30~17:30 【会場】日本テクノセンター研修室 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階 【受講対象】 ●各種車輌、機械、電子機器などにおける異材接合を担当する...(つづきを見る

  • 12/5【セミナー】粘着 製品画像カタログあり

    粘着・剥離のメカニズム解明と 粘着剤の設計・活用の勘どころ

    ~力学特性、タック試験、糸曳きからの粘着剤の設計~ ~糸曳きやモルフォロジーの観察手法~ ~パルスNMRやAFMフォースカーブの活用法~ 界面化学よりもさらに大事な力学特性やモルフォロジーの材料特性からのアプローチによる粘着剤設計のポイント ちょうどいい具合の粘着性を発現させるには 得られる知識 糸曳きやモルフォロジーの観察手法,モルフォロジーの見方,パルスNMRやAFMフォー...(つづきを見る

  • 波長変換材料を用いた太陽電池の変換効率向上 製品画像

    ★太陽光の紫外光を含む短波長領域を利用し、さらなる高効率化を図る! …

    【講演主旨】 通常どの太陽電池も450 nm以下の短波長領域で感度が急速に低下しているか、もしくは殆んどない。一方、太陽光はこの波長領域では低下していくが300nmまでは感度がある。即ち、太陽電池は太陽光の紫外光を含む短波長領域を利用しないで...(つづきを見る

  • 薄膜・多層膜の機械的特性とその測定・評価法 製品画像

    ★薄膜における摩耗・付着力・硬さなど、あらゆる分野で必要とされる薄膜評…

    硬さなどの機械的特性は、耐久性評価の重要な指標です。機械的性質の分類と各機構の概略を基礎から説明し、それぞれの測定・評価方法についてわかりやすく解説します。また、近年において要求が高まっている膜厚がnmオーダーの薄膜評価法として、最先端の技術として注目される超微小押し込み試験(ナノインデンテーション法)について詳しく解説します。計測原理や測定精度などの特徴を解説し、種々の薄膜に応用した例について紹...(つづきを見る

  • 分析応用講座【有機構造解析~上級編~】<午後> 製品画像カタログあり

    本講座は、初級編をベースに2D-NMR解析や化学分解分析などを含む応用…

    本講座は、多くのお客様のご要望にお応えしこれまでの人気講座「有機構造解析」講座をベースに2D-NMR解析や化学分解分析などを含む応用的な内容を拡大・充実させた講座です。 初級編をご受講された方、有機構造解析の知見をより深く理解し研究開発に役立てたい方に最適な講座です。 カリキュラム 1.有機物構造解析について ~上級編~ 2.ポリマーの詳細構造解析 3.低分子量化合物(添加剤)の詳...(つづきを見る

  • 出張講座~分析技術セミナーを出張開催致します~ 製品画像カタログあり

    当社では、新入社員研修や技術者向け社内研修など、ご要望に応じて講師を派…

    東レリサーチセンターでは、分析の実務経験が豊富な技術者が講師を務める 「分析講座」を開講しており、その出張開催(講師派遣)も承っております。 ご要望に応じて、社内研修等に合わせたオリジナル講座の企画提案もいたします。 お気軽にお問合せ下さい。 【分析講座受講のメリット】 ◆分析結果をより深く理解し、活用することができるようになります ◆分析手法の特徴を理解し、効果的な手法を選択する...(つづきを見る

  • 4/25機器分析によるリチウムイオン電池の構成部材分析と劣化解析 製品画像カタログあり

    【セミナー】IR、ラマン分光、NMR、MS、X線回折法などの各種機器分…

    安全かつ高性能を実現するためのセミナー 【修得知識】●リチウムイオン電池の構成部材の組成、劣化評価に用いる機器分析方法、解析方法 ...【日時】2011年 4月 25日(月) 10:30~17:30 【会場】日本テクノセンター研修室 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階 【受講対象】 ●リチウムイオン電池の構成部材の組成分析に用いる機器分析法を習得されたい方...(つづきを見る

  • 薄膜・多層膜の機械的特性とその測定・評価法 製品画像

    ★薄膜における摩耗・付着力・硬さ! ★耐久性評価の重要な指標である、…

    硬さなどの機械的特性は、耐久性評価の重要な指標です。機械的性質の分類と各機構の概略を基礎から説明し、それぞれの測定・評価方法についてわかりやすく解説します。また、近年において要求が高まっている膜厚がnmオーダーの薄膜評価法として、最先端の技術として注目される超微小押し込み試験(ナノインデンテーション法)について詳しく解説します。計測原理や測定精度などの特徴を解説し、種々の薄膜に応用した例について紹...(つづきを見る

  • ポリマーアロイの混練・分散技術のミクロ・ナノ構造の制御と解析手法 製品画像

    ★ポリマーアロイの基本設計から、最新ナノコンポジット、その評価の方法ま…

    講 師 第1部 住友化学株式会社 石油化学品研究所 グループマネージャー 第2部 (独)産業技術総合研究所 ナノシステム研究部門 招聘研究員 理学博士 清水 博 氏 第3部 株式会社日産アーク マテリアル解析部・主管研究員 理学博士 加藤 淳 氏  対 象 ポリマーアロイの基礎から最新動向まで関心のある技術者・研究者・担当部門・初心者など 会 場 川崎市教育文化会館 3F...(つづきを見る

  • プラスチックの機械的特性・接着・界面構造評価のための各種分析手法 製品画像

    ★プラスチックの強度や耐衝撃性は何でで決まるの?! ★分子量・配向・…

    【講演主旨】 近年、生産性や環境への配慮から高分子材料に要求される機能や性能は多機能・高度化しており、これら要求を達成するため、高分子複合化技術の開発が盛んに行われている。本公演では、高分子複合材料の機械特性をテーマにモルフォロジーと物性の相関や機械特性の発現メカニズム、さらにその劣化メカニズムについて解析事例を交えて紹介する。また、近年弊社で明らかにされたPK/PAポリマーアロイの高い衝撃特性...(つづきを見る

  • 燃料電池自動車に向けた高圧水素タンクの開発と評価・試験法 製品画像

    70Mpaの高圧で軽量な水素容器開発に向けて求められる非金属材料とは!…

    High-Pressure Hydrogen Tanks for Fuel Cel Vehicles: R&D, Inspection for the Safty, Trends of the Regulation, etc. ★国の施策として規制緩和は行われるのか!?70Mpaの高圧で軽量な水素容器開発に向けて求められる非金属材料とは!? 【会 場】 川崎市国際交流センター 2F ...(つづきを見る

  • 環境エキスパート検定 製品画像カタログあり

    あなたの技術を資格にしよう!エンジニアのための環境エキスパート検定

    検定試験名 エンジニアのための環境エキスパート検定試験 (英語名:Certification of Environmental Expert for Engineers) 資格名 環境エンジニア1級、環境エンジニア2級 実施組織 主催:一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP) 受験資格 制限はあ...(つづきを見る

  • 10/25【セミナー】AI/IOT特許 製品画像カタログあり

    AI/IOT 開発競争を勝ち抜くための海外特許動向と 発明発掘・権利…

    < AI/IOT × ビジネス × 特許 > 米国、中国、日本で繰り広げられているAI開発競争。AI分野の取組み、特許動向とは? 特許の取り方はどう変わるのか? 何を権利化すべきなのか? 「AIを制するものが未来を制する」、ソフトバンク社孫正義氏の2018年基調講演時での発言です。IoTデバイスの爆発的増加、スマートフォンの急速な普及によりビッグデータを用いたAI開発競争が米国、中国、日...(つづきを見る

チェックしたものをまとめて:

14件中1〜14件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

おすすめ関連情報

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR